自然科学部

 shizenkagaku
<目標・活動内容>
研究やボランティアを通して科学を楽しむ
<部員数>
1年
2年
3年
(男)
0
0
1
(女)

R1.8.20 現在

<活動日・活動内容>
平日放課後に週2日~3日程度活動しています(釜城祭や発表会前は増えます)。

校内での活動に加え、科学の祭典や研究発表会、体験会への参加など幅広く活動しています。

<主な活動場所>
物理実験室
<コメント>
近年部員が減っており、寂しい状況が続いています。活動内容は楽しいし、他部との兼部も可能です。皆さんの入部お待ちしております!
<近年の成績・活動実績>
R元年8月 科学の祭典姫路会場大会参加

「糸でんわで遊ぼう」のタイトルで参加しました。様々な材料で糸電話を作り、その違いを実験で楽しんでもらいました。小さい子たちにもうけが良く、楽しい活動となりました。最後には実行委員長から感謝状をいただきました。

R元年6月 釜城祭

自然科学部は化学実験室でいろいろな実験コーナーを開設しました。落下物体の実験、書いたマジックが浮き上がる実験、触れる生卵・・・。部員の工夫で楽しいコーナーとなりました。

H31年3月

自然科学部と保育進学希望者が合同で「ふるさと貢献事業」として保育園での生物観察の実験を行いました。「ちりめんモンスターをさがそう」という内容で、ちりめんじゃこの袋の中に入っている他の生物を探しました。カニやタツノコなど、思いもよらない種類も見つかって楽しかったです。

「平成29年度」

6/16~17 第69回 釜城祭(展示)

四つ葉クローバー株の分譲や、液体窒素を用いた化学マジックなどを行いました。多くの方々が見に来てくださったことを感謝しています。

8/23 兵庫「咲いテク」プログラム「野外採集生物の遺伝子解析実験会」参加(尼崎小田高校)

尼崎小田高等学校にて、三木高校で捕獲したメダカよりDNAを抽出し、PCRで目的の遺伝子を増やしました。大学レベルの分子生物学の実験技術を体験できる貴重な機会でした。

「平成26年度」

2014年 第22回 SPring-8施設公開 参加 4/27(日)

三木市児童センター夏祭り ボランティア参加 7/12(土)「葉っぱでしおりを作ってみよう」

青少年のための科学の祭典 東播磨会場大会 出展8/23(土)~8/24(日)「アルギン酸くらげで水溶液の性質を調べよう」

第38回兵庫県高等学校総合文化祭 自然科学部門発表会11/8(土)~11/9(日)ポスター発表「BZ反応成功条件の探求」

「平成25年度」

神戸高校「兵庫県に生息するカタツムリの遺伝子解析実験実習会」参加

第37回兵庫県高等学校総合文化祭 自然科学部門発表会
ポスター発表「三木高校内の池の堆積物の正体を探る」

第36回日本分子生物学会年会
高校生研究 ポスター発表 「三木高校内の池の堆積物の正体を探る」

<リンク>