西高祭“必笑喜願”点描

「西高 校長室の窓から №006 (2015.6.19)」

6月18日(木)、19日(金)の両日開催された西高祭が成功裏に閉幕しました。心配していた雨にも降られず、蒸し暑い体育館で耐えることもなく、まさしく“必笑喜願”で終えることができたのは、きっと日頃の西高生の行いの良さによるものだと思います。体育館ではステージと一体になった鑑賞態度の良さも相まってとても盛り上がりました。最上・最高の西高祭にしてくれた西高生を誇りに思うとともに、貴重な時間と思い出を共有できたこと、これまでの教師生活で二度も西高生に出会えた巡り合わせに感謝しながら、折に触れ西高祭の点描をしてみたいと思います。

西高祭は3年前まで開催されていた「文化活動発表会」を継承したものです。それだけに文化部の発表は見事でした。両日ともステージは実力派の吹奏楽部の演奏で始まりました。いつも西高の朝は様々な楽器の音色で爽やかに始まります。この時期西高祭や7月のコンクールの練習もあり、クラス発表の練習との両立にはかなり苦労したことと思います。いつも聴衆を魅了する西高サウンドは日々進化しています。このブログを書いている今も、コンクールに向けたハードな練習の様子が伝わってきます。

IMG_2668 IMG_2674

日本文化を研究する「雅」、4月着任したばかりの殺風景な校長室を生け花で華やかにしてくれました。また過日開催されたオープンハイスクールでは心のこもった生け花で中学生や保護者の皆さんの目を楽しませてくれました。この西高祭でも大活躍です。演奏時間に遅れた私のために3人で特別に演奏してくれたお琴の音は私の心を癒やしてくれました。お茶会では私の「常勝・常昇・常笑」という下手な書をテーマにした生け花、紫陽花をモチーフにした和菓子と見事なお点前で温かいおもてなしをしてくれました。西高祭が終わって校長室に戻ると、さりげなく「雅」の生け花が私を迎えてくれました。ありがとうございました。感謝!

(続く)

IMG_2722 IMG_2747 IMG_2757

校長 八木 基雄

カテゴリー: 校長室から パーマリンク