「西高 校長室から」No22(H29.9.1)

長い夏休みも終了し、今日から2学期がスタートしました。日焼けして一段とたくましく成長した生徒たちの顔を見て、ひと安心するとともに、2学期も生徒が充実した学校生活を送れるよう環境を整えて行こうと思いました。

始業式では、私から「心と体のコンデイションを自分自身で整えるようにしてください。」=「物事への準備を自分でしっかりとしてください。」という話をしました。昨日のサッカーワールドカップ最終予選のオーストラリア戦での若手の活躍、8月初旬の世界陸上の400mリレーのメンバー変更等を例に、監督やコーチが言った「状態(コンデイション)の良い選手を起用した。」は、すべての事に通じていると思ったからです。いくら過去の実績があっても、塾や定期考査の成績が良くても、大切な試合や受験時にベストパフォーマンス、実力を100%発揮できなければ結果はついてこない。試合の開始時間は、大学受験の開始時間は何時何分ですか?朝10時だとすれば、その時間に頭と体が力を発揮できる状態になっていますか?何事においても、自分の力を100%発揮できる状態を自分自身でつくれるようになってほしいものです。

話は変りますが、次の写真は校長室南側の窓から見える景色です。

 枯れてしまったように見えます。

数本おきに同じような状態の木があり、心配しています。何とか、秋には緑豊かな元の状態にもどってくれることを祈っています。             校長  廣瀬雅樹

 

 

カテゴリー: 校長室から パーマリンク