月別アーカイブ: 2017年7月

全校集会

龍野高校は7月21日で、夏休みに入ります。そこで区切りとして、7月20日に全校集会が

行われました。全校集会では校長先生と生徒指導部長の尾田先生が話されました。

校長先生からのお話では、

『高校の段階から答えの出ない課題に対して考える力を身につけること』

『困っている人がいたら助けること』の2つのお話がありました。

CIMG1601

尾田先生からは夏休みの過ごし方として

『事故にあった時に警察に連絡を怠らないこと』

『夏休み明けの9月1日に全員がそろって休まないこと』の2つを約束してほしいと話されました。

生徒たちが夏休みに多くのことを経験し、一日一日を充実したものにし、無事に過ごしてほしいと切に思います。

壮行会

全国大会出場が決まっている文芸部、放送部、百人一首部、全国物理オリンピック出場者の山下君の壮行会が行われました。

CIMG1611_R

まず校長先生から激励の言葉が送られ、

同窓会副会長高田様から、お祝いの品と激励の言葉、

生徒を代表して横田さんが代表して応援の言葉がおくられました。

 

 

 

離任式

7月20日に離任式が行われました。

ALTのアナン先生、マイケル先生、英語科の柴田先生の3人が、この夏で転退職されることに

なりました。 転退職される先生方おひとりずつから挨拶をしていただき、生徒のみなさんへ

向けての激励の言葉や、想いを述べられました。

CIMG1597

クリーン作戦

7月20日に老人会・PTA・本校生徒会、有志生徒、本校職員交えてクリーン作戦が行われました。

龍野公園の周りや、城下町を全員で手分けして清掃を行いました。

CIMG1650_R

この活動は、子供世代、親世代、その親世代と3世代の交流の場となりました。

第99回全国高等学校野球選手権兵庫大会の結果

第2回戦 北条 6 - 7 龍野

6点差をひっくり返し、一致団結し勝利をつかみ取りました!

第3回戦 報徳 12 - 1 龍野 (6回コールド)

全国レベルの強さを実感しました。この悔しさをバネに、強豪校にも引けをとらないチームをつくっていきます!

選手一人一人、自分の役割を精一杯果たし、頑張ってくれました。

ご声援ありがとうございました。

人権講演会

7月10日に、腰塚勇人氏を招いて、人権講演会が行われました。

腰塚氏はスキーの事故で医者には体を動かすことは不可能だろうといわれるほどの

全身マヒの体になりながらも、懸命のリハビリにより、社会復帰できるまでに回復されました。

その経験をきっかけに、『命の大切さ』『命の喜ぶ生き方』を伝えるために『命の授業』を行っておられます。

DSC00325

腰塚氏の話では、

『自分を大切にする人が他の人を大切に出来る』

『自分との約束を守ることが自信につながる』

ということに気づかれました。そこで人の役にたてるように以下の5つの誓いを立てられたようです。

『口は 人を励ます言葉や 感謝の言葉を伝えるために 使おう』
『耳は 人の言葉を 最後まで聴いてあげるために 使おう』
『目は 人の良いところを 見るために 使おう』
『手足は 人を助けるために 使おう』
『心は 人の痛みが わかるために 使おう』

講演会を聞いて、生徒たちも一人ひとり感じるところがあり、自分の生き方についてまじめに考えるきっかけになったようでした。

進路講演会

3年生とその保護者を対象に進路講演会が行われました。

河合塾の國光 宏一氏が『進路実現を目指して』という題で、これからの夏休みの過ごし方や、目標大学に向かってどのように頑張ったらいいのかを分かりやすく説明されました。

DSC00298

『科目を絞らずまんべんなく』

『優先順位を決めて時間配分を決めて取り組み』

『模試の結果等の判定に頼らず自分の意思で進路決定』

この3つが大切だといわれていました。

心肺蘇生講習会

たつの消防署員、たつの市民救命隊の方の協力を得ながら、生徒会が中心になり、学芸部・運動部に所属する生徒を対象に、心肺蘇生講習会が行われました。参加生徒達は実際に起こった場合に迅速に対応できるように、しっかりと心肺蘇生法の練習に取り組みました。

DSC00311