宣誓式

5月11日(金)、第10回宣誓式が行われ、看護科2年生40名が、はじめての臨地実習に向けて誓いの言葉を述べました。

戴帽・灯火の儀では、緊張が張り詰めるなか、1人ひとり名前を呼ばれ、ナースキャップをかぶせてもらい、ナイチンゲール像から看護のともしびを分けていただきました。

「私たちの手に託された人々の幸せのために身を捧げます」と、クラス全員で宣誓しました。

川西教頭より、「チャンスはその準備をした者にだけ与えられる」と励ましの言葉をいただきました。

今日の宣誓式は、準備から全てクラスの仲間と行い、とても素晴らしい式にすることができました。
あこがれの看護師を目指し、クラス全員で協力し、一生懸命取り組みましょう。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください ⇒ 【宣誓式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。