医療系人材養成・教員養成プログラム開講式

5月18日、令和4年度の医療系人材養成・教員養成プログラムの開講式が行われました。

地域の医療や教育に携わる人材の育成を目指すこのプログラムには、今年度は医療系59名、教員系27名の計86名が参加しています。

開講式には、兵庫教育大学教育実習総合センター副センター長 長谷川宜成先生と、神戸大学大学院医学研究科医学教育学分野 循環器内科特命准教授 小林成美先生を講師としてお迎えし実施しました。

生徒たちは、実際の現場で活躍する先生方の貴重な話を聞き、講義後には積極的に質問をしていました。また、医療系の講義終了後、小林成美先生により深い質問をすることができる懇談会を行っていただきました。

開講式終了後に提出された感想などに目を通すと、どの生徒も自分の志望する進路に対しより真剣に向き合っていこうとする気持ちが伝わってきました。

6月以降、地域医療セミナーや幼保セミナーなど、順次プログラムを実施していきます。

Follow me!

前の記事

WAKON通信