人権講演会「パパは女子高生だった ~自分らしく生きる~」 を開催しました。

2019年11月7日(木)性の多様性に関する人権講演会を開催しました。近年「LGBT」という言葉を耳にする機会が増えました。調査によれば人口の7~8%の人が該当するそうです。

性的マイノリティーに対する正しい理解の形成ために、今年は宍粟市在住の前田良さんに講師をお願いしました。前田良さんは、女性として誕生しまた。幼少のころから自身の性に違和感をもち、現在は性を男に戻して結婚、二児の父親として奮闘されています。その一方で兵庫県内外で講演活動を行っておられます。

講演をきき、LGBTについて理解することは困難なことだが、そのような人がいて、どのようなことに困っているのか気付いて、そして行動することが、LGBTの人たちも住みよい環境にするために大切であることがわかりました。

 

LGBT人権講演会