カテゴリー別アーカイブ: 部活動

【茶道部】西播支部大会に参加しました

令和元年7月31日(水)、兵庫県高等学校文化連盟茶道部門西播支部大会に、茶道部員の1年生10名が参加しました。

日本調理製菓専門学校の酒井宏純先生ご指導のもと、和菓子の歴史や種類などの講義に続いて実習を行いました。

2019お菓子2 2019お菓子3

桜、里の秋という2種類のねりきりを作成しました。

2019お菓子1

実習後、自分で作った和菓子と薄茶を飲みながら、西播支部大会に参加していた他校生と呈茶交流を行いました。

近畿大会 結果報告 男子バレーボール部

7月13日(土) ベイコム総合体育館にて

第4試合 龍野 2(25-16,25-17)0 高島(滋賀県)

第7試合 龍野 0(16-25,14-25)2 洛南(京都府)

以上の結果となりました。

まずは、1回戦を突破するという目標を掲げて試合に臨みましたが、終始こちらの優位な展開で試合を進めることができ、見事初戦を突破しました。2回戦は、昨年、全国優勝を果たした強豪洛南高校との対戦となりました。今までやってきたことをすべて出し切り、思い切ってプレーし、楽しんでこい!と選手を送り出しました。試合の中では、これまで取り組んできたことが通用した部分もあり、生徒もはつらつとプレーすることができました。結果は、ストレート負けでしたが、やりきった満足感、達成感を得て、近畿大会を終えることができました。

新チームに切り替わり、後輩たちも「2年連続近畿大会出場」の目標を立てました。初心を忘れず、自分たちの立てた目標を達成できるようチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

この度は、応援ありがとうございました。今後とも、龍野高等学校男子バレーボール部の応援、よろしくお願いいたします。

 

幻の植物 ムラサキが開花 【課題研究】

龍野高校では地域の生物多様性の保全活動「生物多様性龍高プラン」を実施しています。兵庫県野生絶滅種ムラサキの生息域外保全もその一環です。先日から、課題研究の授業で校内に移植したムラサキが開花しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムラサキの花 根は紫色だが花は白い

 

「ムラサキ」という植物をご存知ですか。ムラサキの根「紫根」には色素「シコニン」が含まれており、染色や漢方薬の原料として利用されてきました。

あかねさす  紫野
むらさきの   
行き  標野 しめの 行き  野守 のもり は見ずや   君が 袖振 そでふ

                                                         (額田王 万葉集)

ムラサキが登場する有名な歌ですが、このムラサキの生育する土地は天皇家の御料地(標野)で番人(野守)もいたことがわかります。古来より生育地が少ない貴重な植物であったことがわかります。

兵庫県では絶滅していたと思われていましたが、2006年にたつの市で再発見することができました。しかし、シカの食害のためか数年後には消失してしまいました。

しかし、種子を採取して累代栽培に成功しており、たつの市産のムラサキは絶滅を逃れています。

今後もたつの市産のムラサキを保全するとともに、地域の小学校などでの環境教育への活用を考えていきたいと思います。

イチゴ高設栽培を見学しました 【自然科学部】

2019年6月22日に県立赤穂高校で開催された、高等学校教育研究会生物部会西播磨支部主催の研修会に、自然科学部から3名参加しました。

内容は「イチゴの高設栽培について」です。高校教員からイチゴ農家に転職した丸尾友明氏を講師に迎えて、イチゴ栽培を例に近代的農業などについて1時間の講義を受けたのちに、農場を見学させていただきました。

講演では、イチゴは高校の教科書で長日植物の例としてとりあげられることもありますが、花芽は短日条件で形成されるなど興味深い内容を楽しく話していただきました。農場では、観光用ハウスはすでにシーズンを終えて株が抜かれていました。一方で種苗生産用ハウスでは次期シーズンの苗をとる準備がすすんでいました。親株は多数の走出枝が伸びており、すでに太郎苗(走出枝1番目の苗)は鉢上げされていました。

最後に希望者に苗を提供していただき、各自イチゴ栽培に挑戦することになりました。

施設見学の後、龍野高校自然科学部の生徒は「唐船山と周辺の海岸植物の観察」にいきました。岩場には、タイトゴメやハマナデシコ、ハマボッスなどが開花していました。また砂浜には、ハマボウフウ、ハマダイコン、ハマウド、ツルナなどが確認できました。

 

講演会[いちごの高説栽培について」

講演会[いちごの高説栽培」について

施設見学 種苗生産ハウス

施設見学 種苗生産ハウス

海岸の岩場に生育するタイトゴメ

海岸の岩場に生育するタイトゴメ

 

 

近畿大会 組み合わせ決定!! 男子バレーボール部

近畿大会の組み合わせが決定しました。

7月13日(土) ベイコム総合体育館にて

設定時間 12:45   第4試合 龍野 対 高島(滋賀県)

が初戦となります。この試合に勝つことができたなら、次は、

設定時間 15:45   第7試合 洛南(京都府)・清教学園(大阪府)の

勝者との試合になります。

今までの練習の成果を発揮し、1点でも多く取り、まずは1勝を目指して頑張りたいと思います。

ご声援、よろしくお願いいたします。

 

ソフトテニス個人男子県優勝(全国へ)&団体男女アベック近畿大会へ

5月31日~6月2日にかけてしあわせの村・吉川総合運動公園で行われた県総体ソフトテニス中央決勝大会では、それぞれが力を遺憾なく発揮し、以下の結果となりました。

<男子個人>優勝:高田・田中ペア(全国大会出場権獲得)

<男子団体>第5位(近畿大会出場権獲得)

<女子団体>第9位(近畿大会出場権獲得)

男子個人では、龍野高校としては県総体優勝という初の栄冠を手にしました。団体においては、久々の男女アベック近畿大会出場を決めました。全国大会は宮崎県、近畿大会は滋賀県で行われます。引き続き熱いご声援をよろしくお願いいたします。

IMG_1578

男子バレーボール部 2年ぶり27回目の近畿大会出場!!

第63回の県総体の結果、ベスト16に進出し、2年ぶり27回目の近畿大会出場が決まりました。

7月12日(金)~15日(月)に地元兵庫県で開催されます。

詳細は、抽選会終了後にお知らせしたいと思います。

近畿大会では、1勝を目標に日々の練習を頑張っていきたいと思います。

応援、よろしくお願いいたします。

第63回 兵庫県高等学校総合体育大会 バレーボール競技(男子)最終結果

6月8日(土) 会場:加古川市立総合体育館

5回戦

龍野 1(20-25,25-21,20-25)2 山崎

以上の結果、ベスト16となりました。フルセットまでもつれましたが、大事な場面でのプレーの精度の差が勝敗を分けました。しかし、これまでの公式戦や練習試合では、もっと大差で負けることが多かったチームが、県総体という大舞台でここまでの試合ができたことは、今後の自信にもつながっていくことと思います。次の大会に向けてまた、頑張っていきたいと思います。応援、よろしくお願いいたします。

 

女子バレーボール部 県総体5位 近畿大会出場決定!

兵庫県高校総体が2週にわたって行われました。全員一丸となって戦い、昨年に引き続き5位という結果を収めることが出来ました。3年生にとって最後の大会となる近畿大会までの1ヶ月、さらに力をつけて後悔のない試合をしたいと思います。アクシデントを乗り越えて、チームを牽引した主将の中津 舞南(3年)が優秀選手賞を受賞しました。応援ありがとうございました。

1回戦 シード

2回戦 龍野(2-1)鈴蘭台

3回戦 龍野(2-0)神戸龍谷

4回戦 龍野(2-0)赤穂

5回戦 龍野(2-0)市立神港橘

6回戦 龍野(1-2)豊岡総合

結果:第5位 (近畿大会出場)

〈優秀選手〉中津  舞南(3年)

 

食虫植物を観察にいきました 【自然科学部】

2019年6月9日(日) 食虫植物を観察するためにたつの市内の湿地にいきました。

日本国内では、食虫植物の多産する地域には、福島・群馬県(尾瀬ヶ原:特別天然記念物)、千葉県(成東・東金食虫植物群落:国指定天然記念物)、愛知県(葦毛湿原:県指定天然記念物)が有名です。

その次が兵庫県播磨地方ではないかと思います。食虫植物は、昆虫などを捕食することで、湿地などの貧栄養な環境に適応進化した植物です。兵庫県は、全国で最多数のため池があり、ため池の水中にはタヌキモの仲間が、周辺部の湿地にはモウセンゴケやミミカキグサの仲間が生育しています。

今回は、ため池周辺の湿地でモウセンゴケの仲間を観察しました。モウセンゴケは開花が始まったばかりでした。トウカイコモウセンゴケは、まだ花茎が成長途中でした。イシモチソウは開花が終わり結実していました。

同じ場所にはミミカキグサの仲間も生育していますが、一年草のため、季節的にまだ植物体が小さく確認できませんでした。サギソウの咲く夏には、三種類のミミカキグサが確認できるはずです。

ため池周辺の植物は、ため池の埋め立てなどにより減少が著しく、絶滅危惧種に指定されているものも少なくありません。播磨地方の貴重な植物群落がいつまでも残されることを願ってやみません。

モウセンゴケ 群生する様子が緋毛氈に似ている

モウセンゴケ 群生する様子が緋毛氈に似ている

1自然科学部体験館トウカイコモウセンゴケ

トウカイコモウセンゴケ 葉はロゼット状になる

1自然科学部体験館イシモチソウ

イシモチソウ 7月~3月まで、球根で長い休眠をします

 

 

 

文芸部 文芸散歩 「室津」

5/25(土)室津に行ってきました。

たつの市民病院から室津まで路線バスがないのに驚きました。仕方なく、タクシーで……。

ガイドさんとともに、室津海駅館、室津民族館、浄運寺、賀茂神社(工事中で残念でした)と半日の楽しい散策でした。

KIMG0180

室津海駅館です。ガイドさんに朝鮮通信使につて説明を受けました。

KIMG0179

室津港が見えます。

第63回 兵庫県高等学校総合体育大会 バレーボール競技(男子)途中経過

6月1日(土) 会場:神戸高等学校

2回戦 龍野 2(25-18,25-8)0 鳴尾

6月2日(日) 会場:須磨翔風高等学校

3回戦 龍野 2(25-13,25-23)0 葺合

4回戦 龍野 2(26-24,25-13)0 洲本実

6月1日より県高校総体が始まりました。苦しい試合もありましたが、生徒たちの頑張りにより現在ベスト16まで勝ち進んでいます。8日(土)は、加古川市立総合体育館にて5回戦が行われ、ベスト8をかけて同じ西播地区の山崎高校と対戦します。この1年、一番練習試合をさせていただいた学校との対戦になります。全力を出し尽くして勝利してくれることを期待して当日までの練習を頑張りたいと思います。ご声援、よろしくお願いいたします。

姫路市福泊海浜植生調査に参加しました 【自然科学部】

6月2日(日) 兵庫県高等学校教育研究会生物部会西播磨支部、兵庫県生物学会西播磨支部の共催で開催された、姫路市的形町福泊海岸の植生調査に参加しました。

福泊海岸は1998年に人工的に砂をいれて造成された人工海浜です。造成当初は植物はありませんでしたが、2002年より砂丘植物のコウボウムギやハマヒルガオなどが生育するようになり、2005年から主に西播磨地域の自然科学系クラブが植生の変化を記録しています。

今年は、龍野高校のほか、県立大附属高校、相生高校、赤穂高校、香寺高校、淳心学院など9校、31名の高校生・中学生が参加しました。

在来種の海浜植物としては、ハマヒルガオ、ハマダイコン、ハマボウフウ、ハマゴウ、コウボウシバ、コウボウムギ、ツルナ、オカヒジキが確認されました。年々少しずつ分布を広げているようですが、種類の数は昨年とおなじでした。

調査の様子については6月3日の神戸新聞に紹介されました。

福泊海岸植生調査のようす

福泊海岸植生調査のようす

連続的ベルトトランセクト法により方形区内の、植物名と被度を記録

連続的ベルトトランセクト法により方形区内の、植物名と被度を記録

 

百人一首部 全国総文・近畿総文出場決定

4月21日(日)に第43回全国高等学校総合文化祭兵庫県予選兼第39回近畿高等学校総合文化祭兵庫県予選が行われました。

3年 長谷川 誓哉 、 1年 鹿島 紗希

が県代表チームに選抜され、7/30(火)~8/1(木)に佐賀県で開催される第43回全国高等学校総合文化祭に兵庫県代表として出場することが決定しました。

また

2年 洪水 結衣、西田 莉奈、山田 健登 、 1年 鹿島 紗希

が県代表チームに選抜され、11/23(土)~24(日)に京都市で開催される第39回近畿高等学校総合文化祭に兵庫県代表として出場することが決定しました。

百人一首部 全国高校かるた選手権大会出場決定

5月6日(月・振休)に第41回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会兵庫県予選が行われました。

龍野高校が優勝し、7/19(金),20(土)実施の全国高校かるた選手権大会に、兵庫県代表として6年連続、通算16回目の出場が決定しました。

対戦記録

予選リーグ1回戦 龍野 5-0 姫路東

予選リーグ2回戦 龍野 4-1 明石

予選リーグ3回戦 龍野 2-3 姫路西

代 表 決 定 戦   龍野 3-2 篠山鳳鳴

※予選リーグで1つ落としての2位通過ながら、代表決定戦では勝ちを収め、代表の座を勝ち取りました。

兵庫県第1代表 龍野高校

女子バスケットボール部 県総体の結果

令和元年5月11日12日に行われた令和元年度兵庫県高等学校バスケットボール大会の結果をご報告いたします。

第一回戦 龍野 59(16-7 13-4 19-4 11-15)30 北須磨

第二回戦 龍野 72(20-6 19-11 24-13 9-24)54 御影

第三回戦 豊岡 55(10-19 15-16 12-10 18-8)53 龍野

豊岡戦では第2Qの途中で自チームのキャプテンが足を怪我し、残された者たちだけで戦いました。生徒たちはよく頑張り第3Qまでは約10点差でリードを保つことができました。しかし最後の豊岡高校の追い上げに圧倒され、惜しくも逆転され敗退となりました。

しかしこのチームが始動してから最も強く、最も良いチームを見ることができました。先日の西播大会の敗北と合宿での練習の賜物だと思います。そして何よりディフェンスとリバウンドを徹底して頑張ったことが二つの勝因に繋がりました。

勝てた試合を勝てなかった悔しさを決して忘れずに、これからも練習に励んでいきます。次は8月の西播大会で良い結果が出せるように頑張ります。保護者の方をはじめ、多くの方の応援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

女子バスケットボール部 合宿を行いました。

平成31年4月30日から令和元年5月2日まで、嬉野台生涯教育センターにて二泊三日による合宿を行いました。

初日は社高校、白陵高校と三校で練習試合を行い、二日目は9時から20時まで、最終日は9時から12時まで練習に励みました。最終日の昼は保護者の方が中心になってバーベキューをしていただきました。

生徒は終始楽しそうにしていましたが、さすがに筋肉痛がひどいらしく最後の方は歩くのも辛そうでした。

初めての合宿で精神的にも肉体的にも厳しい指導に三日間耐え、相当鍛えられたと思います。5月11日から始まる県総体で本領発揮してくれることを期待しています。

保護者の方、ご協力ありがとうございました。これからも応援の程よろしくお願いします。

bsk1bsk2bsk4

女子バレーボール部 西播大会 準優勝!!

4月27日(土)前期西播総合体育大会が実施されました。2月に行われた県新人大会で3位になった本校はチャレンジマッチからの出場でした。準決勝は日ノ本学園にセットカウント2対1で勝利。     決勝は姫路南高校にセットカウント0対2で負けてしまい、準優勝という結果となりました。6月の県総体に向け、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

セッターの 森 涼歌 (3年) とリベロの 衣笠 真帆(2年) が優秀選手に選ばれました。

《結果》

準決勝  龍野 2(26-24 21-25 26-24)1 日ノ本                       決 勝  龍野 0(17-25 24-26)2 姫路南

IMG_0303 (1)

 

 

 

 

男子ソフトテニス部 前期西播大会の結果

 

平成31年度前期西播大会が4月27日・28日に、赤穂海浜公園で開催されました。

〔結果〕

個人戦  高田錬・田中陸登ペア、奥平颯太・伊藤太一ペアが県大会出場権獲得

団体戦  優勝(平成2年以来)県大会出場権獲得

応援ありがとうございました。

女子バスケットボール部 前期西播大会の結果

平成31年4月20,21,27,28日に行われた、平成31年度西播高校前期総合体育大会バスケットボールの部の結果について報告いたします。

昨年度の秋の西播大会でBリーグに昇格し、Bリーグ4位で出発した今大会ですが、2勝1敗で3校が並び、得失点差によりBリーグ2位となり、約10年ぶりにAリーグとの入れ替え戦に臨みました。

Aリーグ4位の姫路南高校と対戦し、生徒たちはよく奮闘しましたが残念ながら敗退しBリーグ残留となりました。

しかし今大会でチームとしての課題、個人としての課題が浮き彫りになったのでこれを改善するように今まで以上に練習に励みます。

応援していただいた保護者の方、卒業生の方ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

30日からは2泊3日で合宿です。県総体に向けて更なるレベルアップを期待しています。

bsk1bsk2

ビオトープをつくろう

4月17日、龍野高校生による地域の生物保全活動「生物多様性龍高プラン」の一環として、課題研究「赤とんぼ復活プロジェクト班」がビオトープづくりを開始しました。今回のビオトープの設置は「たつの・赤とんぼを増やそう会」の協力により、活動場所の休耕田の一部を使用させていただいています。ありがとうございます。

赤とんぼが、減少した原因には殺虫剤の影響もありますが、産卵場所の減少も大きな影響があると考えられます。そこで、休耕田を活用してアキアカネが産卵できる場所をつくるために、棚田の畔下に小水路をつくることにしました。小水路がある場合とない場合について植生などの変化も観察する予定です。

土を掘り起こす作業中には、少し水の残っている場所からはイモリがでてきたり、水のない場所からはケラやミミズがでてきました。いろいろな生きものを次々と観察することができ、生徒たちは楽しく作業ができました。

また、ヒシモドキなど播磨の絶滅危惧植物の生息域外保全にも活用できないか検討中です。周辺にはシカの糞もみられ、食害を防ぐための対策も考えていきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケラ

2019年度春季兵庫県高等学校野球大会西播地区大会の結果③

龍野高校野球部は、4月3日(水)に春季西播大会のブロック決勝を戦ってきました。結果は、

相生産業高校  8 ー 7  龍野高校  (延長11回)

序盤から追いつ追いつかれつのゲーム展開の中、9回表に逆転されながらも、9回裏にチーム一丸となり、同点に追いつく粘りを見せました!!まだまだ課題だらけですが、この試合を通して、さらに強くなれると思わせてくれました。今日の悔しさを練習にぶつけ、県大会で良い戦いが出来るよう精進していきます!

ご声援ありがとうございました。これからも龍野高校野球部をよろしくお願いいたします。

2019年度春季兵庫県高等学校野球大会西播地区大会の結果②

3月31日(日)赤穂城南緑地公園野球場にて、県大会をかけた試合に挑みました。結果は

龍野高校 9 - 1 上郡高校  (7回コールド)

前の試合の反省を活かし、見事勝利し、県大会の出場を決めることができました。このままの勢いで、ブロック優勝を目指したいと思います。次の試合は

4月3日(水)  vs  相生産業高校  於 : ウインク球場(姫路球場)

応援よろしくお願い致します。

2019年度春季兵庫県高等学校野球大会西播地区大会の結果

3月27日に開幕した2019年度春季兵庫県高等学校野球大会西播地区大会。私たち、龍野高校野球部は3月29日(金)若鮎球場にて、初戦を戦ってきました。結果は

千種高校 4 - 10 龍野高校

粘り強く、辛抱し、勝利をつかみ取りました!!次は、県大会をかけた試合です。チーム一丸となって戦い抜きます。

3月31日(日)  vs  上郡高校  於 : 赤穂城南緑地公園野球場

 

自然科学部が鶏籠山の植生調査を開始

龍野高校では自然科学部や課題研究として「地域の生物多様性の保全   生物多様性龍高プラン」を実施しています。今年度は課題研究班の1つが、兵庫県内ではたつの市にしか生育していない絶滅危惧植物ヒシモドキをテーマに研究に取り組みました。

さらに、来年度から自然科学部で「鶏籠山の植生調査」にとりくむことにしています。たつの市だけでなく、各地でシカが増殖したため、森の草や低木が食害されています。その結果将来多くの森が失われることが考えられます。龍野高校の校歌にもうたわれる「鶏籠山」も例外ではありません。兵庫県レッドデータに登録されている貴重なコジイ群落もあります。この大切な自然を守り伝えるために、地元高校生に何ができるのか、考え行動したいと思います。

専門的な指導については、県立人と自然の博物館生物資源研究グループの支援を受けています。3月3日には、黒田有寿茂研究員より、鶏籠山についての過去の研究報告について話をしていただき、実際に鶏籠山に登り植物について解説していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人と自然の博物館「共生のひろば」でヒシモドキ班が研究発表

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月11日に兵庫県立人と自然の博物館で開催された「共生のひろば」で課題研究ヒシモドキ班が発表しました。

「共生のひろば」は、主に兵庫県内で活動する自然愛好家やアマチュア研究家が、研究発表するだけでなく、交流の場となっています。

発表者は大人だけでなく高校生や小中学生も参加し、幅広い年齢層の自然好き、生きもの好きが集まります。人と自然の博物館の研究員にも発表を聴いていただき、アドバイスを受けることができました。

当日は積雪もありましたが、会場内は終始熱気であふれていました。

 

長崎南高校(SSH)と無菌培養技術交流会

龍野高校自然科学部では、今年度より「地域の生物多様性の保全 生物多様性龍高プラン」を実施しています。

8月に神戸ポートアイランドで開催されたSSH研究発表大会で、長崎南高校の研究発表「簡易組織培養法を開発し絶滅危惧種ナガサキギボウシを救え」がきっかけとなり、自然科学部生徒の技術交流会をおこなうことになりました。

長崎南高校からは、「100円均のグッズをつかった簡易無菌培養法」の実習をしていただきました。龍野高校からは、「非耐熱性容器をつかった無菌培地の製造方法」の実習を体験していただきました。

両校では地域の絶滅危惧種の保全活動をおこなっていますが、無菌培養技術は効率的な植物増殖が可能な技術です。一般的には高価なクリーンべンチやオートクレーブが必要です。今回の技術は、設備のない小学校などでも、環境教育として地域の絶滅危惧種増殖などの活用につながる技術だと思います。お互いの技術を融合してさらなる研究の発展につながる交流会となりました。

写真は、長崎南高校の技術による、キクの花弁の組織培養です。成功率が9割程度と効率よくカルスの形成に成功しました。また、一部はすでに根の分化がはじまっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

2019年度春季兵庫県高等学校野球大会西播地区大会の組み合わせが決定!

日増しに暖かさを感じる今日この頃。長い冬のオフシーズンがいよいよ明け、龍野高校野球部も春の大会に向け、本格的に動き出しました。

さて、3月27日(水)に開幕します、春季西播大会の組み合わせが決まりました。初戦は、

3月29日(金) vs 千種高校  10:00~ 於 : 若鮎球場 (佐用町)

に決まりました。大事な初戦です。秋の悔しさをバネに個々が課題に向き合い、努力を重ねてきた成果を試合にぶつけていきたいと思います。ご声援よろしくお願いいたします。

男子ソフトテニス部 ハイスクールジャパンカップ(シングルス)出場権獲得

ハイスクールジャパンカップソフトテニス2019 兵庫県予選大会(シングルス)が2月2日に、神戸総合運動公園で開催されました。

本校からは、高田錬と田中陸登の2名が出場しました。

〔結果〕

田中陸登 ベスト8

高田錬  優勝

 

2名とも3月に開催される兵庫県シングルス選手権大会の出場権を獲得しました。

また優勝した高田錬は、6月に北海道札幌市で開催されるハイスクールジャパンカップソフトテニス2019に兵庫県代表として出場します。

応援ありがとうございました。

 

サッカー部 2019西播リーグが開幕!(2~7月)

2月9日(土)に高円宮杯U-18兵庫県西播リーグが開幕しました。
定期考査、県高校総体の期間を除いて、2月から7月までの毎週末に試合が行われます。
本校は2部リーグで全14節を戦い、1部リーグ復帰を目指します。
開幕戦の琴丘B戦では、前半にコーナーキックから先制点を奪うも、後半にカウンターから攻め込まれて失点し、1-1で引き分けました。

第1節 2月9日(土) 龍野 1-1 琴丘B (琴丘高校グランド)
第2節 2月17日(日) 龍野 - 相生産 (東洋大姫路グランド)
第3節 3月17日(日) 龍野 - 東洋大姫路B (東洋大姫路グランド)
第4節 3月27日(水) 龍野 - 県立大附 (龍野高校グランド)
第5節 3月30日(土) 龍野 - 相生 (龍野北高校グランド)
第6節 4月6日(土) 龍野 - 姫路東A (姫路東高校グランド)
第7節 4月14日(日) 龍野 - 姫路西 (龍野高校グランド)
第8節 4月20日(土) 龍野 - 琴丘B (龍野高校グランド)
第11節 6月1日(土) 龍野 - 県立大附 (赤穂高校グランド)
第9節 6月9日(日) 龍野 - 相生産 (姫路別所高校グランド)
第10節 6月16日(日) 龍野 - 東洋大姫路B (東洋大姫路グランド)
第13節 7月13日(土) 龍野 - 姫路東A (太子高校or光都サッカー場)
第14節 7月21日(日) 龍野 - 姫路西 (姫路西高校グランド)
第12節 7月25日(木) 龍野 - 相生 (相生高校グランド)

190209league (3) 190209league (63) 190209league (87)

女子バレーボール部 兵庫県新人バレーボール選手権大会 第3位

2月2日(土)~4日(月)の3日間、兵庫県新人バレーボール選手権大会が開催されました。今年度最後の大会でしたが、全員一丸となって戦うことができ3位に入賞しました。応援ありがとうございました。森涼歌、森本千尋が優秀選手賞を受賞しました。
1回戦 シード

2回戦 勝利
龍野 25-11 八鹿
25- 9
3回戦 勝利
龍野 19ー25 高砂
25-21
25-22
4回戦 勝利
龍野 17ー25 豊岡総合
25-18
28-26
準決勝
龍野 19-25 氷上
20-25
3位決定戦 勝利
龍野 34-32 日ノ本
25-17

unnamed (5) FullSizeR

 

女子バスケットボール部 県新人大会の結果

2月2日(土)に行われた第71回兵庫県高等学校新人バスケットボール選抜優勝大会の結果を報告いたします。

1回戦 龍野 53(10-26 15-4 12-9 16-19)58 長田

第1Qの立ち上がりが非常に悪く、ディフェンスの戻りも遅かったため26点もの得点を与えてしまいました。後半の途中では一時逆転したものの、最終的には相手のエースを止められず負けてしまいました。

試合の入り方、戦っていく中での分析力を鍛えなおして、春の西播大会へ繋げたいと思います。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

女子バスケットボール部 西西播大会 準優勝

1月12日(土)13日(日)に行われた西西播大会の結果をご報告いたします。

一回戦 シード

二回戦 対 山崎高校  115対43で勝利

準決勝 対 太子高校  61対55で勝利

決 勝 対 相生高校  46対59で敗北

秋の西西播大会での悔しさをバネに、優勝を目指して生徒たちは頑張りましたが、またしても準優勝という結果に終わりました。Aリーグに昇格するためにはさまざまな課題を乗り越えていかなければならないと実感できたので、日々の練習をさらに集中して取り組んでいきます。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

IMG_0924

女子バスケットボール部 県新人西播地区二次予選の結果

12

12月23日(日)に2月2日から開催される県大会(新人選抜優勝大会)への出場をかけて、1試合を戦い勝利し、県大会の出場権を獲得しました。

これにより新チーム始動から一年間の目標であった、Bリーグ昇格と、年三回の県大会にすべて出場することが達成でき、生徒達も大変喜んでいます。

しかし、現状に満足することなく、前回の県大会で果たせなかったベスト16以上を目指して練習に励んでいきます。

ご声援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

文芸部 第42回兵庫県総合文化祭 文芸部門発表会の結果について

 

文芸部誌部門 優秀賞 『飛龍乗雲」

詩部門 優秀賞 衣笠詩乃

散文部門 入選 松本瑞樹

   今年度も部誌部門『飛龍乗雲』で優秀賞(県2位)をとることができました。龍野高校の部誌は手作りで部員たちが工夫を重ね、300ページからなるものになっています。創作小説・詩・俳句だけでなく、研究論文・書評闘争(ビブリオバトル)・紀行文と内容も充実してきました。来年度は最優秀賞を目指して、部員一同頑張ります。

 

 

OBの方よりボールを寄贈していただきました。(野球部)

11月16日に、高19回生の三木文夫氏より野球部へ練習用ボール80ダースを寄贈していただきました。先輩の在学中、野球部員は、ボールの糸を繕いながら皮が擦り切れるまで使っておられたそうです。野球部一同しっかり練習し、大会で良い結果を残したいと思います。

寄贈ありがとうございました。御礼申し上げます。野球部

研究者にインタビューしました。(自然科学部コンピュータ班)

夏季休業中の8月1日に理化学研究所計算科学研究センター(京コンピュータ)の西澤誠也研究員にインタビューをしてきました。

その結果が「計算科学の世界」に掲載されました。やはり、世界と戦う京コンピュータ(ポスト京)は、凄かったです。

EPSON MFP image

「計算科学の世界」

女子バスケットボール部 西播大会 Bリーグ昇格!

11月17日~24日に行われた後期西播大会の結果をお知らせします。

hyou

リーグ戦ではどの試合も20点以上の点差をつけて勝つことができました。

これによりCリーグ1位となり、Bリーグ4位の姫路西高校と入れ替え戦を行いました。

hyou2

入れ替え戦ではリズムが掴めない場面が多々ありましたが、生徒たちの粘り強いプレーにより勝ち切ることができました。夏の入れ替え戦ではあと一歩のところで昇格を逃し、悔しい思いをしたので、生徒、顧問、そして保護者の方々と喜びを分かち合うことができました。

これからもさらなるレベルアップを目指し、練習に取り組んでいきます。ご声援ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

女子バスケットボール部 県大会ベスト32

10月27日(土)に行われた平成30年度全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)兵庫県予選の結果を報告いたします。

1回戦 龍野 66(12-13 18-18 16-13 20-17)61 社

2回戦 西宮北 70(14-15 27-16 15-13 14-18)62 龍野

初戦の社戦では、シーソーゲームが最後まで続きましたが、終盤の3Pが連続で決まり勝利を収めることができました。

接戦が苦手なチームだったので、今回勝つことができとても良い経験になりました。

二戦目の西宮北戦では持ち前のプレーがなかなか出来ず、勝てばベスト16でしたが惜敗に終わりました。

しかし、ベスト16の壁はそこまで高くないと感じることが出来たので、次の新人戦ではしっかり出場権を獲得し、ベスト16以上を目指して頑張ります。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

女子バスケットボール部 西西播大会 準優勝

10月6日(土)7日(日)に行われた西西播大会の結果をご報告いたします。二回戦までは佐用高校で、準決勝と決勝は本校で行われました。

一回戦 対 山崎高校  84対44で勝利

二回戦 対 太子高校  76対37で勝利

準決勝 対 上郡高校  69対43で勝利

決 勝 対 相生高校  40対46で惜敗

決勝の第1Qでは20対6で勝っていたものの、第2Qから疲労が溜まっていたのかシュートがなかなか入らなくなり、流れを掴みきることができずに負けてしまいました。優勝を目指して生徒たちは頑張りましたが、準優勝という結果に終わりました。

しかし、去年の覇者太子高校を破ることができたのは大きな成果だったと思います。生徒たちも集中力が高く気合いが入っていました。1月の西西播大会では優勝を目標に練習に励んでいきます。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

IMG_0924

文芸部 文芸散歩に行ってきました。

10月21日(土)、龍野城周辺の文芸散歩に行ってきました。龍野城を始め、龍野歴史文化資料館、三木露風の生家、離れ家などを見学しました。各場所でのおじさんたちの説明がおもしろく聞き入ってしまいました。私たちが日々通っている高校の近くに残された風情ある町並みに歴史を感じることができました。気持のよい秋晴れの中、播磨の小京都龍野を満喫できた文芸散歩でした。

IMG_1879

龍野城で変身

IMG_1883 爽やかさ満喫

女子バスケットボール部 二次予選の結果

219月9日(日)に10月28日から開催される県大会(ウインターカップ兵庫県予選)への出場をかけて、2試合を戦いました。

結果は2試合とも勝利し、県大会の出場権を獲得しました。

夏の西播大会の入替戦で敗れた悔しさをバネに、これまで努力した結果が出たと思います。

生徒たちの集中力も高く、前回の反省点を改善し、良いプレーがたくさんありました。

ご声援ありがとうございました。まだまだ未熟な点が多々あるので、気を引き締めて練習に励んでいきます。