人権を考える市民の集い

令和2年度「人権を考える市民の集い 龍野会場」が11月28日(土)にたつの市総合文化会館赤とんぼ文化ホールで開催されました。例年は夏休み中に開催されていますが、今年はコロナウイルス感染拡大防止のため、時期をずらし、イベント開催時の感染防止ガイドラインを遵守し開催されました。

 第1部では、人権作品入賞者表彰ならびに人権作文朗読がありました。龍野高校からは、人権作文で中村光希さん(2年)が優秀賞を受賞しました。

 第2部では、「新型コロナウイルスに関わる偏見や差別解消に向けて」の演題で、近畿大学准教授の村山綾さんによる講演会がありました。人の心のしくみを正しく理解すること、不安情報から距離をとり、限られた情報のみで判断するのではなく正しい情報を多く求めること及びステレオタイプ化しないことが、コロナ差別を防止するということを教えていただきました。

 司会は、例年龍野高校放送部が協力しています。今年も2名の女子部員が担当し、好評でした。