相生市長訪問・牡蠣飯セット

平成29年4月26日(水)に相生市長の元へ、新しく開発した特産品である「牡蠣飯セット」を持ち伺いました。

 

相生市の目玉である相生産の牡蠣を使って、昨年より1年間かけて考案したのが「牡蠣飯セット」です。

 

大自然に恵まれた相生の海ならではの、ふっくらと大粒で豊かな風味の一年牡蠣を使用した牡蠣飯の素と、蛍の飛び交う相生矢野川上流の清流で育った、相生市矢野川原農園のヒノヒカリをセットにした商品です。

さらに、牡蠣飯の素には相生小河産のゆず果汁が入っていて、ゆずの香りが口いっぱいに広がります。

 

カテゴリー: 特産品開発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です