きらめきときめき西高祭-“必笑喜願”点描 part 2

「西高 校長室の窓から №007 (2015.6.25)」

既に沖縄では梅雨明け宣言がなされ、ここゆずり葉の大地でも、梅雨の晴れ間に真夏を思わせるような太陽が自分の出番を今か今かと待っています。先週、西高祭が成功裏に終わり、校内は元の静けさが戻ってきました。それもそのはず・・・期末考査が目前に迫り、西高生の真剣な眼差しがひときわ眩しくなりました。これこそ“メリハリ”をつけられる西高生の良さのひとつです。

各学年通信最新号では「期末考査に全力を傾けよ」と主任や担任の先生方の熱い「檄」が満載されています。1年通信「積水」での「祭りは終わった・・・・さようなら西高祭2015、こんにちは期末考査」ストレートでとてもわかりやすいメッセージです。そんな主任の先生方にお叱りを受けるかもしれませんが、もう少し“必笑喜願”点描におつきあいください。

西高では1年次は展示部門にクラス一丸となって取組みます。ネットで気軽に様々な動画を楽しむことのできる今時の高校生の流行であるDVD作品はなかなか見応えがありました。そして文化祭の定番「ピタゴラスイッチ」成功したときの歓声はクラス一致団結の証でした。また昔からの展示部門の定番、空き缶やペットボトルを使ったアート作品、小さな子どもから大人まで楽しめる工夫もなされたクラスがあり、1年生らしいピュアで爽やかな作品に仕上がっていました。

展示部門で優秀賞を獲得したのが3組の「リアル脱出ゲーム」。タイトルどおり脱出ゲームに加え、様々なミッションが各所で与えられます。制限時間以内にミッションを遂行できなければなかなか脱出できないハラハラドキドキ感が人気でした。残念ながら私はどのミッションも遂行できず、強制退出されました。そして晴れの最優秀賞に輝いたのは担任の先生をモチーフにしたモザイクアートでした。大きな作品に取組んだせいか、完成したのは前日だったそうです。いつの時代も担任の先生は最前線。団結力のある見応えのある作品でした。どのクラスも知恵を出し合って、一生懸命に取組んでいました。こんなにもレベルの高い作品に仕上げてくれた西高生を誇りに思うとともに、それを温かく見守り、ともに完成を喜べる担任の先生方がうらやましく思いました。

IMG_2706 IMG_2708 IMG_2712IMG_2709

真の西高生への登竜門「学習合宿」での取組みを80点と評価した西高39回生の皆さんはその後も着実に加点をし続けています。満点に到達するまで陰ながら全力で応援しています。

 校長 八木 基雄

カテゴリー: 校長室から パーマリンク