講話 「グローバルリーダーに求められるもの」

第3回授業:講話 「グローバルリーダーに求められるもの」

平成28年5月30日(月) 大講義室 2年生52名 1年生55名参加

講師:京都大学経営管理大学院 経営研究センター長 小林 潔司 教授 (西高24回生)

kb1 kb2 kb3スーパーグローバルハイスクール事業3年目も、引き続き、国際的な社会問題・ビジネスのグローバリゼーションに関しての課題研究に取り組みます。その一環として第3回授業では、本校の卒業生でもある 小林 潔司教授(京都大学経営管理大学院)に講話をしていただきました。生徒は、グローバルリーダーに求められる資質の話に興味を持って聞き、疑問に思ったことなどを積極的に質問するなど、貴重な時間を過ごすことができました。

生徒の声

(2年生)

  • 自分でも気付いていなかった「日本人の特徴」について興味深い話が聞けた。
  • 日本人と外国人の考え方は多くの点で違う。それぞれの文化の違いを考慮に入れ、行動することが大切だと思った。

(1年生)

  • 日本人のコミュニケーションスタイルの短所・長所を知ることができた。
  • 具体例があって分かりやすかった。課題研究で役立つものが多くあった。
  • 世界の中で日本人としての自らを客観的に見てみることが重要だとわかった。
カテゴリー: スーパーグローバルハイスクール パーマリンク