カテゴリー別アーカイブ: 75回生(2学年より)

75回生 第2学年 ユメタン講演会2

令和3年7月15日(木)5,6時間目に75回生 第2学年 ユメタン講演会を「夢をかなえる 高2夏の英語勉強法」と題して体育館にて行いました。前回は昨年の12月に実施され、今回は2回目の講演会となりました。

講師は前回と同様、英単語帳「ユメタン」の著者である木村達哉先生で、今回は英語の勉強法の中でも特にリスニングの力を付ける方法を講演していただきました。

講演を聞くだけでなく、実際に英語を聞いて声に出したり、頭の中で日本語に変換するといった練習も一緒にしていただき、とても良い勉強になりました。

その他にも受験に向けての取り組み方、計画を立てることへの重要性も教えていただき、生徒の中には危機感を感じた人もいたかもしれません。

最後に生徒からの質問にも真摯に答えていただき、高校2年生の夏にするべきことを力説していただきました。

「受験はまだ先だから大丈夫」と油断することなく、今すべきことをしっかり行って進路実現に繋げてほしいと思います。

75・76回生 探究Ⅰ・Ⅱ講演会

 令和3年6月29日(火)7時間目に75・76回生 探究Ⅰ・Ⅱ講演会を体育館にて行い、1年生1組~6組の生徒と2年生17名が参加しました。

 探究Ⅰは普通科1年生にとって、はじめての探究活動であり、探究Ⅱは、普通科2年生にとって本格的な研究活動が開始されます。そこで、地元たつの市役所の職員である「企画財政部参事兼企画課長 家氏 孝幸氏、企画財政部企画課主査 沖田 順氏」を招聘し、総合的な探究の時間で研究活動を効果的に進めるため、「たつの市の現状・課題と20年後に向けて」というタイトルで基本的な内容を中心に、ご講演いただきました。

 特に、人口の純移動率・産業構造については、他の市町村と比較分析し、たつの市の20年後に向けてどのように課題を解決するかについて大変詳しくご説明いただきました。生徒にとって、地元たつの市を改めて知る機会となると共に、今後探究活動を進めていくための大きなヒントになったと考えています。また、生徒からの積極的な質問もあり、大変有意義な時間となりました。

75回生 第2学年 探究Ⅱ講演会

令和3年6月22日(火)6時間目に75回生 第2学年 探究Ⅱ講演会を体育館にて行い、2年生1組~6組の生徒が参加しました。

甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 教授の甲元一也先生に講師を務めていただき、課題研究の進め方について分かりやすく丁寧に教えていただきました。

まだ探究のテーマが定まっていない生徒も、今回の講演会を受けてイメージが持てたと思います。来週からいよいよ各カテゴリーに分かれて進めていきます。

調べ学習との違いや小学校の自由研究との違いも教えていただいたので、高校2年生としての効果的な探究活動が期待されます。

令和2年度 課題研究Ⅰ 発表会(1年総合自然科学科)

 3月9日(火)3~4限、75回生1年総合自然科学科の生徒が、本校合併教室で課題研究Ⅰの発表会を行いました。12月以降の授業で、各班毎に設定したテーマに関して研究を進め、その成果をパワーポイントで発表しました。2年の総合自然科学科の生徒と職員が聴講し、質疑応答やアドバイスシートを通して、指導や助言を行いました。発表テーマは以下の通りです。 

「身近な物からみつける抗菌作用」、「睡眠時間の音の関係」、「洗口液による歯の脱灰作用」、「色が与える五感への影響」、「効果的な暗記カードソフトを作る」、「ダイラタンシーを利用してドアの跳ね返りを防ぐ」、「毛細管現象で花弁を染色する」、「摩擦熱の伝わり方の可視化と材質による伝わり方の違い」、「困ることなくトイレをするために必要なこと」

 課題研究Ⅰの1年間の取組を、2年の課題研究Ⅱに活かしていきます。

 

令和2年度 課題研究Ⅱ 発表会

 2月6日(土)74回生総合自然科学科(2年生)の生徒が、たつの市青少年館で課題研究Ⅱの発表会を行いました。1年間の研究成果を発表する場であり、特別非常勤講師の先生や本校教員と1年総合科学科の生徒が聴講しました。発表テーマは以下の通りです。 

「錯視量のコントロール」

「砂漠化を止めるために保水性のある園芸用土の研究」

「夏の車内を快適に ~夏の車内の温度上昇を抑える為に最も有効な方法を探す~ 」

「牛乳の冷凍保存の可能性を探る」

「1mメッシュ標高データの可視化 ~龍野高校グラウンドを例に~ 」

「カゼインプラスチックの改良」

「アキアカネ復活プロジェクトⅡ ~アキアカネの保全に向けて~ 」

「自然災害に対抗する術 ~対塩害~ 」

 どの研究班も、秋の中間発表会から内容を深化させており、資料の提示や説明の仕方にも工夫を重ね、完成したプレゼンテーション発表をしていました。また、質疑応答では時間が足りなくなるほどに、活発に意見が出されました。

 今回の発表における最優秀班1班が、令和3年8月に実施されるSSH生徒研究発表会(全国大会)に学校代表として出場します。最優秀班の選考は、発表動画の視聴によって参加されるSSH運営指導委員の先生方の審査によって決まります。

 今後の課題研究Ⅱの授業では、研究論文の作成をします。

75回生 第1学年 ユメタン講演会

令和2年12月15日(火)6、7時間目に75回生 第1学年 ユメタン講演会を体育館にて行いました。

現在、1年生では英語の単語集「ユメタン」を活用して、小テストを実施していますが、その著者である作家・灘高校教諭の木村達哉先生から「夢をかなえる勉強法」と題して講演していただきました。

木村先生の学生時代からのお話から始まり、有効な英語の勉強法、なぜ学ぶのか、その意味を考えることの大切さなど、とても役に立つ話をたくさんいただきよい刺激を受けました。

講演会のあとも長時間、生徒の質問に丁寧に答えてくださり、大変有意義な時間になりました。

これからの勉強の取り組み方に期待したいです。

木村達哉先生が自身のブログに講演会について書いていただきました。

http://www.kimu-tatsu.com/kimutatsublog/archives/23177

課題研究Ⅰ特別講義(1年総合自然科学科)

 12/1(火)6~7限、1年総合自然科学科の生徒が、課題研究Ⅰ特別講義を受講しました。今回は、甲南大学フロンティアサイエンス学部の藤井敏司教授を招いて、理系のプレゼンテーションに関する講義を受けました。講義の中では、いたるところにポイントがあり、生徒はメモを取りながら、熱心に説明を聞いていました。また、先週実施した模擬課題研究発表会の生徒作品も題材として、指導助言をいただいたり、修正前後を比較したりするなど、生徒は、少しの工夫でも大きく印象が変わることに驚いていました。今後は、班別にテーマを設定して、ミニ課題研究に向けて取り組んでいきます。

数学・理科甲子園に参加しました

11月21日(土) 甲南大学で開催された数学・理科甲子園に選手として2年生6名が、また、ボランティアとして1年生2名が参加しました。結果は、健闘及ばず予選敗退となりましたが、選手6名ボランティア2名一生懸命に頑張ってくれました。

模擬課題研究発表会(1年総合自然科学科)

 11月24日(火)6~7限に、1年総合自然科学科の生徒が、模擬課題研究発表会を行いました。生徒にとっては初めての発表会であり、ペットボトルロケットの飛距離に関する研究の成果を、パワーポイントを使って発表しました。生徒はやや緊張しながらも発表を行い、質疑応答においても丁寧に対応していました。12月以降は、自分たちでテーマを決めて研究を行い、3月には発表会を行う予定です。

令和2年度サイエンス校外実習Ⅱ(1年総合自然科学科)

 11月20日(金)~21日(土)の2日間にわたり、1年総合自然科学科40人が、サイエンス校外実習Ⅱに参加しました。初日の午前は、SPring-8大型放射光施設とSACLAで、午後は、兵庫県立西はりま天文台で研修を行いました。

 SPring-8では概要説明、見学、講演を実施しました。担当者の説明を受けながら、世界一の研究施設を間近で見学でき、その後の講演では、龍野高校の卒業生であるエンジニアの方からも話を聞くことができました。

 西はりま天文台では、講師の説明を受けながら、なゆた望遠鏡などの観測機器を使い、太陽や星などの天体観測を行いました。夜の班別実習では、雲の多さに悩まされましたが、雲がなくなった短時間に、満天の星空を観察することができました。また、班によっては早朝にも観察を行いました。

 今回の実習を通して、科学への探究心が非常に高まりました。今年は、コロナの影響を受けましたが、研修施設やバス会社、本校ともに、十分な対策を行うことで、無事に実習を終えることができました。

 

 

日本生物学オリンピック2020代替試験 一次試験実施

 11月1日(日)に,日本生物学オリンピック2020代替試験の一次試験を,本校コンピュータ室で実施し,希望者16名(2年生13名,1年生3名)が参加しました。

 日本生物学オリンピックは, 20歳未満で大学入学前の生徒を対象とした全国規模の生物に関するコンテストです。 今年度は残念ながら,新型コロナウイルスの影響で,本来予定されていた 日本生物学オリンピック 2020は中止となりましたが,その代替となる試験の一次試験が,PCを用いたオンライン試験(Computer Based Test,CBT)での実施に変更になりました。

 参加した16名の生徒は,高等学校で求められる学力レベルや学校で習う内容の範囲を踏まえつつ,生物学における基本的な考え方を問う高度な内容の問題に挑戦しました。

75回生 第1学年 生徒対象進路説明会

令和2年9月8日(火)7時間目に75回生 第1学年 生徒対象進路説明会および文理選択・科目選択説明会を体育館にて行いました。

学年の教務係から文理選択・科目選択の説明、地歴公民科と理科の教科担当者からの説明、最後に学年主任からのお話がありました。

配布した予備調査用紙は、24日が提出の締め切りとなっています。受験科目や大学で勉強する内容も詳しく調べたうえで、保護者の方とも十分相談し、決断してもらいたいと思います。

75回生 第1学年 保護者対象進路説明会

令和2年8月28日(金)に75回生 第1学年 保護者対象進路説明会および文理選択・科目選択説明会が体育館にて行われました。

午後の暑い時間帯でしたが、173名の保護者に来校していただきました。

進路指導部長から進路説明会、学年の教務係から文理選択・科目選択の説明会、最後に学年主任から生徒の様子などのお話がありました。

9月8日(火)には生徒向けの説明会があります。まだ文理選択について迷っている生徒もいますが、これらのお話を踏まえて十分協議して納得できる道に進んでもらいたいと思います。

令和2年度サイエンス校外実習Ⅰ(1年総合自然科学科)

 8月24日(月)総合自然科学科1年の生徒が、サイエンス校外実習Ⅰに取り組みました。初めての科の行事であり、多くの生徒が楽しみにしていました。内容は、山崎断層に関するフィールドワークと宍粟防災センターでの施設見学、講義です。講義では、地学の専門家である姫路市立城の西公民館長の西影裕一先生を講師に招き、地震や水害、防災について、説明を受けました。西影先生は、地元に関連の深い事例を挙げ、今までのフィールド活動の経験や画像を交えて、分かりやすく解説されました。生徒は、熱心にメモを取るなど、興味をもって講義に聞き入っていました。

75回生 進路講演会

令和2年7月31日(金)3時間目に、体育館にて本校1年生を対象とした進路講演会がありました。河合塾の方に講師をしていただき、文理選択や学力を伸ばすために大切なことなどをお話していただきました。

10年後、20年後を見据えて、将来どんな大人になっていたいか思い描き、逆算して進路について考えてもらいたいです。

75回生 ネット犯罪防止講話

令和2年6月25日(木)7時間目に、体育館にて本校1年生を対象としたネット犯罪防止講話がありました。姫路南少年サポートセンターの警部補の方に講師をしていただき、情報モラルについて有益なお話をいただきました。

1年生は高校からスマートフォンを持った生徒も多く、メモを取りながら熱心に聞いていました。SNS上のトラブルに注意して、今後の生活に役立ててほしいです。

75回生より、課題等の送付について

4月30日、ゆうパックプラスを使って課題等の送付を行いました。受け取ったら、まず同封されている「送付物一覧」のプリントにより確認を行ってください。不足や不備等がある場合は、学校に電話連絡をしてください。(5月2日から6日は連絡不可)


75回生(1学年より)ページのログインが失敗する件について

75回生のページへのログインがうまくいかないことがあるようです。

正確な原因は解明されていませんが、以下に現在考えられる対策を記載します。

・パソコンでのログインについて

 ブラウザとしてインターネットエクスプローラーを用いると、ログインに失敗することが多いようです。GooglechromeやFirefox等のブラウザでログインしてみてください。

・携帯でのログインについて

 ログインする際にPassward入力でアルファベット入力をした場合、自動で頭文字が大文字になったりしている等、 Passward 入力ミスの可能性があります。iPhoneでもAndroidでも問題なくログイン可能だと考えられています。どうしてもうまくいかない場合は、パソコンでお試しください。パソコン推奨です。

入学生対象の説明会を開催しました

 新型コロナウィルス感染症の拡大・深刻化による、緊急事態宣言を受けて、5月6日まで、臨時休校となりました。例年の入学式にかえて「新入生への説明会」を開催しました。 龍野高校75回生280名を新たに迎え、在校生と共に伝統ある龍野高校の歴史を積み重ねたいと思います。

入学者への説明会
新入生への説明会

なお、午前中には始業式に代わる「在校生説明会」が開催され、新着任の先生方の紹介などがありました。

 早期の学校の再開を願いつつ、各自が感染予防に努めるとともに、龍野高校生として進路目標の実現に向けて計画的に自宅学習に取り組んでください。

在校生 説明会
在校生説明会