「西高 校長室から」No101(H30.12.28)

本日が平成30年の仕事納めになりました。朝から雪が舞っていましたが、夕方になって、青空が見えています。今年最後なので校内を歩いてみました。

    

   

グラウンドは午前の練習後、きれいに整備され、凍結防止剤をまいて新年を迎える準備ができていました。校舎内にはだれもいません。またトイレ工事も今日の作業が終了し、ひっそりと新年をまっているようです。

平成30年、2018年が終わろうとしています。地震、水害、台風被害が印象に残るような1年ではありましたが、来る2019年が生徒や保護者、職員にとって明るい、そして充実した1年になることを祈念して、今年最後のブログを終わります。皆様、良いお年をお迎えください。  校長 廣瀬雅樹

LINEで送る
Pocket

おめでとう!吹奏楽部、快挙を成し遂げる!

昨日(12/27)に、 第46回兵庫県アンサンブルコンテスト 西阪神地区大会が川西市のみつなかホールで開催されました。

23校、42チーム出場の中、宝塚西高校はクラリネット四重奏(曲目は「クラリネット四重奏曲第一番」)で銀賞、サクソフォン三重奏(曲目は「カプリッチョ」)で金賞を獲得しました。始業式の表彰伝達で披露されます。吹奏楽部の栄誉を讃えましょう。

LINEで送る
Pocket

西高のひみつ【卒業記念品編 その8】

生徒の皆さんが、普段は使用しないA棟正面玄関の庇に校章がつけられているのをご存じですか?あのステンレス製の校章も卒業記念品です。32回生の皆さんに寄贈して頂きました。

【校章の由来】本校の北北西方向にあるのが「譲葉山」です。また近くには逆瀬川に架かっているのが「諭鶴羽橋」です。校章はこの「ゆずり葉」をかたどり、高の字を加えたものです。

32回生が卒業した平成23(2011)年は、アップル社創設メンバーの一人であるスティーブ・ジョブズが亡くなった年です。彼がまだ生きていたなら、私たちの生活を変えたスマホがもっと大きく進化していたかもしれませんね。

 

LINEで送る
Pocket

西高のひみつ【卒業記念品編 その7】

今回は、31回生の卒業記念品を紹介します。体育大会やグラウンドで行われる行事で活躍するのが、31回生卒業記念品の朝礼台です。以前は鉄製の重たい朝礼台でした。さび付いた朝礼台を移動させるのは大仕事でした。しかし、この朝礼台はアルミ製ですので、二人いれば校内のどこにでも移動させられます。

31回生が卒業した平成22(2010)年は、バンクーバー冬季オリンピックが開催された年でした。

 

LINEで送る
Pocket

「西高 校長室から」No100(H30.12.25)

2018年もあと残り1週間となりました。2学期の終業式では、「西高の伝統とは?残したい人、受け継いでほしい人=生徒は、真面目で素直、それに加えて”おもしろい人”である。」と言う話をしました。おもしろ=人を笑わせるということではなく、「この人の話を聞いていると、なぜが夢が見れる。引き込まれて、今までできないと思っていたことが、できるのではないか?と思わせてくれる」、創造性豊かで活力のある人のことだと話をしました。私もいろいろな方々の考えや意見に影響されてきましたが、自分の夢や思いを実現しようとする活力の溢れる方は、人を引きつける魅力があります。これまで積み上げられた西高の良き伝統のうえに、そんな創造性豊かで活力溢れるといった新しい魅力をプラスできればと思っています。

さて、この連休中も本校生はいろいろな活動で頑張っていましたので報告します。まずは吹奏楽部と家庭科部ですが、恒例になったエデンの園との交流会(クリスマス会)の様子です。短い練習時間でしたが、楽しんでいただきました。家庭科部の作ったお菓子も好評でした。

 

次に茶道部です。県文化連盟茶道部門リーダー研修会が宝塚市立東公民館ホールで開催され、準備から当日の運営(司会)まで頑張っていました。

講師をお願いした井谷宗巌さんはアメリカ生まれの陶芸家、茶道家で、さまざまな工芸展や陶芸展で入選されており、62歳とは思えない立ち振る舞いに感動しました。また、茶道の奥深さに感銘をうけました。 校長 廣瀬雅樹

LINEで送る
Pocket

平成30年度 二学期 終了いたしました!

12/21(金)、第二学期の終業式が行われました。生徒の皆さん、この一年はどのような一年間だったでしょうか?悔いを残してる人、残していない人いろいろだと思いますが、この一年間を振り返って、来年はますます良い年にいたしましょう。

まず、年末の大掃除からです。きれいになりました。

生徒会執行部の指揮で集合です。 校長先生のお話です。

表彰伝達です。「税に関する作文」「読書感想文」。総合文化祭では放送部と文芸部が表彰されています。運動部は男子ハンドボール部が表彰されました。

最後は、生徒会執行部からのお話でした。

 

LINEで送る
Pocket

図書館が大渋滞!

12/20(木)、二年生の総合的な学習「新書でスピーチ」の学年発表が行われました。各クラス2名ずつ、14名の代表選手が一人3分の持ち時間を使って発表を行いました。どの発表も興味を引くような新書が取り上げられ、学校図書館に借りに行きたくなりました。皆さんも図書館に行ってみましょう。今、西高の図書館は、受験勉強や日々の学習のため、読書のために多くの人が利用しています。大渋滞と言うほどではありませんので、まだまだ利用できますよ。

 

LINEで送る
Pocket

読書を止めるな!

12/19(水)、3時間目と4時間目を使って、一年総合的な学習の発表が行われました。発表の内容は、前にご紹介いたしました「ブックコマーシャル」です。班ごとにテーマを決定し、そのテーマに沿った本を各自で選び、紹介するものです。各クラスから一班ずつが代表として選ばれ、7つの班の発表が体育館でありました。人生を豊かにするため、読書は欠かせません。「ブックコマーシャル」が終わっても、読書を続けていきましょう。

お気に入りの本を熱く語ってくれています。

寒い体育館、超強力ストーブ4台で暖めています。

LINEで送る
Pocket

第二回LAC特別講座

12月17日(月)

「持続可能な開発目標(SDGs)とは(その2)」

第一回(7月実施)に続き、関西学院大学 国際教育・国際協力センターの中村明教授を講師にお招きし、国際教養コース1,2年生対象に「課題研究への取り組み方とより良い発表に向けて」について講義をしていただきました。最初に、2年7組の生徒3名が2学期の「ロジカルスキルアップ」の授業で取り組んだSDGsについてのテーマ研究『飢餓をゼロに』の発表を行い、講評と英語の発表に向けての助言をいただきました。専門的で難しいテーマでしたが、世界と日本の現状について学び、これから自分が取り組みたいテーマについて考えるきっかけになればと思います。

LINEで送る

Pocket


小学校英語出前授業

12月14日(金)国際教養コース1年7組が宝塚第一小学校を訪問し、5年生の皆さんに英語の出前授業を行いました。5班に分かれて教室に入り、自己紹介、クリスマスの絵本の紹介、絵本の単語を使ったゲームを行いました。準備は時間がかかり大変でしたが、本番は、小学生の皆さんの元気で活発な反応のおかげで楽しい交流の機会になりました。

LINEで送る

Pocket