カテゴリー別アーカイブ: 学校から

本校9回生の前田浩先生 ノーベル化学賞受賞祈願

 10月7日(水)に本校9回生で熊本大学名誉教授の前田浩先生のノーベル化学賞受賞を祈願して、同窓会長や8名の同窓生をはじめ同窓会の関係者及び2名の生徒が本校で待機をしました。

 10月5日(月)に引き続いての開催となり、本日は、同窓生の方から前田先生の高校生当時のエピソードを伺いました。ESS部に所属され、努力家で、電気関係にも精通しておられ、優しく紳士的であったなど、多くの思い出話を教えていただきました。 18時45分頃に今年度のノーベル化学賞の受賞者が発表され、誠に残念な結果でしたが、来年度もあきらめずに朗報を願っています。

本校9回生の前田浩先生 ノーベル賞受賞祈願

 10月5日(月)に本校9回生で熊本大学名誉教授の前田浩先生のノーベル賞受賞を祈願して、同窓会長や8名の同窓生をはじめ同窓会の関係者が本校で待機をしました。

 18時30分頃に今年度のノーベル医学・生理学賞の受賞者が発表されると、少しため息が漏れました。次は、10月7日(水)にノーベル化学賞の受賞者が発表されます。関係者一同、あきらめずに朗報を願っています。

本校9回生 熊本大学名誉教授 前田浩先生 母校訪問

 9月4日(金)に本校9回生で熊本大学名誉教授の前田浩先生が、奥様とご一緒に来校されました。前田先生は、副作用のない抗がん剤の研究が認められ、ノーベル化学賞の候補に挙がっており、現在もバイオダイナミックス研究所理事長として活躍されています。

 偶然居合わせた本校のALTと生徒、英語科教諭との話の中で、前田先生とALTがアメリカの同じ大学で学ばれていたことがわかり、話がさらに盛り上がりました。

 前田先生の更なるご活躍を願っています。

職員研修会を実施しました

 8月4日(火)「情報モラルの必要性と指導の要点 ~大人が知っておきたいこと~」と題し、甲南女子大学 非常勤講師、京都府警察ネット安心アドバイザーの冨田 幸子 先生にご来校いただき、職員研修会を実施しました。

 LINEなどのアプリやSNSでのトラブルからケンカやいやがらせ、いじめに発展するケースもあり、昔よりスピードが速く、低年齢化、無自覚化、使用の習慣化していることなど、今のネットの特性と問題を知ることが出来ました。また不適切な投稿、違法性のある投稿、出会い、依存など、ネットで起きている問題を知り、どのように対策すれば良いかを教わることができました。

野球部のキャプテン、校長室へお礼の言葉

 8月3日、昼休みに野球部3年生の中塚主将が校長室を訪れました。「失礼します。野球部のキャプテンの中塚です。大会の応援ありがとうございました。」と元気よく言って入室してきました。(対網干高校戦は、私の出張がなかったので、1回から9回まで応援できました。対姫路工業高校戦は、姫路球場の横の武道館で出張がありましたので、9回だけしか応援できませんでした。)

 緊張した面持ちであったものの、堂々と、しかもはっきりとした口調でとても好印象でした。立派な姿で勇気を出して足を運んでくれたことに対して大いに感心しました。そのうえ、爽やかで、心を込めて話す態度に、私の心は一層嬉しくなりました。ほんの少しの時間でしたが、次の試合も頑張るという気持ちや、希望している進路などを聞きました。ありがとうございました。

 コロナ禍で日々の練習が不十分のなか、与えられた条件、環境のなかで、共に汗を流した選手とマネージャー、陰で支えてくださっている保護者の皆さん、そして顧問の先生方が心ひとつとなって代替大会に臨み、持てる力をすべて発揮する姿には感動します。昔から継承されている文武両道は、コロナ禍でも健在です。

校長 前田 達也

6月15日以降の新型コロナウイルス感染症に関連した欠席の取り扱いについて

保健室より6月15日以降の新型コロナウイルス感染症に関連した欠席の取り扱いについて更新しております。

下記のURLもしくは龍野高校ホームページ上部の各種情報より”保健室から”を選択してご確認ください。

https://www.hyogo-c.ed.jp/~tatsuno-hs/corona/corona18.pdf

令和2年度龍野高校オープンハイスクールについて

本年度のオープンハイスクールは新型コロナウイルス感染症対策のため延期となります。詳細は下記URLよりPDFにてご確認ください。

https://www.hyogo-c.ed.jp/~tatsuno-hs/R2openhighschool.pdf

または、龍野高校ホームページ上部の”中学生の方へ”より、該当のページを選択し、ご確認ください。

令和2年度総合自然科学科体験入学について

本年度の総合自然科学科体験入学は新型コロナウイルス感染症対策のため延期となります。詳細は下記URLよりPDFにてご確認ください。

https://www.hyogo-c.ed.jp/~tatsuno-hs/R2openhighschool.pdf

または、龍野高校ホームページ上部の”中学生の方へ”より、該当のページを選択し、ご確認ください。

スタディサプリの視聴環境アンケートについて

先週末から本校にも「スタディサプリ」が導入されました。

講座の動画は見てみましたか。すでに宿題配信がされている教科もあります。

皆さんの「スタディサプリ」視聴環境についてのアンケートを配信しましたので、もれなく回答願います。

(同じものが二つ配信されていたので、削除しました。申し訳ないですが、すでに回答していた人も、もう一度答えてください。お願いします。

先輩からのエール マスクの寄贈

5月1日(金)、本校48回生の小倉基宏氏からサージカルマスク5,000枚を本校のために寄贈していただきました。

また、同じく本校48回生の山口晋平氏も来校され、「在校生の後輩たちは学校で授業が受けられず、不安な気持ちで家庭学習していると思う。健康に注意し、新型コロナウイルスに負けず、この難局を乗り越えてほしい。多くの龍野高校卒業生が君たちを応援していることを忘れないで」と後輩へエールを送っていただきました。

 感謝の意をこめて校長から小倉氏に感謝状を贈呈させていただきました。

卒業生から在校生へ、マスクを寄贈

【重要】入学予定者の皆さんへ

入学式について、現在のところ予定通り4/8(水)に実施します。

なお、会場は換気をしていますので、防寒対策をお願いします。

緊急の変更が生じた場合は、本校のホームページ上でお知らせしますので、確認してください。

テレビ朝日に、龍野高校卒業の天才が登場!?

2020年2月26日(水)夜7時からテレビ朝日「あいつ今、何している?」に龍野高校の卒業生が登場します。
試験の答案をみた教師陣が「この子は東大に行ける」と思ったそうで、高校時代に受験した東大模試もオールA判定。その先輩の今の活躍が紹介される予定です。
ぜひ、ご覧下さい。

73回生修学旅行4日目

 修学旅行最終日の今日はトマムに別れを告げ、小樽および札幌にて班別の自由行動を行いました。

 小樽ではガラス細工やオルゴールといった伝統的な工芸品を眺め、お土産に思案する姿も見られました。チーズケーキで有名なルタオや、生キャラメルで有名な花畑牧場のショップにも立ち寄り各々楽しみながら回りました。

 札幌に降り立った生徒たちは、定番であるラーメンや、アイスクリームなど、北海道のグルメを満喫しました。タクシーに乗った生徒は、運転手さんの丁寧な応対にも感激していました。

 そして新千歳空港で解団式を行いました。今回の修学旅行で掲げたキーワードは「自律」「協調」「感謝」でした。様々な活動や様々な人との関わりを通じてその資質を養うことができたのではないでしょうか。しかし、まだまだ発展途上。高校生活の大きなイベントである今回の修学旅行での思い出を胸に、今度は進路実現という大きな目標に向かってかけがえのない仲間と共に走り出したいと思います。

73回生修学旅行3日目

 本日のトマムは最高気温1℃、最低気温-15℃、晴れ時々曇り。昨晩からの雪のお陰で絶好のゲレンデコンディションとなりました。朝食後、早速スキーウエアに着替えてスキー実習2日目を開始しました。初日よりも格段に技術を上げ、スキーの面白さを肌で感じる一日となりました。

 また、見学者は別メニューで、ゴンドラ遊覧、キーホルダー作り、雪遊びと、本日はスキー場内でのアクティビティを存分に楽しみました。昨日よりも天気が良かったので、山頂からの眺めは格別でした。

 夕方には閉講式を行い、二日間お世話になったインストラクターの皆さんとの別れを惜しむとともに感謝の気持ちを伝えました。その後、ナイタースキーを実施し、スキー実習班を解体し、宿泊の部屋のメンバーごとの自由滑走を各々楽しみました。

 明日はいよいよ最終日。トマムを後にし班別自由行動で小樽・札幌の街を散策します。

73回生修学旅行2日目②

 スキー実習後は各部屋に戻り入浴、休憩をしてからディナーでした。昨日に引き続いてのミールクーポン利用で、部屋の班ごとで好きなレストランに入って食事をしました。昨日の生徒の口コミによる評判からか、特に「ハラミステーキ300gセット」のお店が大盛況でした。

 夜はトマム・ザ・タワーから歩いて数分の所にある「アイスビレッジ」を見学しました。雪や氷と光、音楽の融合が見事で、雪国トマムならではの氷の世界の出現に生徒たちは興奮冷めやらぬ様子でした。「アナ雪の世界みたい。」「非現実の世界だ。」「氷の神殿で結婚式の前撮りをしていたのが印象に残った。」というような感想も聞こえてきました。

73回生修学旅行2日目①

 本日のトマムは最低気温-15℃、最高気温-1℃、晴れ時々粉雪という最高のゲレンデコンディションの中、クラス別の記念撮影、開講式の後、スキー実習が始まりました。

 スキー上級班は午前中から早速ゴンドラに乗り、雄大な大雪山系の眺望を満喫し、山頂より美しいシュプールを描いて上級コースを颯爽と滑り下りていました。スキー初心者のみんなも最初は悪戦苦闘することもありましたが、各インストラクターの的確なアドバイスの下、着実に技能を上げ、ほとんどの班がリフトにも乗り、緩斜面や急斜面、未圧雪斜面など、技能に応じて楽しく滑走ができるようになりました。

 またスキー実習と並行して、見学者は、ガラス工房見学、チーズ工房でのアイスクリーム作り、富良野マルシェでの買い物・ランチ、富良野ジャム園でのジャムの試食、高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地見学で、有意義な時間を過ごし見分を広げました。

令和元年度兵庫県高校生英文エッセーコンテスト最優秀賞受賞!

11月16日(土)に加古川東高校にて行われた「令和元年度第22回兵庫県高校生英文エッセーコンテスト」において、本校2年生の高見恵理夏さんが高校2・3・4年生の部で最優秀賞を受賞しました。最優秀賞は一人だけしか受賞できないもので、いわゆる第1位です。龍野高校は優秀賞や佳作は過去にも受賞経験はありますが、最優秀賞となるとコンテストが始まって以来初の快挙です。今後の活躍にも期待しています。

中学生対象学校説明会

去る11月16日(土)に、「中学生対象学校説明会」を実施しました。昨年までは、「中学1・2年生対象学校説明会」でしたが、中学3年生からの要望もあり、今年度は全学年を対象にした説明会となりました。若干の欠席者はおられましたが、約110人の中学生とその保護者の方々約90人が参加されました。

体育館で行った全体会では、校長挨拶に続き、教頭より学校説明、生徒からは関東研修報告と課題研究の中間発表を行いました。続いて、中学生を7グループに分けて、授業見学を含めた校内施設案内を40分間行いました。食堂に再集合した後、アンケートを記入してもらい、希望者には部活動見学をしてもらいました。

参加された中学生・保護者の皆様、ありがとうございました。一人でも多くの方々に龍野高校を知ってもらえる良い機会として実施しましたが、いかがだったでしょうか? 以下、アンケートのコメントを紹介します。「学校の中がきれいで教室も広くてよかったです。」「しおりの完成度が高く、見やすかったです。校舎の説明もわかりやすかったです。」「学校がとても大きかった。たくさんの部活動があってびっくりした。部活動で全国や近畿に行っている部があってびっくりした。」

IMG_1790  IMG_1807

卒業生を囲む会を開催しました

令和元年度卒業生を囲む会を11月9日(土)に開催しました。

この行事は、本校の卒業生の方に、高校生の頃の過ごし方、大学の様子や学部学科の紹介および学生生活を聞くことを通して、進学に対する意識を高めることを目的に開催されており、今回で第13回目となります。

今年は東京大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、岡山大学、広島大学、鳴門教育大学、兵庫県立大学、岡山県立大学の9大学から14名の卒業生を招き、73回生第2学年の生徒を対象に開催されました。生徒はそれぞれ興味関心のある学部学科の卒業生のところへ参加し、熱心に話を聞いたり積極的に質問したりするなど、大学への進路意識が高まっている様子がうかがえました。

【重要】消費税率引き上げに伴う口座振替手数料の変更について

今月より、消費税率引き上げに伴い、口座振替手数料が変更されました。

下記、URLアドレスをクリックして詳細をご覧ください。

詳細はこちらをクリック

または、龍野高校ホームページ上部の「各種情報」をクリック

して、「事務室から」を選択してください。