ご 挨 拶

兵庫県立柏原高等学校 学校長  井上 千早彦

 兵庫県立柏原高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

平成30年4月1日に着任しました校長の井上 千早彦(いのうえ ちさひこ)でございます。よろしくお願いいたします。このホームページにおいて、様々な教育活動、生徒の活躍の様子、学校行事などを紹介してまいります。卒業生の皆様、地域の皆様、中学生の皆さんなど、多くの方が、閲覧していただければ幸いです。

 本校は、1897年(明治30年)4月に、兵庫県柏原尋常中学校として開校し、昨年で創立120年の歴史を刻みました。その歴史と伝統を引き継ぎ、新たに『躍動!120年の刻、新たなる時代へと羽ばたけ』というスローガンを掲げ、新たなる一歩を踏み出したところです。これまで、丹波の地における中等教育の要としての役割を担い、第47代内閣総理大臣芦田均氏を始め、多くの人材を輩出してきました。現在も「進取創造」・「質実剛健」・「敬愛和協」を校訓に掲げ、豊かな人間性と確かな学力を兼ね備えた人材の育成に取り組んでいます。
 伝統の上に安住するのではなく、新進気鋭の伝統校として躍進すべく、生徒一人一人を大切する教育を心がけて多彩な教育活動に取り組んでいきます。さらに継承する事業「SGH」のグループ校として探究活動を充実させて、創造力、コミュニケーション能力、行動力等を身に付けたグローバルリーダーの育成にも力を入れていきます。また、今年度からはHSH(ひょうごスーパーハイスクール)の指定を受けることできました。柏原高校への期待がますます高まっています。我々教職員も一丸となって挑戦を続けます。
柏高には、高い志を持つ仲間が集っています。文武両道の伝統を守りつつ、地域の魅力や課題、将来の丹波・兵庫・日本そして世界を見据えた幅広い視点と行動力を伴った生徒を育成していきます。
 今年の「柏高生」の活躍にどうぞご期待ください。

 今後とも本校の教育活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

 平成30年4月1日

                        兵庫県立柏原高等学校長  井 上 千 早 彦