カテゴリー別アーカイブ: 部活動

サッカー部 西播リーグ最終節

9月21日(月)、西播リーグ第7節(最終節)が行われました。龍野Aは、接戦を制して勝利し、西播2部リーグを6勝1分けの1位で締めくくりました。龍野Bは試合終了直前に同点ゴールを決めて引き分けとし、西播3部Aリーグを2勝2敗3分けの4位で終えました。

【第7節】 9月21日(月)
 龍野A 2-0 福崎 (播磨光都サッカー場)
 龍野B 2-2 太子 (播磨光都サッカー場)
【第6節】 9月20日(日)
 龍野A 4-0 市姫路 (市姫路高校)
 龍野B 1-1 淳心 (市姫路高校)
【第5節】 9月12日(土)
 龍野A 1-1 姫路工 (播磨光都サッカー場)
 龍野B 1-3 相生 (播磨光都サッカー場)
【第4節】 9月5日(土)
 龍野A 2-0 エストレラ姫路B (相生高校)
 龍野B 2-0 姫路東B (市姫路高校)
【第3節】 8月29日(土)
 龍野A 2-0 姫路飾西 (姫路東高校)
 龍野B 0-1 市川 (琴丘高校)
【第2節】 2月15日(土)
 龍野A 6-1 佐用 (赤穂海浜SC)
 龍野B 1-0 姫路別所 (網干高校)
【第1節】 2月8日(土)、9日(日)
 龍野A 3-1 琴丘B (琴丘高校)
 龍野B 0-0 東洋大姫路B (播磨光都サッカー場)

サッカー部 西播リーグ第6節

9月20日(日)、西播リーグ第6節が行われました。龍野Aは、立ち上がりから動きがよく、前半5分までにゴール前の競り合いから2得点し、4-0で勝利しました。龍野Bは劣勢ながらも、カウンターから同点ゴールを挙げ、1-1で引き分けました。

【第6節】 9月20日(日)
 龍野A 4-0 市姫路 (市姫路高校)
 龍野B 1-1 淳心 (市姫路高校)
【第5節】 9月12日(土)
 龍野A 1-1 姫路工 (播磨光都サッカー場)
 龍野B 1-3 相生 (播磨光都サッカー場)
【第4節】 9月5日(土)
 龍野A 2-0 エストレラ姫路B (相生高校)
 龍野B 2-0 姫路東B (市姫路高校)
【第3節】 8月29日(土)
 龍野A 2-0 姫路飾西 (姫路東高校)
 龍野B 0-1 市川 (琴丘高校)
【第2節】 2月15日(土)
 龍野A 6-1 佐用 (赤穂海浜SC)
 龍野B 1-0 姫路別所 (網干高校)
【第1節】 2月8日(土)、9日(日)
 龍野A 3-1 琴丘B (琴丘高校)
 龍野B 0-0 東洋大姫路B (播磨光都サッカー場)

女子バスケットボール部 地区予選の結果

令和2年9月13日(日)に令和2年度 全国高校選手権大会県予選西播地区予選がありました。

姫路別所 71(14-21 25-11 15-10 17-9)51 龍野

勝てば県大会出場という大事な試合でしたが、普段の練習や練習試合で取り組んできたことが十分に発揮できず、また、リズムが悪いときに簡単なシュートを決め切れず、最後まで自分たちのペースで試合を展開することができませんでした。

もう一度チームとしての目標・理想を掲げ、チーム全員で共通認識を持ち、目的を理解しながら練習に臨むことの大切さを知りました。まだ公式戦で一度も勝てていない未熟なチームですが、11月の西播大会でBリーグ優勝、そしてAリーグに昇格できるように、約2か月間鋭意努力して参ります。これからも応援の程よろしくお願いします。

サッカー部 西播リーグ第5節

9月12日(土)、西播リーグ第5節が行われました。今節は龍野A、龍野Bともに播磨光都サッカー場で試合を行いました。 龍野A はたびたびチャンスを作るものの1得点にとどまり、引き分けました。龍野Bは全員が1年生のフレッシュなチームですが、体力面、技術面ともに発展途上であり、一時同点に追いつく粘りを見せたものの惜敗しました。

【第5節】 9月12日(土)
 龍野A 1-1 姫路工 (播磨光都サッカー場)
 龍野B 1-3 相生 (播磨光都サッカー場)
【第4節】 9月5日(土)
 龍野A 2-0 エストレラ姫路B (相生高校)
 龍野B 2-0 姫路東B (市姫路高校)
【第3節】 8月29日(土)
 龍野A 2-0 姫路飾西 (姫路東高校)
 龍野B 0-1 市川 (琴丘高校)
【第2節】 2月15日(土)
 龍野A 6-1 佐用 (赤穂海浜SC)
 龍野B 1-0 姫路別所 (網干高校)
【第1節】 2月8日(土)、9日(日)
 龍野A 3-1 琴丘B (琴丘高校)
 龍野B 0-0 東洋大姫路B (播磨光都サッカー場)

サッカー部 西播リーグ第4節

9月5日(土)、西播リーグ第4節が行われました。暑熱対策で16時45分にキックオフし、試合終了は夕暮れの18時20分頃になりました。試合は前半から集中したプレーを続け、前半に挙げた2得点を守り切り、勝利することができました。

【第4節】 9月5日(土)
 龍野A 2-0 エストレラ姫路B (相生高校)
 龍野B 2-0 姫路東B (市姫路高校)
【第3節】 8月29日(土)
 龍野A 2-0 姫路飾西 (姫路東高校)
 龍野B 0-1 市川 (琴丘高校)
【第2節】 2月15日(土)
 龍野A 6-1 佐用 (赤穂海浜SC)
 龍野B 1-0 姫路別所 (網干高校)
【第1節】 2月8日(土)、9日(日)
 龍野A 3-1 琴丘B (琴丘高校)
 龍野B 0-0 東洋大姫路B (播磨光都サッカー場)

サッカー部 西播リーグ第3節

8月29日(土)に、2月以降中断されていた西播リーグが再開されました。全14節が全7節に短縮され、9月下旬まで毎週末、激戦を繰り広げます。

【第3節】 8月29日(土)
 龍野A 2-0 姫路飾西 (姫路東高校)
 龍野B 0-1 市川 (琴丘高校)
【第2節】 2月15日(土)
 龍野A 6-1 佐用 (赤穂海浜SC)
 龍野B 1-0 姫路別所 (網干高校)
【第1節】 2月8日(土)、9日(日)
 龍野A 3-1 琴丘B (琴丘高校)
 龍野B 0-0 東洋大姫路B (播磨光都サッカー場)

ESS部の2年生3人が校長室へ取材

 8月19日、放課後 ESS部の顧問の先生と、2年生女子生徒3人が校長室を訪れました。「失礼します。校長先生に質問したいのですが」と少々の緊張と遠慮気味な雰囲気で入室。ESS部とあって、私は、「Please、make yourself at home」(リラックスしてくつろいでね。)と第一声。校長室は明るい笑顔と爽やかな空気に満ちあふれました。『良かった。簡単なフレーズだけれど、伝わって、リラックスしてくれた』と私の心は嬉しくなりました。用件は、新しいALTの先生の着任を歓迎し、その先生に龍高の先生方を良く知ってもらって、着任の緊張がほぐれ、異国の地の生活に1日でも早く慣れてもらうために、今年も手作りの学校紹介パンフレットを作成するとのことでした。そして、それをプレゼントしたいので、質問させて欲しいという内容でした。私は、ESS部のおもてなしの心や気配りに心打たれ、心は温かい気持ちでいっぱいになりました。プレゼントされた先生は、さぞかし嬉しいし、最初のもらい物できっと宝物になるだろうと想像できたからです。いくつかの質問に答えました。私の心はウキウキし嬉しさのあまり、多弁になり、聞かれてもいないことまでも話しました。顧問の先生や生徒たちの放課後の貴重な時間を頂いて申し訳ないと思いましたが、時間を気にしなくても良い状況が分かったので、校長室を訪問してくれた生徒には、夢を語ってもらいたいと(前任校で『校長室で夢語ろう』という企画をしていました。)お願いすると、3名のESS部の1人目は、「英語の教師になりたいです。」2人目は、「今、しっかりと考えています。」3人目が「翻訳家になりたいです。」とそれぞれが、躊躇せずに答えてくれました。また、3人の生徒のなかには、私の無駄話の相づちで、共感的傾聴態度を示し、「私も同感です」と発言し、大いに校長室は盛り上がり、私は一層楽しくなりました。いろんな話題に発展した約20分の時間を顧問の先生、ESS部の2学年女子生徒と校長室で共有できました。生徒たちのおもてなしの心、そして手作りパンフレット、プレゼントされたALTの先生の喜ぶ姿を想像して、とても幸せな気持ちに校長室は包まれました。顧問の先生、ESS部の2年生女子生徒3人の皆さん、本当にありがとうございました。

校長 前田 達也

女子バスケットボール部 西播大会(入れ替え戦)の結果

令和2年8月10日(月)に入れ替え戦が行われました。

残念ながら力及ばずBリーグ降格となりました。この悔しい気持ちを忘れずに、基礎練習から始めていきたいと思います。保護者の方をはじめ、応援してくださった方ありがとうございます。9月にはウインターカップの予選があり、この試合で力強いプレーができるように邁進してまいります。これからもよろしくお願いします。

女子バスケットボール部 西播大会の結果

令和2年8月1日(土)2日(日)に令和2年度 兵庫県高等学校総合体育大会 代替大会が行われました。

昨年度の秋の西播大会でAリーグに昇格した私たちはAリーグ5位からのスタートになりました。

8月1日(土)

8月2日(日)

2日間で4試合という過酷なスケジュールの中、選手たちはよく頑張り奮闘しましたが、3年生の残る相手、また能力の勝る相手チームに歯が立たず、残念ながら全試合敗北してしまいました。

今回の試合でさまざまな課題が浮き彫りになったので、この結果を謙虚に受け止め、より一層基礎を大切に練習に励んでいきます。8月10日(月)にはBリーグ1位との入れ替え戦が行われます。今後に繋がる良いゲームが出来るように頑張ります。今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

サッカー部 代替大会4回戦の結果

兵庫県高校総体サッカー競技の代替大会は4回戦で惜しくも敗退しました。他校は先発メンバーのほとんどを3年生が占める中、本校は3年生1名だけの2年生主体のメンバーで勝ち進んでいきましたが、最後は4回戦(ベスト32)で力尽きました。無観客試合のため、会場に入れなかった保護者や関係者の皆様、陰ながらの応援、ご協力ありがとうございました。

【4回戦】
 龍野 0-3 三木北 (場所:神戸高塚高校グランド)
【3回戦】
 龍野 1-0 豊岡総合 (場所:飾磨高校グランド)
【2回戦】
 龍野 4-0 福崎 (場所:飾磨高校グランド)
【1回戦】
 龍野 5-1 県立大附 (場所:飾磨高校グランド)

サッカー部 代替大会2回戦の結果

兵庫県高校総体サッカー競技の代替大会2回戦が7月18日(土)に行われました。1回戦とは一転して、晴天の中、 熱い戦いが繰り広げられ、前半に挙げた得点を守り切り、勝利することができました。

2回戦 龍野 4-0 福崎 (場所:飾磨高校グランド)

1回戦 龍野 5-1 県立大附 (場所:飾磨高校グランド)

サッカー部 代替大会1回戦の結果

兵庫県高校総体サッカー競技の代替大会が7月11日(土)に開幕しました。2週間前から健康チェックを行い、当日も無観客、会場に入れる選手の制限、試合間の時間確保など、多くのコロナ感染対策を行った上で、試合は開始されました。途中、雨足が強くなる時間もありましたが、最後まで戦い抜き、1回戦を突破することができました。

1回戦 龍野 5-1 県立大附 (場所:飾磨高校グランド)

吹奏楽部ミニ・コンサートを開催

コロナウィルス蔓延の影響で、今年は定期演奏会も開催できず、コンクールも中止となった。3年生は例年、定期演奏会か、夏のコンクールで引退をしていたが、今年は何もできないので、一区切りをつけるため、またこれまで共に活動してきた2年生と最後の合奏をすることにした。マーチ、ポップス「イン・ザ・ムード」、「学園天国」と3曲だけの演奏であったが、在校生も3年生を中心に聞きに来てくれて、普段はしない「思い出」になった。

兵庫県野生絶滅種 ムラサキが開花

 龍野高校では地域の生物多様性の保全を目的とした「生物多様性龍高プラン」に取り組んでいます。地域の絶滅危惧植物の生息域外保全もその一つです。

兵庫県では野生絶滅した希少植物ムラサキの生息域外保全もおこなっており、先日から白い花を咲かせています。

 ムラサキの根(紫根)は、古来高貴な人物が身に着ける衣類などの染料として利用されていました。聖徳太子が制定した冠位十二階の最高位(大徳・小徳)の役職を意味する冠の色も紫でした。

茜(あかね)さす、紫野(むらさきの)行き 標野(しめの)行き 野守(のもり)は見ずや 君が袖振る

 万葉集、額田王の歌ですが、当時もムラサキは希少な植物だったようです。この歌のムラサキの生育地は天皇の領地で、見張りの番人がおり一般人は生育地に立ち入ることが禁止されていたことがわかります。

 現在は、化学染料の普及により「紫染」は見かけることがなくなりましたが、ドラッグストアには紫根を成分とする「紫雲膏」が販売されています。この薬は江戸時代の医師、華岡青洲が発明しました。彼は全身麻酔薬も発明し、世界で初めて全身麻酔による乳癌の外科手術を成功させたことで知られています。

 日本国内外の医療従事者や研究者が、新型コロナウイルス感染者の治療や新薬の開発に尽力する日々が続いています。過去においても、華岡青洲のような研究熱心な医師がおり、彼の開発した薬が現在も市販されていることに畏敬の念を持たずにおれません。

本校で生息域外保全しているムラサキは、2006年にたつの市で発見されたムラサキの系統株です。生育地ではシカの食害のためか野生絶滅してしまいました。

第15回共生のひろば研究発表会 【課題研究・自然科学部】

2020年2月11日(火)兵庫県立人と自然科学館において、「共生のひろば」研究発表会が開催されました。龍野高校からは課題研究2班(カイワレ班・赤トンボ班)が、自然科学部から1班が参加しました。

この研究発表会は、主に兵庫県下で活動する、アマチュアの研究家や研究グループが研究成果をポスターやプレゼンソフトをつかって発表します。

小学生から、研究歴数十年のベテランまで幅広い年齢層の参加者があり、大変盛況でした。

 人と自然の博物館研究員による審査の結果、カイワレ班が「館長賞」を受賞をすることとができました。

発表テーマ

 低圧・高二酸化炭素条件下における、カイワレダイコンの生長と遮光時間の関係   (課題研究カイワレ班)

赤トンボ復活プロジェクト 放棄水田を利用した田園生態系の復元 (課題研究赤トンボ班)

モウセンゴケは菜食家だった?!  (自然科学部生物班)

低圧・高二酸化炭素条件下におけるカイワレダイコンの生長と遮光時間の関係


赤トンボ復活プロジェクト


モウセンゴケは菜食家だった?(ポスター発表)


モウセンゴケは菜食家だった?!(口頭発表)

サッカー部 2020西播リーグ開幕

高円宮杯U-18サッカーリーグ2020兵庫県西播リーグが2月8日(土)に開幕しました。今シーズン、龍野高校サッカー部は部員数が多いため、龍野Aと龍野Bの2チームをエントリーし、龍野Aは2部リーグで全14試合、龍野Bは3部リーグで全15試合を戦い、上位リーグ昇格を目指します。

第1節
 2月8日(土) 龍野B 0-0 東洋大姫路B
 2月9日(日) 龍野A 3-1 琴丘B
第2節
 2月15日(土) 龍野B 1-0 姫路別所
 2月15日(土) 龍野A 6-1 佐用

女子バレーボール部 兵庫県新人大会  試合結果

 2月1日(土)、2日(日)、今年度最後の公式戦である兵庫県高等学校バレーボール新人大会が県立総合体育館で行われました。2回戦の相手は12月の西播大会で対戦し、フルセットで負けた姫路商業高校でした。抽選で再度対戦することが決まった後は、高い打点からの強打に対応するために、ブロックとレシーブの強化に努めました。当日、1セット目はシーソーゲームとなりましたが、最後まで諦めずにボールを追い、25対23で勝利しました。2セット目は出だしから自分たちのペースで試合が進み、セットカウント2-0で勝利することができました。3回戦は1月の春の高校バレー全国大会に出場した兵庫県最強チームの氷上高校と対戦しました。速いバレーに全く対応できませんでしたが、良い経験となりました。4月の公式戦に向けて、この冬しっかり力をつけていきたいと思います。保護者の皆様、遠くまで応援ありがとうございました。 

〈結果〉     

1回戦 シード

2回戦 龍野(2-0) 姫路商業

3回戦 龍野(0-2) 氷上

結果:ベスト16  

女子バスケットボール部 県新人大会の結果

2月1日(土)に行われた第72回兵庫県高等学校新人バスケットボール選抜優勝大会の結果を報告いたします。

1回戦 龍野 57(8-34 23-17 12-17 14-23)91 加古川南

第1Qの立ち上がりが非常に悪く、ディフェンスの戻りも遅かったため34点もの得点を与えてしまいました。

一からディフェンスを中心に鍛えなおして、春の西播大会へ繋げたいと思います。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

第65回 兵庫県バレーボール高等学校男子女子新人大会 結果 男子バレーボール部

2月1日(土)
 1回戦 龍野 2(25-13、25-14)0 豊岡
2月2日(日)
 2回戦 龍野 0(18-25、17-25)2 姫路工業
 
 今年度の最後の大会が終了しました。結果は、2回戦敗退となりましたが、生徒たちは持てる力をしっかりと発揮してくれたと思います。
 しかし、もう一つ上のステージに行こうとするならば、体力面、技術面、精神面のさらなる成長が必要不可欠であると生徒たちも感じてくれたことと思います。
 4月の前期西播大会までしばらく公式戦はありませんが、この間に一人一人が成長し、一回りも二回りも逞しくなり大会を迎えられるようチーム一丸となって日々の練習に取り組んでいきたいと思います。
 ご声援ありがとうございました。今後も龍野高等学校男子バレーボール部の応援をよろしくお願いいたします。

水泳部 赤穂市室内水泳競技大会の結果

2月2日(日)に開催された第27回赤穂市室内水泳競技大会(旧三都市有効大会)に出場しました。この大会はオープン参加の大会で、赤穂市・明石市・淡路市を中心に該当自治体の高校・中学・スイミングスクールはもちろん、その周辺の自治体の団体が出場し、今年度は鳥取県の高校も参加していました。

この大会で水泳部の選手3名が、4種目において表彰されました。

一般男子200m個人メドレー 第1位 伊野 凌聖

一般男子200m背泳ぎ    第2位 伊野 凌聖

一般男子100m自由形    第2位 須藤 尚之

一般女子100m平泳ぎ    第2位 佐伯 桜

表彰されなかった生徒も、日々の練習の成果を発揮し良い泳ぎをしたと思います。悔しい思いをした生徒もいますが、これをばねに次につなげてくれると思います。

この水泳部では、近畿大会の記事以降本大会まで、

〇11月3日~4日「第33回兵庫県ジュニアスイマーズミート秋季大会(尼崎スポーツの森屋内プール)」

〇11月10日「第13回秋季姫路室内選手権水泳競技大会(姫路市立総合スポーツ会館・記録の公認のみ)」

〇12月22日「第12回兵庫県高等学校対抗冬季水泳競技大会(尼崎スポーツの森屋内プール)」

で、それぞれの選手が自己ベスト更新を目指して挑戦してきました。

今年度の大会はこれで終わりましたが、来年度良いスタートを切るために、努力と錬磨を続けていきます。今年度も水泳部を応援していただき、ありがとうございました。

女子バスケットボール部 冬季西々播大会 優勝!

令和2年1月11、12日に行われた西々播大会の結果をご報告いたします。

一回戦  シード

二回戦  対 佐用    92対45 で勝利。

準決勝  対 県立大附属 89対24 で勝利。

決 勝  対 太子    75対37 で勝利。

どの試合においても立ち上がりが良く、集中して試合に取り組めました。全試合を全選手が出場し、チーム一丸となって勝ち取れた優勝でした。優秀選手として本校の二年生が二名選ばれました。これで満足するのではなく、更なる成長を目指し、2月に行われる県新人選抜大会に生かしてくれればと思います。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

令和元年度兵庫県高校生英文エッセーコンテスト最優秀賞受賞!

11月16日(土)に加古川東高校にて行われた「令和元年度第22回兵庫県高校生英文エッセーコンテスト」において、本校2年生の高見恵理夏さんが高校2・3・4年生の部で最優秀賞を受賞しました。最優秀賞は一人だけしか受賞できないもので、いわゆる第1位です。龍野高校は優秀賞や佳作は過去にも受賞経験はありますが、最優秀賞となるとコンテストが始まって以来初の快挙です。今後の活躍にも期待しています。

令和元年度 後期西播高等学校総合体育大会 バレーボール競技 男子の部 結果

1回戦 龍野 2(25-11、25-8)0 相生産

2回戦 龍野 2(25-21、25-22)0 市川

準決勝 龍野 0(16-25、27-29)2 姫路工

3位決定戦 龍野 1(25-21、20-25、13-25)2 飾磨工

以上の結果、第4位となり、優秀選手に2年生の前田怜聖君が選ばれました。

また、2月に行われる県新人大会の出場権も獲得しました。

大会を通じて、好不調の波が激しくなかなか自分たちのリズムを作ることができなかったこと、また、イージーミスや勝負所でのミスが目立ったように思います。今大会の反省点を意識しながら練習に励み、県大会ではベストパフォーマンスが発揮できるよう頑張っていきたいと思います。ご声援よろしくお願いいたします。

             

令和元年度 龍野高校 第2回かるた教室

令和元年12月26日に、本校にて、たつの市内の小・中学生を対象に「かるた教室」を開催しました。

午前の部と午後の部に分けて行い、それぞれ約20名の参加がありました。

参加いただいた小・中学生は、半日ですが、競技かるたを楽しみました。

何人かは、高校生と対戦してもらいました。

1日だけでしたが、ずいぶん上達しました。

かるた教室の一コマ

甲南大学リサーチフェスタで、本校2チームが入賞 【課題研究・自然科学部】 

12月22日(日)に甲南大学岡本キャンパスで、「甲南大学リサーチフェスタ2019」が開催されました。本校からは、課題研究4班と自然科学部1班が参加しました。

リサーチフェスタは、理系・文系の分野を問わず、高校生と大学生、大学院生が集まり、自分たちの「調査活動」や「研究成果」について、ポスター形式で発表、議論する甲南大学独自のイベントです。発表を通してさまざまな参加者と交流することで、探究活動の進め方や効果的な発表方法などを学ぶことができます。高校生から190グループ、大学生・大学院生から67グループの研究発表がありました。多種多様な研究テーマで興味深い研究も多くありました。

龍野高校の発表では2班が入賞することができました。

総合評価

審査員特別賞: 最優秀賞に次ぐ、優秀な発表を行った(2位~6位相当)

課題研究 赤トンボ班   タイトル 「 赤トンボ復活プロジェクト 休耕田を活用した田園生態系の復元 」

部門別評価

ビッグデータ賞 : たくさんの調査結果、実験データ、引用等を用いて研究した

アトラクティブプレゼンテーション賞 : 聞き手の印象に残る優れたプレゼン技法で発表を行った

課題研究 ダイラタンシー班 (ダブル受賞)  タイトル 「 ダイラント流体の不思議な性質 」

甲南大学の先生方・学生のみなさん、このような発表・交流の機会をつくっていただきありがとうございました。

「赤トンボ復活プロジェクト」

「赤トンボ復活プロジェクト」

「ダイラント流体の不思議な性質」

「ダイラント流体の不思議な性質」

「風力発電をもっとよりよいものへ」

「風力発電をもっとよりよいものへ」

「海水淡水化装置の開発」

「海水淡水化装置の開発」

「モウセンゴケは菜食家だった?!」

「モウセンゴケは菜食家だった?!」

 

 

 

 

 

 

令和元年度 五国SSH連携プログラム を実施しました。

12月21日(土)に、岡山理科大学理学部より中本敦先生をお迎えして、五国SSHプログラムを実施しました。兵庫県内の4校より13名の高校生が参加し、午前中は講義、午後からは実習を行いました。

午前中の講義では、「動物と植物の関係(共進化)について」と題して、植物がどのようにして花粉媒介や種子散布を行っているかを講義いただきました。また、先生が専門としておられる「オオコウモリ」などの動物の行動や生態についても興味深いお話をしていただきました。
DSC_0057軽い

DSC_0058軽い

午後からは、本校に隣接する「白鷺山」周辺を散策し、動物の糞などを採集しました。

DSC_0067軽い

DSC_0069軽い

採集した糞を実験室に持ち帰り、糞分析とその中に含まれる植物の種子などの同定を行いました。

DSC_0082軽い

DSC_0085軽い

糞の中には種子だけでなく、果実の果皮や甲虫、生物の一部などが含まれており、白鷺山周辺に存在する植物および生息する動物の関係について、そのつながりを考えさせられました。

「生物多様性龍高プラン」が広報たつので紹介されました 【自然科学部・課題研究】

「広報たつの12  2019.12.10 No.341」 の 「たつの市の自然を守る仲間たち」 のコーナーで、本校でとりくんでいる地域の生物多様性保全活動「生物多様性龍高プラン」が紹介されました。

http://www.city.tatsuno.lg.jp/kouhohisho/documents/2019_12alls_20-21.pdf

たつの市で、自然環境の保全に取り組む団体が、6月より偶数月の「広報たつの」で紹介されています。

「たつの」市の自然を守る仲間たち」では、本校がビオトープの造成で協力していただいている「たつの・赤トンボを増やそう会」など、12の団体や個人が登録されており、今後も順次紹介される予定です。

たつの市の守る仲間たち(龍野高校)

 

 

 

第39回近畿高等学校総合文化祭

百人一首部が、兵庫県選抜チームとして11月23,24日に開催された、第39回近畿高等学校総合文化祭京都大会 小倉百人一首かるた部門 に参加してきました。
メンバーの半数を本校生徒が占める兵庫県チームですが、参加9府県10チームの中で準優勝という輝かしい成績を収めることができました。
決勝戦では強豪福井県にあと一歩及びませんでしたが、実力以上の力を発揮して大健闘しました。

また、この結果を受けて、3月に行われる「第15回全国高校生かるたグランプリ」の近畿地区代表に選ばれました。

対戦結果:
1回戦 4-1徳島県
2回戦 5-0鳥取県
3回戦 3-2大阪府
4回戦 4-1京都府
決勝戦 2-3福井県

令和元年度 秋季西播高等学校バレーボール優勝大会 試合結果 男子バレーボール部

11月23日(土)

1回戦 龍野 2(21-25、25-18、25-22)1 姫路商・姫路南合同

2回戦 龍野 2(25-20、25-20)0 龍野北

11月24日(日)

準決勝 龍野 1(16-25、27-25、17-25)2 姫路工業

3位決定戦 龍野 2(25-18、21-25、27-25)1 飾磨工業

以上の結果、第3位となり、優秀選手に主将の中嶋航大(2年)が選ばれました。

新チームとなり初めての西播大会となりました。少しずつですが、力がついてきて思うような展開に持ち込める場面も増えてきました。しかし、それ以上に自分たちのミスが多く、自滅する場面が多々あり、もっと練習を頑張っていかなければならないと感じさせられた大会となりました。

次は、12月25日~27日に、県新人戦の予選が開催されます。この1か月で今まで以上に真摯にバレーボールに取り組み、個人・チームがさらに成長し大会を迎えられるよう頑張っていきたいと思います。ご声援、よろしくお願いいたします。

 

女子バスケットボール部 西播大会 Aリーグ昇格!

11月16日~24日に行われた後期西播大会の結果をお知らせします。

無題

リーグ戦では琴丘戦で残念ながら負けてしまいました。

これによりBリーグ2位となり、Aリーグ4位の市立姫路高校と入れ替え戦を行いました。

無題2入れ替え戦ではなかなか得点が入らない時間帯があり、前半では8点差で負けていました。しかしディフェンスを粘り強く我慢して頑張ったおかげで、最後には残り6秒で逆転勝ちをすることができました。これにより悲願のAリーグ昇格を果たし、2月に丹有地区で行われる県の新人戦に出場することが決まりました。優秀選手として本校の二年生が1名選ばれました。

IMG_4833

IMG_4836

劇的な試合展開で無事勝てることができましたが、まだまだ弱い部分も多々あるので、これからもさらなるレベルアップを目指し、練習に取り組んでいきます。保護者の方をはじめ、ご声援ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

文芸部 令和元年度兵庫県総合文化祭 文芸部門発表会

11月9(土)に総合文化祭、文芸部門コンクールが開催されました。

午前中は各学校との交流会・部誌交換などをおこない親交を深めました午後は「高浜虚子の自然観」中岡毅雄氏の講演会がありました。

コンクール結果

部誌部門 文芸部誌「飛龍乗雲」優秀賞

詩部門 三谷友乃 入選

 

飛龍乗雲2

 

県立大理学部「第6回高校生のための科学講座」に参加 【自然科学部 他】

令和元年11月16日(土)に兵庫県立大学理学部で開催された、「第6回高校生のための科学講座」に龍野高校から8名の生徒が参加しました。この科学講座は、実験や研究発表などを通して、高校生に自然科学の研究の面白さや魅力を発見してもらうように、県立大の先生方や学生により開催されています。

はじめに吉久教授による講演、「細胞の中のt‐RNAの様々な変化を調べる」を聴講したのち、4つの研究室で実験を体験させていただきました。

その後、大学生や大学院生のポスター発表をききました。自然科学部の生徒も発表者として、総合文化祭で発表した研究内容を、大学の先生方や学生に説明しました。元県立大副学長の新免輝男先生からもアドバイスをいただきました。

充実した内容で、高校生にとって高校の中では学べないことが多くありました。このような機会を与えてくださったして先生方、学生のみなさんありがとうございました。

ポスター発表 学生に混ざって自然科学部も参加

ポスター発表 学生に混ざって自然科学部も参加

 

「光るゼブラフィッシュをつかって脳のはたらきを調べてみよう」 八田研究室

「光るゼブラフィッシュをつかって脳のはたらきを調べてみよう」 八田研究室

「タンパク質のかたちを見よう」 樋口研究室

「タンパク質のかたちを見よう」 樋口研究室

「光を使って分子の"指紋"を観てみよう」 竹内研究室

「光を使って分子の”指紋”を観てみよう」 竹内研究室

「顕微鏡で磁石の内部を見る」 和達研究室

「顕微鏡で磁石の内部を見る」 和達研究室

 

卓球部女子近畿高等学校新人卓球大会 出場

第61回兵庫県高等学校新人卓球大会
令和元年 11月15日(金)16日(土)グリーンアリーナ神戸
女子学校対抗、女子ダブルス栗山・福田組がベスト8に入賞

12月20日(金)21日(土)グリーンアリーナ神戸で行われる近畿高等学校新人卓球大会への出場が決定しました。

たつの市民祭に出展しました【自然科学部・課題研究ヒシモドキ班】

11月3日(文化の日) たつの市役所周辺で開催されたたつの市民祭りに参加しました。

龍野高校自然科学部は、地域の生物多様性の保全のために、たつの市役所環境課やたつの市内の環境保全や生きものの保全活動を行っている団体と連携しています。今回は「生物多様性龍高プラン」として、自然科学部の活動だけでなく、課題研究でとりくんだ絶滅危惧植物ヒシモドキの研究成果について展示しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

令和元年度 秋季西播高等学校バレーボール優勝大会 男子バレーボール部

11月23日・24日に開催される秋季大会の組み合わせが決定しました。

11月23日(土) 会場:姫路工業高等学校

第1試合 設定時刻 10:00 龍野 対 姫路商・姫路南合同

勝てば、

第3試合 設定時刻 12:00 龍野 対 龍野北・姫路飾西の勝者

との対戦になります。

初日の2試合を勝ち残れば、24日(日)は、姫路工業高校にて準決勝・決勝・3位決定戦が行われます。本校は、第1試合 10:00開始となります。1つでも多く勝てるよう練習に励んでいきたいと思います。ご声援、よろしくお願いいたします。

 

第72回 全日本バレーボール高等学校選手権大会 兵庫県予選大会結果 男子バレーボール部

11月2日(土)

2回戦

龍野 2(25-18、19-25、25-23)1 西宮東

11月3日(日)

3回戦

龍野 2(25-12、18-25、25-18)1 篠山産業

4回戦

龍野 0(12-25、21-25)2 社

以上の結果、ベスト16となりました。

新チームとなり初めての県大会でしたが、練習の成果が出た部分もあったものの、やはりミスがまだまだ多く、自分たちで流れを切ってしまう展開が多かったように思います。今後の大会に向け、多くの課題が見つかった大会となりました。

11月23日・24日には、秋季西播大会が開催されます。1つでも多くの勝利をつかみ取れるよう、部員一丸となってこれからも頑張っていきたいと思います。今後とも、ご声援よろしくお願いいたします。

 

鶏籠山の植生調査 【自然科学部】

龍野高校は、地域の生物多様性の保全活動「生物多様性龍高プラン」を部活動や課題研究で実施しています。

10月27日(日)に、自然科学部は鶏籠山で植生調査を行いました。鶏籠山はコジイ群落など常緑照葉樹林があります。しかし、増え続けるシカの食害により、林床の草本層や低木層の植物が激減してしまいました。

当日は、林野庁により2011年に設置された鹿防獣柵内の植生調査の目的でこられた、人と自然の博物館(兵庫県立大学自然・環境科学研究所)石田研究員と黒田研究員、林野庁職員3名に同行し、自然科学部の生徒も鹿防獣柵の内外の植生のについて調べました。

石田研究員によれば、前回2015年の調査時に比較して、植物の種数は減少しているそうです。この理由は、柵の設置時に間伐をおこなったことで林床の照度が高まり、一時的に陽生植物が増えていました。しかし林床の日当たりが元の状態に戻ることで陽生植物が消えたことが原因だそうです。 しかし、照葉樹林(陰樹)の構成種である、シイ、アラカシ、カゴノキなどの実生(めばえ)の増加を確認すことができました。一方で柵の外ではあまり実生を確認できませんでした。これらの実生が無事に生育し、そして開花・結実するためには長い年月が必要です。

オオカミの絶滅や猟師の減少のために増えたシカですが、一度崩れた生態系を回復するためには多くの時間と労力が必要だということを改めて認識できました。

DSCN5509

柵内の植生調査 シカが増える前は、 ベニシダやジャノヒゲなどの草本で植被されていた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倒木後にできたギャップ 林床の明るさが回復し、実生苗などの生育が促進される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子バスケットボール部 県大会の結果

10月26日(土)に神戸北高校にて行われた2019 WINTERCUP 兵庫県予選
令和元年度全国高等学校バスケットボール選手権大会兵庫県予選の結果を

ご報告いたします。

一回戦 尼崎双星 76(27-20 21-8 13-19 15-18) 65 龍野

試合の滑り出しも良く、モチベーションも高く、とても集中して取り組めました。前半で20点差が開き、半分諦めかけましたが粘り強く挑戦し、最後のクォーターでは6点差まで追いつくことができました。3年生の残る格上の相手に対してよく頑張りました。

今回の大会で収穫できたこと、学ばせてもらったことを大切にしながら、これからの練習に一層意識を高めて取り組んでいきます。次は11月の西播大会でAリーグに昇格できるように頑張ります。保護者の方をはじめ、応援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

第72回 全日本バレーボール高等学校選手権大会 兵庫県予選大会 男子バレーボール部

10月17日(木)に、抽選会があり、会場並びに対戦校が決定しました。

11月2日(土)
会場:姫路市立スポーツ会館
第5試合 設定時間 13:20
龍野 VS 西宮東・尼崎稲園の勝者

勝てば、

11月3日(日)
会場:姫路市立スポーツ会館
第1試合 設定時間 10:00
龍野 VS 篠山産・県立大附の勝者
勝てば、
第3試合 設定時間 11:40
龍野 VS 社

新チームとなって初めての県大会になります。練習の成果を発揮できるように、部員一同全力で頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします。なお、体育館駐車場は限りがありますので、応援に来られる際は、近くの有料駐車場をご利用ください。

サッカー部 兵庫県高校サッカー選手権 決勝ラウンドの結果

令和元年10月19日(土)、兵庫県高校サッカー選手権大会決勝ラウンドが開幕しました。

1回戦  龍野 1(延長)0 東播工  (場所:東播工業高校)
2回戦  龍野 0 - 10 報徳   (場所:神戸弘陵高校

IMG_4710

IMG_4941

遠い所、応援にかけつけてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

水泳部 第3回近畿高等学校新人水泳競技大会結果

10月4日5日に奈良スイムピアで開催された近畿大会の報告をします。

 

男子100m自由形において、2年須藤尚之さんは57秒99。

男子50m平泳ぎにおいて、1年佐々木琉聖さんは31秒96。

健闘しましたが、惜しくも決勝進出となりませんでした。

顧問としては、近畿の壁の高さを痛感した試合でした。

 

二人の選手に競技後の感想を聞くと、そろって「悔しい」との答えが返ってきました。

近畿大会出場を目標とせず、そこで更なる記録の更新を目標にしてきたからこそ「悔しい」いう気持ちが湧いたのだと思います。

彼らは、まだまだ成長の途中です。この悔しさを力に、さらに自己を錬磨し、成長してくれることを願っています。

 

最後に、皆さんのあたたかい応援、ありがとうございました。DSC_0274DSC_0284

女子バレーボール部 西播リーグ戦(2部) 優勝

9月28日(土)西播2部リーグ戦が行われました。1セットも落とすことなく目標にしていた1部昇格を決めました。部員全員が試合に出場し、それぞれが力を発揮しました。これからも限られた時間の中で個人の技能、チーム力の向上に努め、力をつけていきたいと思います。応援、どうもありがとうございました。

龍野(2-0)相生

龍野(2-0)山崎

龍野(2-0)太子

3勝0敗 優勝 1部昇格

 

 

 

 

女子バスケットボール部 秋季西々播大会 優勝!

令和元年10月5、6日に行われた西々播大会の結果をご報告いたします。

一回戦  対 太子    55対33 で勝利。

準決勝  対 県立大附属 83対44 で勝利。

決 勝  対 上郡    71対62 で勝利。

昨年度は二回の大会とも準優勝という形で悔しい思いをしましたが、生徒たちはよく頑張り目標にしていた優勝を勝ち取ることができました。優秀選手として本校の二年生が二名選ばれました。一つの結果を残すことができ、自信につながったと思います。今回得た経験や反省を次のウインターカップの県予選に生かしてくれればと思います。

保護者の方をはじめ、たくさんの方の応援やご支援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

IMG-4736 IMG-4740 IMG-4741

アキアカネの研修会を開催しました【自然科学部・課題研究赤とんぼ班・放送部】

9月21日(土)にNPО法人たつの・赤トンボを増やそう会代表の前田清悟氏を講師に迎え「アキアカネ研修会」を開きました。

参加生徒は、地域の生物多様性の保全にとりくむ自然科学部、課題研究の授業で「休耕田を活用した田園生態系の復元」にとりくむ赤トンボ班のメンバー、そして、赤トンボを増やそう会の取り組みに興味をもった放送部員です。

当日は、台風接近のため降雨が予想されていましたが、さいわい赤トンボを増やそう会の活動場所「トンボ池」での見学も予定通りに行うことができました。現地見学ののち、龍野高校生物実験室で前田さんからこれまでの実験や結果、活動内容などアキアカネの保全に関する講義をしていただきました。

すでに、龍野高校生も「トンボ池」の一部をお借りし、アキアカネが産卵時に好む生態系を探るために、小面積ですがビオトープをつくりました。今後、アキアカネが山から産卵のためにトンボ池にもどってきたら、産卵行動を観察し、どのような環境をつくることがアキアカネの産卵数を増やすことにつながるのか調べる予定です。

2トンボ池上看板前の説明

3ハウス内での説明

 

 

 

水泳部 県ジュニア選手権大会結果

9月7日, 8日に行われた県ジュニア選手権大会に参加し、2年 須藤 尚之が100m自由形、1年 佐々木 琉聖が50m平泳ぎで近畿大会出場権を獲得しました。近畿新人大会への出場には、県大会で上位8位以内に入る または 近畿大会出場制限記録を超える必要があります。

 

須藤さんの100m自由型は層が厚い種目で、決勝に進むことはできませんでしたが、予選57秒22で近畿大会出場制限記録を超え、出場権を獲得しました。佐々木さんは、31秒82で予選3位通過し、決勝では31秒80で県2位の成績で、順位・制限記録の両方で出場権を獲得しました。二人とも、自己ベストで制限記録を突破していたので、ベストを出せれば、近畿大会出場は可能と思っていましたが、緊張する本番でそのパフォーマンスを発揮することは容易ではないことは共感してもらえると思います。

 

伊野さんは、近畿大会への出場は叶いませんでしたが、B決勝3位の成績を収めました。他の選手も夏の練習の成果を発揮し、自己ベストを更新する者も複数いました。夏の取り組みが結果として現れた大会となりました。

 

10月5日,6日の奈良県スイムピアで行われる近畿新人大会に出場する2名は、みなさんの応援によりさらなる力を得て、自己ベストの向こう側に到達してくれると信じています。応援よろしくお願いします。

水泳部

 

サッカー部 兵庫県高校サッカー選手権 決勝ラウンドに進出

令和元年9月21日(土)、28日(土)に兵庫県高校サッカー選手権大会の予選ラウンドが行われました。

2回戦  龍野 3-2 三木東 (場所:吉川高校)
3回戦  龍野 2-1 葺合  (場所:龍野北高校)

2年ぶりに決勝ラウンド進出(10~11月)を決めました。
正月の全国高校サッカー選手権大会に繋がる大会ですが、まずは1勝を目標に頑張ります。

龍野高校