国際理学科の生徒は、夏の京都大学研修にきています。

1日目は、自分たちで作り上げてきた課題研究を、京都大学の大学生にアドバイスをもらい、さらに深化した内容へと仕上げていきます。

2日目は、その課題研究を京都大学の大学教授の前で発表し、それぞれのグループごとに講評をいただきます。

高校生だけの視点や考え方で作り上げてきた課題研究を、

京都大学生、京都大学の教授の意見を吸い上げていき、さらによい研究へと磨き上げていく研修となっています。

(上記画像)宿舎での課題研究の様子

おすすめの記事