県立大理学部「第6回高校生のための科学講座」に参加 【自然科学部 他】

令和元年11月16日(土)に兵庫県立大学理学部で開催された、「第6回高校生のための科学講座」に龍野高校から8名の生徒が参加しました。この科学講座は、実験や研究発表などを通して、高校生に自然科学の研究の面白さや魅力を発見してもらうように、県立大の先生方や学生により開催されています。

はじめに吉久教授による講演、「細胞の中のt‐RNAの様々な変化を調べる」を聴講したのち、4つの研究室で実験を体験させていただきました。

その後、大学生や大学院生のポスター発表をききました。自然科学部の生徒も発表者として、総合文化祭で発表した研究内容を、大学の先生方や学生に説明しました。元県立大副学長の新免輝男先生からもアドバイスをいただきました。

充実した内容で、高校生にとって高校の中では学べないことが多くありました。このような機会を与えてくださったして先生方、学生のみなさんありがとうございました。

ポスター発表 学生に混ざって自然科学部も参加

ポスター発表 学生に混ざって自然科学部も参加

 

「光るゼブラフィッシュをつかって脳のはたらきを調べてみよう」 八田研究室

「光るゼブラフィッシュをつかって脳のはたらきを調べてみよう」 八田研究室

「タンパク質のかたちを見よう」 樋口研究室

「タンパク質のかたちを見よう」 樋口研究室

「光を使って分子の"指紋"を観てみよう」 竹内研究室

「光を使って分子の”指紋”を観てみよう」 竹内研究室

「顕微鏡で磁石の内部を見る」 和達研究室

「顕微鏡で磁石の内部を見る」 和達研究室