相生矢野特産 小河ゆず加工お手伝い

柚子の収穫は11月が最盛期です。

加工場は、籠一杯の柚子であふれており、近づくだけでよい香りがしました。

今月実ったすべての柚子を、来年の収穫時期まで美味しく食べられるように加工しておきます。

皮は、摩り下ろしたり、切ったりして柚子大福やマーマレードへ。果汁は柚子ゼリーや柚子味噌へ。種は焼酎につけて、化粧水にする方もいるそうです。

「柚子って、捨てるところがないのよぉ」っと、次々飛び出す柚子の話に釘付けとなり、またまた柚子のファンになってしまいました。農家さんしか知らない柚子の秘密をたくさん教えていただきました。

 

 

カテゴリー: 特産品開発   パーマリンク

コメントは受け付けていません。