豊高公式ブログ「素数のつぶやき」

投稿者: | 2020年10月8日

豊高生のみんな!オッス!オラ、素数!

みんな!今週はノーベル賞受賞者発表weekだぞぉ!

医学・生理学賞

物理学賞

化学賞

文学賞

平和賞

経済学賞

の順番で受賞者が発表されるんだ!

物理学賞ではブラックホールの研究に対して貢献した3人の研究者が選ばれたんだ!

それがこの3人だ!

ロジャー・ペンローズさんはブラックホールの形成がアインシュタインの一般相対性理論を裏付ける強い証拠であることを発見したんだ!

ラインハルト・ゲンツェルさんとアンドレア・ゲスさんはオラたちの銀河の中心にとてつもねぇ質量で、ものすげぇ小さな天体があることを発見したんだ!いわぇゆる、ブラックホールだぁ!

詳しくはこれを読んでくれ!

https://www.nobelprize.org/uploads/2020/10/advanced-physicsprize2020.pdf

読むとすげーワクワクすっぞぉ!

ところでよぉ、有名なアインシュタインの相対性理論だけんど、身近な所で使われてるのを知ってっか?みんなが普段から使ってるものにあるんだけんど、わかるかなぁ?

それはGPS(全地球測位システム)だ!

GPSは上空のGPS衛星に搭載されている原子時計の時刻を受信するんだ。GPS衛星は地球を約12時間で1周する速さ、およそ3890m/s1)で移動していて、これは真空中の光速の0.0013%に相当するんだ。

特殊相対性理論によれば、高速で移動する物体の中で流れる時間は外の時間よりゆっくり進むことがわかってんだ。つまり、GPS衛星の原子時計は地上の時計より遅れているんだ。

さらに、一般相対性理論によれば、GPS衛星の原子時計は、地上から離れているため、地球の重力場による影響を地上の時計よりは受けないので地上の時計より早く進むんだ。

これらの誤差を合わせると、GPS衛星の原子時計は1日あたり約0.03秒早く進むんだ。

真空中の光はこの0.03秒で約9km2)3)進むから、1日に約9kmの誤差が出てしまうんだ。

この誤差を修正するために相対性理論が使われているんだ。

すげーワクワクしてきただろ!

別の賞も誰が受賞すっか、楽しみだな!みんなも調べて見てくれ!

それじゃあ、次回も絶対ぇ見てくれよな!

素数

<参考文献>

  1. https://iss.jaxa.jp/shuttle/flight/sts99/earthkam_01_2.html
  2. http://audiokenkyu.sakura.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/11/GPS%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E5%8E%9F%E7%90%86%E3%81%AE%E8%A3%9C%E6%AD%A3_HP%E5%8F%8E%E8%BC%89%E7%89%88.pdf
  3. http://maya.phys.kyushu-u.ac.jp/~knomura/museum/GPS/node11.html

Follow me!