カテゴリー別アーカイブ: 72回生(2学年)より

平成30年度SSH台湾海外研修

8月1日(水)~4日(土)に2年生25名が台湾での研修を行いました。

天候にも恵まれ、すべてが順調に進み充実した4日間になりました。

1日目 朝早くから長時間の移動の末、夕方16時頃ホストファミリーと合流。

1日目 朝早くから長時間の移動の末、夕方16時頃ホストファミリーと合流。

 

2日目 台南女子高級中学校で開会式と歓迎式典。 校長の挨拶とお土産交換をしました。

2日目 台南女子高級中学校で開会式と歓迎式典。
校長の挨拶とお土産交換をしました。

龍野高校主催の協働実験「水の硬度測定」

龍野高校主催の協働実験「水の硬度測定」

台南女子主催の協働実験「アセチレンの反応」

台南女子主催の協働実験「アセチレンの反応」

研究発表会(龍野高校)

研究発表会(龍野高校)

3日目 成功大学での物理実験

3日目 成功大学での物理実験

霧箱を使った宇宙線の観測

霧箱を使った宇宙線の観測

午後 丸荘醤油博物館に移動し、台湾醤油の歴史を学び、黒豆醤油を仕込みました。

午後 丸荘醤油博物館に移動し、台湾醤油の歴史を学び、黒豆醤油を仕込みました。

4日目 故宮博物院にて台湾・中国の歴史と科学のつながりについて学びました。

4日目 故宮博物院にて台湾・中国の歴史と科学のつながりについて学びました。

 

サイエンス∬Ⅰ 模擬課題研究発表会

12月21日(木)に本校総合自然科学科1年の授業(サイエンス∬Ⅰ)において「模擬課題研究発表会」が行われました。

この「模擬課題研究」では、研究の方法を学ぶことを目的として実施され、今回は、「ペットボトルロケット」を題材とし、飛行距離に与える条件について研究し、ポスター発表を行いました。

IMG_3545 IMG_3558 DSC03373

計8班が発表を行いましたが、各班によってデータの見方や考えかたが違い、様々な研究データが示されていました。

生徒は各班の発表に対して、たくさんの質問や意見を出し討論を行い、研究が深まっている様子でした。

ハイパーサイエンス校外実習

6月26日(月)に総合自然科学科1年生の生徒が宍粟防災センターとヒガシマル醤油株式会社の2班に分かれ、校外実習に行きました。

 宍粟防災センターでは、私たちが暮らす播磨の断層や地震についてフィールド調査の写真を交えながら丁寧に講義をして頂きました。また,宍粟防災センター内の展示物や免振構造についても解説して頂きました。 この研修により,生徒たちは断層や地震についての理解を深めることができ、さらには,自然と科学技術の関わりを考えるなど,地質学や防災への興味関心を高めることができました。

IMG_1082 IMG_1122

 ヒガシマル醤油株式会社ではアミラーゼやプロテアーゼを用いた酵素反応を実体験させていただきました。さらには工場見学を通して醤油作りの過程も詳しくわかりやすく説明していただき、発酵化学への興味関心を高めることができました。 地元企業での体験は生徒にとっても貴重なものとなりました。

CIMG1417 CIMG1410

72回生(第一学年) 野外活動

4月23日(日)・24日(月)の2日間、第1学年(72回生)は、ツネイシしまなみビレッジ(広島県福山市)で野外活動を行いました。

野外活動の最大の目的は「仲間づくり」でした。ただ単に仲良くなるのではなく、お互いを尊重し、高め合う仲間をつくる。そのためにも「人として大切なこと」を常に意識し、「時を守り、場を浄め、礼を正す」ことを実践しました。主な活動内容として、「カッター研修」「集団行動研修」「校歌コンテスト」「学習習慣」を行いました。2日間とも天候に恵まれ、すべての日程を予定通り実施することができました。

校歌コンテストでは、心をひとつにし、素晴らしいハーモニーを奏でた1組が見事優勝を勝ち取りました。どのクラスもそれぞれが工夫を凝らして、校歌を精一杯歌ってくれました。72回生のパワーと、これからの高校生活への意気込みを感じました。

この2日間で実践したこと、学んだことをこれからの学校生活にしっかり活かし続けて欲しいと思います。

                   
                   
            

 

第72回 入学式

4月10日(月)午後1時より、第72回入学式が執り行われました。

   

新入生は一人ずつ名前を呼ばれた後、代表が元気よく宣誓しました。

校長式辞があり、来賓を代表し、栗原一たつの市長様と、育友会長より、ご祝辞をいただきました。その後、合唱部と生徒会執行部による校歌披露が行われました。
新入生315名は式典終了後、各ホームルーム教室へと向かい、龍高生としての生活をスタートさせました。