「西高 校長室から」No74(H30.6.29)

6月の授業も今日が最後、いよいよ来週から7月、学期末考査(2日~6日)が始まります。じめじめと梅雨らしい天候で、今学校では雨が非常に強くなってきました。夜も寝苦しくて体調を崩している生徒もいるようです。明日、明後日の土日を有効に活用して準備をしてほしいと思っています。関東は晴天猛暑が続いていて梅雨明け宣言があるような報道もされていますが、また暑い夏がやってくるかと思うと少し憂鬱になります。

 (自宅近くの紫陽花が綺麗です)

しかし、夏と言えば高校野球。先日100回記念大会となる今年の県大会(東兵庫大会)の抽選が行われ、本校の初戦は7月14日(土)14:00神戸総合運動公園野球場で神戸学院大附属と決まりました。勝ち上がると、次戦が18日(水)10:00姫路球場で長田と鳴尾の勝者、その次は22日(日)10:00明石球場でおそらくシード校の市西宮。春の県大会で9回サヨナラ負けを喫した相手へのリベンジを果すとベスト8です。保護者、卒業生の方で時間のある方は是非応援をお願いします。校長 廣瀬雅樹

 

LINEで送る
Pocket

「西高 校長室から」No73(H30.6.26)

大阪北部地震から1週間が経ちました。まだまだ余震が続いていて安心はできませんが、学校は平常授業ができています。梅雨明けしたのかと錯覚するような晴天が続き、今日も30度以上の予報が出るほど暑いですが、来週7月2日(月)~6日(金)が1学期末考査です。サッカーワールドカップも気になるでしょうが、寝不足で体調を崩さないようにして頑張ってほしいと思います。

さて、先日、進路指導部からお知らせしたように「進路のしおり2018」が全生徒に配付されています。

大学入試センター試験のことや推薦・AO入試について、私立大学の入試傾向等、多岐にわたる情報が満載ですし、卒業生の声「合格体験記」には、学校での授業の受け方、苦手教科克服法、役に立った勉強法や参考書、予備校や塾についても細かく書いてくれています。是非、保護者の皆様にも読んでいただきたいと思います。 校長 廣瀬雅樹

LINEで送る
Pocket

「西高 校長室から」No72(H30.6.19)

昨日の朝、大阪府北部を震源とする大きな地震が発生し、大きな被害が出ました。亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、一刻も早い復旧、復興を祈るばかりです。

本校でも大きな揺れを感じ、登校していた生徒は教職員の指示にしたがってグラウンドに避難するとともに、登校していない生徒を含めて安否確認を行いました。その後、揺れがおさまるとともに雨も降ってきましたので、体育館(耐震工事済)に移動し待機をしました。その間に耐震施行業者に来てもらい、校舎の破損状況や今後の対策について協議をした結果、①校舎自体の破損はなく、安全は確保できている。②今後の雨で雨漏りが発生する恐れがあるので、その時は早急に対応することが確認できました。

JR、阪急、阪神がストップしている状況、また下校時のバス混雑を考慮して、午後になってから時差を設けて3年生から下校させることとしましたが、逆瀬川駅までのバスが大渋滞し、逆瀬川から自宅までの交通手段も限られることからご家庭でも心配されたことと思います。東日本大震災のときに帰宅できない状況が発生したのと同じことが現実に起こり、改めて①防災・減災の意識をもつこと②非常時の対応を考え備えておくことの大切さを痛感いたしました。

本日は交通事情による遅刻、欠席はなく平常授業が行われています。今後1週間は同程度の地震に注意が必要との報道もあります。大地震発生を想定しながら、最優先は生徒の安全確保で対応してまいりますので、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 校長 廣瀬雅樹

LINEで送る
Pocket

西高祭~3年生合唱で有終の美

西高祭2日目の最後を飾る3年生の合唱が、

5組「未来予想図Ⅱ」の最優秀賞受賞で幕を閉じました。

学年リハーサルから2日をおいての本番。

リハーサル段階でも、どのクラスも相当

仕上がっていたようですが、他クラスの

歌唱を見て闘争心に火がついたのか、

当日本番直前まで練習していたクラスも

ありました。本番ではどのクラスの歌唱も、

審査員を悩ませるほど、実力の伯仲した見事な

発表でした。また優秀賞は、3組「secret base~

君がくれたもの~」でした。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

西高祭千穐楽写真館 みんな頑張ったぜ!

西高祭が終わりました。結果は合唱:最優秀賞3-5「未来予想図Ⅱ」、優秀賞3-3「シークレットベース」。ステージ:最優秀賞2-7「英語が禁じられた世界」、優秀賞2-4「僕らの未来<アシタ>」。展示:最優秀賞1-1「ラプンツェルカフェ」、優秀賞1-6「脱出ゲーム」 でした。また、部活の発表や委員会などもありました。家庭科部のクッキーも美味しかったですね。そして、西山幼稚園から可愛いお客様も来てくれました。

そして、閉会式後には生徒会執行部の幹事引退の挨拶がありました。執行部幹事の皆さんお疲れ様でした。有難うございました。そして、新幹事の皆さん、いろいろと忙しくなりますが、よろしくお願いいたします。

では、今日一日を写真で振り返りましょう。

 

LINEで送る
Pocket

西高祭初日写真館 その2

西高祭初日が終わりました。校内のあちらこちらから天使の歌声が聞こえています。明日の合唱コンクールにそなえて三年生の各クラスが猛練習中です。明日が楽しみです。

 

 

LINEで送る
Pocket

「西高 校長室から」No71(H30.6.14)西高祭

本年度の西高祭1日目が無事に終了しました。(詳しくは広報担当から報告します)

 今年のテーマ「百花繚乱」

開式行事から始まり、吹奏楽部の演奏、2年生の演劇、そして最後にお琴(日本文化研究部)の演奏がありましたが、どれも素晴らしい内容でした。各クラス、文化部の展示も工夫されていて良かったです。生徒の鑑賞態度も含めて明日も引き続き皆で盛り上げてくれればと思います。ところで昼過ぎにPTAベーカリーを覗いてみたら午前中ですべて完売とのことで閉まっていました。明日は絶対食べたいと思っています。今は3年生が明日の合唱にむけて練習している歌声が校内に響いています。加えて体育館では生徒会が中心になって椅子を並べ直したり、掃除をしてくれていました。

   ご苦労様です。

明日の天気予報が雨ということで大変心配ですが、西山幼稚園の園児の皆さんに来ていただける予定になっています。保護者の皆様にも多数ご来校いただき、生徒たちの頑張りを応援してやっていただければ幸いです。 校長 廣瀬雅樹

LINEで送る
Pocket

活躍する西高卒業生!その1

本校は創立42年、卒業生は約1万2千名です。様々な分野で卒業生が活躍しています。仕事、趣味、ボランティア等々。

今回ご紹介する卒業生は、上のチラシの「花の家なごみ」さんです。彼女は31回生(2010.3卒業)の今井智子さんです。在学中はLACコースに在籍し、部活は吹奏楽部で活動していました。西高卒業後大学へ進学し、落語研究会に入部しました。彼女が入った落研は、桂文枝が創設した伝統のある落研です。そして、全日本学生落語選手権第10回大会で学生落語日本一となりました。女性で学生落語日本一になったのは、今井さんが初めてです。

大学を卒業してからも、彼女は社会人落語家として活躍し、来たる7月14日(土)午後2時から、宝塚南口のサンビオラにある国際文化センター小ホールで、入場無料の落語会を開催します。

なお、一緒に出演される浪漫亭不良雲さんは、お隣の宝塚高校の卒業生で、彼も全日本学生落語選手権第4回大会で日本一になった人です。入場無料ですので、活躍する卒業生を見に行ってください。

 

 

LINEで送る
Pocket

「西高 校長室から」No70(H30.6.11)

台風5号の影響が心配されましたが、ほとんど支障なく今週がスタートしました。先週には昼休みや放課後に3年生の合唱練習の歌声が聞こえるようになるとともに、教室には展示や劇用の大道具(ダンボール)がたくさん置いてあるようになりました。14日、15日の本番に向けて最後の追込みです。皆で西高祭を成功させましょう。

さて、5月の初旬から始まった高校総体も昨日の集中開催日でひと区切りがつきました。立場上いろいろな競技を見てまわりましたが、本校にはない競技は大変興味深く新鮮でした。

 レスリング  空手

応援の仕方も独特な雰囲気があり、試合前の挨拶もその競技ごとの独特の礼儀、慣習があるように思います。その雰囲気がまた競技の特性なのかもしれません。校長 廣瀬雅樹

LINEで送る
Pocket