インフルエンザに伴う学級閉鎖について

学校生活

「西高 校長室の窓から 号外 (2016.1.19)」

保護者 様

昨日お手元にお届けしました文書でもお知らせしたように、現在インフルエンザが流行期に入っています。本校では7名のインフルエンザ罹患者が確認されたため、学校医および県教育委員会と協議した結果、感染拡大を防ぐため、1年生の1クラスで学級閉鎖(22日まで)の措置を取りました。

幸いにも本日の欠席状況から判断すると、罹患者の拡大は防げており、欠席者数も減少していますのでご安心ください。また、保護者の皆様には、引き続き、お子様の健康管理につきまして、十分にご留意をいただき、適切にご対応くださいますよう、重ねてよろしくお願い申し上げます。

特に大学受験を控えている3年生の保護者の皆様におかれましては、大切な時期でもありますので、健康観察につきまして一層のご配意をお願い申し上げます。

学級閉鎖クラスの西高生へ

本日、国語、数学、英語の各教科から課題が示されています。健康な身体で生活を送っている皆さんには、担任からの指示があったように、不要不急の外出は慎み、部屋の換気や湿度に十分に注意して過ごしてほしいと思います。その他の注意事項をよく守り、風邪やインフルエンザに罹らないよう気をつけてください。来週の月曜日には全員の元気な顔が揃いますように。

校長 八木 基雄

タイトルとURLをコピーしました