アキアカネの研修会を開催しました【自然科学部・課題研究赤とんぼ班・放送部】

9月21日(土)にNPО法人たつの・赤トンボを増やそう会代表の前田清悟氏を講師に迎え「アキアカネ研修会」を開きました。

参加生徒は、地域の生物多様性の保全にとりくむ自然科学部、課題研究の授業で「休耕田を活用した田園生態系の復元」にとりくむ赤トンボ班のメンバー、そして、赤トンボを増やそう会の取り組みに興味をもった放送部員です。

当日は、台風接近のため降雨が予想されていましたが、さいわい赤トンボを増やそう会の活動場所「トンボ池」での見学も予定通りに行うことができました。現地見学ののち、龍野高校生物実験室で前田さんからこれまでの実験や結果、活動内容などアキアカネの保全に関する講義をしていただきました。

すでに、龍野高校生も「トンボ池」の一部をお借りし、アキアカネが産卵時に好む生態系を探るために、小面積ですがビオトープをつくりました。今後、アキアカネが山から産卵のためにトンボ池にもどってきたら、産卵行動を観察し、どのような環境をつくることがアキアカネの産卵数を増やすことにつながるのか調べる予定です。

2トンボ池上看板前の説明

3ハウス内での説明