ようこそ兵庫県立吉川高等学校の公式ウェブページへ!

 6月21日(木)3時間目、3年選択者による「ふれあい育児体験」を行いました。三木市立よかわ認定こども園を訪問し、年長児と交流しました。
 自分たちで製作したパネルシアター『もりのかくれんぼ』を演じ、その後、紙コップと輪ゴムと手作りのシールを使った『カエルのおもちゃ』の工作を楽しみました。今年度初めての訪問で、子どもへの対応、人前で演じること、作り方を説明することの難しさを生徒たちは痛感したようですが、今後どのように準備をするべきか勉強になったと思います。
 最後に学校で製作してきたプレゼント『おいっちに君』というおもちゃをプレゼントしました。ふたつきのアイスクリームカップに穴をあけ、ストローを通し、息を吹くと、発泡スチロールの頭と紙テープの手足が体操しているように動くおもちゃです。
時間配分や、片付ける段取りなど、あまりうまくいかなかったのですが、園児の皆さんから「また来てね~」「ありがとう」と大きな声で言っていただき、嬉しい気持ちで帰校しました。可愛い園児たちと触れ合い、保育士になりたいという気持ちが強くなったようです!!
 今回うまくいかなかったところ、難しかったところをよく考え、次回の訪問に向けて取り組みたいと思います。