ようこそ兵庫県立吉川高等学校の公式ウェブページへ!

 1月8日(火)3学期始業式を行いました。

 式典では、校長先生より講話をいただきました。

 2019年のスタートに際して元号が変わる年でもありますが、暦は、年齢や地域によってとらえ方も違います。一休宗純の歌『元旦や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし』という歌から若い君たちがこれからの日本を創っていくことになる。というお話や、それぞれの学年に対して、12月の行われた救世忍者乱丸さんの人権講演会「夢をカタチに」を振り返り、夢を持って成長していくことが大切とのお話もありました。

 また、6432名の命が奪われた阪神淡路大震災について、校長先生の経験を基にお話しがありました。「今年に入り3日には熊本で震度6弱の地震がありました。いつ災害が起こるかわかりません。自分がしっかりとし、判断することが大事です。みなさんは、亡くなられた方々の無念な思いを継いでいかなければならない。そのためには、自分の命を守り、友人の命を大切に、地域の助けにならなければいけない。」というお話をいただきました。

 続いて、生徒指導部よりお話がありました。