伊江島民泊 修学旅行2日目②

民泊先の好意により、伊江島の名所に連れて行ってもらうグループもありました。

その様子をちょっとだけ紹介します。

伊江島の象徴である城山(タッチュー)からの絶景!

300段近い階段を登りきらないと、頂上からの景色に出会えません。

頑張って登ろう、環2の生徒よ。

ビーチバレーをしているのは電2の生徒。

階段を降りるとニャティヤ洞。戦時中は防空壕としても使用されたそうです。

ここから見える海は戦時中も今も変わっていないのでしょうね。

ニャティヤ洞内。

ちなみに民泊と並行して、職員が島内各所に隠した金のゴーヤ、銀のゴーヤ、普通のゴーヤを見つけ出せ!というイベントを実施していましたが、この総合学科2組のグループが、ニャティヤ洞に隠されていた銀のゴーヤをGETしました。

湧出(ワジ)展望台からの景色

湧出展望台にある岩のスキマに金のゴーヤを隠す松本先生。

湧出展望台付近の原っぱ。なかなか兵庫ではこんな景色に出会えません。

なお、湧出にあった金のゴーヤを発見したのは写真の総合学科1組のグループでした。

このように名所を訪れるという体験のほかにも、アクセサリや沖縄料理を民泊先の方と一緒に作るなど、民泊ならではの貴重な体験をしています。

本当に生徒が楽しそうにしているのが印象的でした。

きっとこれなら、いい民泊になったと「イエソーダ」!

※伊江ソーダ…伊江島の湧出の湧水を使った炭酸飲料。「好きだって…言えそーだ」の語呂から告白飲料として売り出し中。

お後がよろしいようで…

続きは次号で。