月別アーカイブ: 2017年6月

「西高 校長室から」No11(H29.6.30)

今日で6月も終わります。早いもので1年の半分が終わることになります。41回生も入学して3ヶ月が経ち、来週からはいよいよ学期末考査が始まります。

 (甲山が見えません)

本日も強い雨が降っていて、阪急バスも遅れ気味になっていました。来週にかけても猛暑と大雨の予報が出ていますので、考査期間に警報がでるかもしれません。警報発令時には、各自で決められた対応が適切にできるようにしてください。

話は変りますが、先日、県高校野球選手権大会の抽選会がありました。本校の初戦は7月13日(木)13:30豊岡こうのとり球場で相手は甲南高校に決まりました。3年生は最後の大会です。悔いのないよう全力を出し切ってほしいものです。

抽選結果が大きく取り上げられた6月28日付けの神戸新聞にこんな記事を見つけました。「育成功労賞 森脇氏 教え子のおかげ」。日本高校野球連盟から指導者としての功績をたたえられ、表彰を受けた森脇氏とは、現在、県立社高等学校の校長先生ですが、私が母校の小野高校で教員をしていた時、同僚として一緒に勤務させていただいた先生です。森脇?野球のことをよく知っている方はピンとくると思いますが、プロ野球のソフトバンク(旧ダイエー)で活躍された前オリックスの森脇監督のお兄さんです。大学時代は関西リーグの首位打者になるなど選手としての才能は突出していたと聴いたことがあります。同じグラウンドで陸上部がセカンドベース付近を走るような環境でしたが、森脇先生のノックだけはピンポイントで、陸上部の部員を安心して走らせていた記憶があります。お酒が一滴も飲めないのに宴席では常に輪の中心で、多くの若い教員が何も言わなくても、その背中を追ってついていくような先生でした。私が目標としていた先生でしたので、大変嬉しくなると同時に私ももっと頑張ろうと思っています。  校長 廣瀬雅樹

 

カテゴリー: 校長室から | 「西高 校長室から」No11(H29.6.30) はコメントを受け付けていません。

「西高 校長室から」No10(H29.6.26)

6月もあと少し、やっと梅雨らしい天気になってきましたが、九州地方では大雨の影響が出てきています。また昨日は長野県でも大きな地震が発生して被害がでています。これ以上被害が大きくならないことを祈りたいと思います。

さて、確実に季節は移り変わっていると同時に、学校生活もその時期に応じて進んでいきます。来週には期末考査が始まりますので、万全の準備をしてください。ところで、 この花の名前は? そう紫陽花(あじさい)です。土壌の性質等によって咲いてから散るまでに色を変えることから「七変化」などという別名があり、代表的な花言葉は「移り気」。以前は浮気をイメージさせることから贈物や結婚式では避けられる花でした。しかし、最近では「家族団らん」とい花言葉も広まり、母の日の贈物や結婚式のブーケにも使われるようになっているようです。生徒には、一つの考え方や以前のイメージだけで物事を判断しないで、広い視野で物事を考えられるようになってほしいものです。

(追伸)昨日まで大阪で行われた日本陸上競技選手権大会(世界陸上選考会)の男子100mを見て、夢の9秒台が近いと感じて興奮しました。      校長  廣瀬 雅樹

カテゴリー: 校長室から | 「西高 校長室から」No10(H29.6.26) はコメントを受け付けていません。

西高祭1日目

6月15日(木)

梅雨とは思えないような、すがすがしい天気の中、

西高祭の初日が無事に終わりました。

2年生のステージでは、初日に7クラス全てが演じました。

その中の上位2クラスが、明日の午前再演します。

再演が決定したクラスは、2年2組と7組です。

2組は9時30分から、7組は9時55分から上演します。

午後からは3年生の合唱もあります。

カテゴリー: 学校生活 | 西高祭1日目 はコメントを受け付けていません。

「西高 校長室から」No9(H29.6.14)

いよいよ西高祭が明日から2日間の日程で始まります。ここ数日は各クラス、各部の準備で大変でしたが、その成果を発表する日がやってきます。楽しみです。

1年生は初めての西高祭ですが、個性あふれる展示をしてくれています。2年生は演劇です。衣装係、照明係などなど各自が与えられた役割を果して、すばらしい演劇になることを期待しています。3年生は最後の西高祭です。放課後や朝に耳にする歌声を聴いていると、クラス皆の心を一つにした合唱で観客を魅了してくれるものと確信しています。また、指導してくださった先生方にも大変お世話になっています。あと2日です。最後までご指導のほど、よろしくお願いします。

さて、校舎まわりの花壇の花が入れ替えられて、きれいな花が咲き誇っています。

PTAの方々が、先日、暑い中入れ替え作業をしてくださっています。本当にありがとうございました。                        校長  廣瀬 雅樹

カテゴリー: 校長室から | 「西高 校長室から」No9(H29.6.14) はコメントを受け付けていません。

「西高 校長室から」No8(H29.6.5)

日中は日差しが厳しく暑いですが、日陰に入ると過ごしやすく、朝夕は涼しくて快適な日が続いているように思います。とはいえ梅雨入り間近で、その対策も考えていく時期になってきました。10日後、西高祭時の気温や湿度対策を今から考えておきたいと思います。

さて、この土曜日は県高校総体の開会式に出席した後、いくつかの競技を見てきました。本校生が出場している時は、できるだけ応援に行っていますが、なかなか試合を見ることができていません。今週末に試合がある部活は最後まで頑張ってください。また、昨日は神戸総合運動公園にテニス(男女個人の決勝)等を視察に行ってきました。

 

男子の決勝戦(写真左)は、全仏オープンの錦織選手とは言いませんが、ハイレベルな試合が行われていて、観衆も息を潜めて観戦していました。また、神戸総合運動公園のサブグラウンドでは県民大会の高校ラグビー準決勝が行われていたので、のぞいて見ましたがレベルが高く、年末の全国高校ラグビーが楽しみになりました。

いくつかの競技を見てまわっていて感じるのは、兵庫県には、すばらしい施設(体育館やグラウンド)がいくつもあり、選手は恵まれている。そのことを選手は「ありがたい」と思っているのだろうか?ということです。全国規模の大会を開催できる体育館が神戸、尼崎、西宮、明石、加古川、高砂、姫路等にいくつもあり、全天候型(オールウエザー)の陸上競技場が県下に7つ(大学以外)ある。空調設備のある公的な体育館が県下で2つしかないとか、全天候型(オールウエザー)の陸上競技場が1つしかないという県もあります。「選手にできるだけ良い環境(条件)で試合をさせてやりたい」と顧問の先生方は朝早くから準備をし大会を運営して、後片付けをして帰られます。選手は一番には全力プレーで支えてくださった保護者や先生、先輩に恩返しすること、そして二番目には良い環境で試合ができることへの感謝の気持ちをもって試合会場を後にしてほしいものです。福岡県にある東福岡高校はサッカー、バレー、ラグビー等が全国優勝するような超強豪校ですが、その東福岡高校の強さの秘密は何か?と福岡県で教員をしている大学時代の友人に聞いたことがあります。答えは「例えばラグビーの試合があったときに、試合会場の準備・片付け(掃除を含む)を全国優勝するチームの部員全員が笑顔でやっている。やらされているんじゃない。それを見たら、勝てないと思った。」でした。部活動で大切なことは、運動技能を磨くだけではなく、心も磨くことだと思います。    校長 廣瀬雅樹

カテゴリー: 校長室から | 「西高 校長室から」No8(H29.6.5) はコメントを受け付けていません。

「西高 校長室から」No7(H29.6.1)

暑い日が続いていますが、生徒は早朝補習に部活動に頑張っています。また、5月27日(土)の午後に、本年度第1回のオープンハイスクールを開催しましたが、多くの中学生、保護者の方々に来校いただき、生徒が中心になって本校の様子や特色をお話するとともに、授業や部活動の見学をしていただきました。第2回は夏休み中の8月1日(火)、最後の第3回は10月28日(土)です。

さて、今日から6月です。今年の夏は猛暑、酷暑になると予想が出ていますが、最近も30度近くになる日があり、6月15日(木)16日(金)の西高祭を心配しています。そんな中、少しでも学校の環境を良くしようと校務員さんが昇降口に泥を落とすマットを敷き詰めたり、中庭の花を入れ替えたりしてくださっています。

 

これからもっと暑くなってきますが、良い環境を守りながら勉強に部活動に、そして西高祭に向けて頑張ってくれることを期待しています。       校長   廣瀬雅樹

 

 

 

カテゴリー: 校長室から | 「西高 校長室から」No7(H29.6.1) はコメントを受け付けていません。