MENUMENU

生活情報科

↑_ Goto TOP

「 生活情報科」に所属する記事の表示

*詳細表示は記事のタイトルをクリックして下さい。




家庭クラブの活動が掲載されました

投稿日:2016年04月30日

4月30日付神戸新聞、毎日新聞、読売新聞に家庭クラブの活動が掲載されました。

2016年4月30日 神戸新聞

 

2016年4月30日 毎日新聞

 

2016年4月30日 読売新聞

 









梅吉亭1日シェフ体験

投稿日:2016年02月12日

1月29日(金)、2月6日(土) 生活情報科の課題研究食物選択者が、梅吉亭にて1日シェフ体験を行いました。
多くの方にご来店いただきました。
ありがとうございました。



平成27年度 家庭クラブ総会

投稿日:2016年02月12日

1月21日(木)に家庭クラブ総会がありました
会長挨拶の後、3年生の代表生徒が、下級生に対して進学、就職等の進路別に学習方法や心構えなどについて説明しました。
その後、福祉・保育、食物、服飾の3グループが、これまで取り組んできた課題研究の成果を発表しました。



生活情報科の活動が掲載されました

投稿日:2016年02月12日

2月11日、北播磨地域夢会議が、小野市のうるおい交流館エクラで行われました。地元の企業や商社と協力して播州織の商品開発に取り組む本校の実践を発表しました。2月12日付神戸新聞にその様子が掲載されました。

2016年2月12日 神戸新聞







2016 私の針仕事展

投稿日:2016年01月08日

本校生活情報科の生徒が作成した播州織作品が、そごう神戸店で開催中の「2016 私の針仕事展」で展示されています。

日時:平成28年1月7日(木)~13日(水) 午前10時~午後7時30分
場所:そごう神戸店本館9階 催会場

 


 
ポスター

 


 
展示の様子



租税教室

投稿日:2015年12月18日

12月17日(木)、3学年の生活情報科を対象に、本校出身の税理士である岡本和明先生による租税教室を行いました。
講義では税の仕組みや、国や地方の財政などについてスライドを使って詳しく説明されました。その後、生徒たちは各班に分かれて、税の使い方についてのグループディスカッションを行い、活発な議論を行いました。
普段はあまり意識しない税についての講義でしたが、生徒たちにとって社会の仕組みを考えるとても良い機会になりました。



特別養護老人ホーム訪問

投稿日:2015年12月16日

12月15日(火)放課後に、生活情報科13名と筝曲部3名が特別養護老人ホームを訪問しました。
筝曲部の演奏で歌を歌い交流を図った後、生活情報科の手遊びと歌、播州織を使っての小物づくりを行いました。
ホームの方と笑顔で接する生徒たちに、施設の方々からも喜んでいただくことができました。



平成27年度 秋季オープンハイスクール(生活情報科・科学教育類型)

投稿日:2015年11月09日

11月4(水)、生活情報科と科学教育類型の秋季オープンハイスクールを実施しました。生活情報科の専門教科の授業や理科の授業見学の後、学校紹介、それぞれに分かれて教育課程などの説明、生徒交流会を行いました。
また、放課後に部活動見学も実施しました。





西脇市駅展示中

投稿日:2015年10月06日

生活情報科3年生「地域産業とマーケティング」の授業で様々なプロジェクトに取り組んでいます。

8月中旬より、西脇市駅を季節に合わせて飾り付けさせていただいています。
お立ち寄りの際には、ご覧下さい。

1444037881333  1444037857744  





生活情報科の活動が掲載されました

投稿日:2015年10月02日

10月02日付読売新聞ならびに神戸新聞に生活情報科の活動が掲載されました。

2015年10月02日 読売新聞


2015年10月02日 神戸新聞



SPH パリ研修

投稿日:2015年09月28日

文部科学省研究指定 スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)に係るパリ研修を行いました。 
 年に2回行われる世界最大級のテキスタイル・生地・素材の展示会である“PREMIERE VISION PARIS”の見学とトレンドセミナーを受講しました。
 多種多様のプリント柄、素材や加工によってさまざまな風合いや発色を見せる布、布、布。また、その展示方法の創意工夫に多くの感動と感激を得ることができました。日本からの播州織先染め織物の展示もあり、そのクオリティの高さに誇りを感じました。
 テキスタイルデザインのマップでの表現方法やデザインの見せ方にも感動しました。今後さらに高校生の感性を活かしたオリジナルデザインを考えたり、マップ作りや表現の仕方に活かしていきたいと考えています。
 多くの方にお世話になり、このような貴重な体験をさせていただき、心から感謝しています。パリの街全体が“芸術”であふれ、すべてがシンプルで美しく、その感性とPREMIERE VISIONで見てきたことを形にして、今後の研究に活かしていきたいと思います。

PREMIERE VISION PARIS オペラ座
手芸品店にて 街の風景





生活情報科「生徒作品ページ」こちらです。