月別アーカイブ: 2016年12月

年の瀬の嬉しいサプライズ!

「西高 校長室の窓から № 048(2016.12.28)」

平成28年(申年)も残り僅かになりました。そういえば、今年は年男でした。この1年、年男として西高にどれだけ貢献できたのか疑問ですが、「チーム西高」として、教職員の皆さんや西高生の皆さんと楽しく充実した1年を過ごすことができました。ありがとうございました。

今日は「仕事納め」の日。校長室で執務していると、3年生の内田 悠登さんが校長室の扉をノックしてくれました。彼は2年程前、第26回伊藤園新俳句大賞で佳作特別賞に輝き、私が作品を読んで表彰伝達をしました。その俳句が掲載されている商品を持ってきてくれたのです。それがこの作品です。

dsc_0402「帰り道 転んだ友に テントウムシ」

暑い夏の日、学校からの帰り道、仲のいい友達と弾む会話、友達の一人がふと何かにつまずき転ぶという日常のありふれた光景に、「テントウムシ」というカワイイ季語が俳句を際立たせています(私の勝手な解釈で申し訳ありません)。受賞から実際に商品化になるのは随分時間がかかるものなのですね。中身のお茶は昼食時にいただき、ボトルは校長室に飾っておくことにします。私にとっては、年の瀬の嬉しいサプライズでした。

自らの将来の夢について、目を輝かせながら話す彼の姿に頼もしさを感じました。「チーム西高38回生」の皆さんも今が正念場です。お正月返上で、あともう少しラストスパートです。

dsc_0396生徒昇降口では、日本文化研究部「雅」の皆さんが迎春の準備を整えてくれていました。先日、昇降口をボランティアで清掃してくれたソフトテニス部の皆さん、両部の皆さんの温かい心遣いに感謝しています。

皆さんにとって、来年も良い年でありますように。

*ホームページでの紹介は本人の承諾を得ています。

校長 八木 基雄

カテゴリー: 校長室から | 年の瀬の嬉しいサプライズ! はコメントを受け付けていません。

ボランティア

12月26日(月)

総務部の先生が、生徒昇降口に置いてる傘立ての清掃と、

持ち主不明の傘の撤去を行いました。

総務部の2名の先生で行っていたのですが、

ソフトテニス部の生徒が手伝ってくれました。

 

寒い中の作業でしたが、

生徒たちはもくもくと作業をしてくれました。

みんな、ご苦労様。

img_6305

img_6306

img_6308

カテゴリー: 学校生活 | ボランティア はコメントを受け付けていません。

2学期終業式

12月22日(木)

2学期終業式が終わりました。

3学年がそろう終業式は、

今日が最後です。

まずは校長先生の講話です。

講話の内容については、

校長室の窓からNo.47をご覧ください。

dsc_4306

校長先生の講話

校長先生の講話の後、校歌斉唱を行い、

そして表彰伝達を行いました。

今回は、読書感想文の入賞した生徒、

放送部、吹奏楽部が表彰されました。

dsc_4314

dsc_4319

そして、オーストラリアのマウントガンビア高校から

留学生がやってきたのでその紹介を行いました。

dsc_4326

留学生の代表者挨拶

dsc_4332

学校で、日本語を勉強している生徒たちで、

代表の生徒が日本語で挨拶をしました。

また、生徒指導部長からは、公共交通機関のマナーについてと、

SNSなどの問題についての話があり、

dsc_4335

生徒指導部長の話

最後に生徒会長が話をしました。

dsc_4337

生徒会長の話

 

 

カテゴリー: 学校生活 | 2学期終業式 はコメントを受け付けていません。

“チーム38回生”-果てなき大空に飛翔する日まで

「西高 校長室の窓から № 047(2016.12.22)」

何かと慌ただしく気忙しい師走。昨夜からの大雨が懸念されましたが、本日厳粛に第2学期終業式が滞りなく行われました。読書感想文コンクール入賞者はじめ吹奏楽部、放送部の皆さんの活躍を讃える表彰状伝達式、南オーストラリアの姉妹校 マウントガンビア高からの短期留学生の歓迎式典等もあり、底冷えのする体育館は西高生たちの活気が漲っていました。私は終業式の式辞で、次のような想いを西高生に伝えました。

【平成28年第2学期終業式 学校長式辞より】

本日、このようにして西高生の皆さんと共に、無事にそして元気に、第2学期終業式を迎えることができるのは、この上ない喜びです。また、過日挙行された本校創立40周年記念式典を、皆さんと共に祝福できた巡り合わせに感謝しています。式典では、司会進行やピアノ伴奏、来賓の案内等、多くの西高生の皆さんが、主体的に動き運営してくれました。県教育次長、宝塚市長始め多くの来賓の皆さんが、西高生のマナーの良さや品位を絶賛してくださいました。本日あらためて、校長として、皆さんに感謝の意を伝えるとともに、そんなに立派に振る舞える西高生を誇りに思います。

さて、皆さんにとっては、この1年は、どのような1年だったでしょうか。

この1年を振り返ってみると、穏やかな年明けだったにもかかわらず、4月には熊本地震が、9月には鳥取地震が発生し、多くの尊い命が奪われたり、多くの人々が避難生活を余儀なくされたりしました。また、年々温暖化する日本、まるで亜熱帯地域のような酷暑に見舞われた今年の夏、熱中症の恐怖が日本全国を襲いました。都市部ではヒートアイランド現象のために異常な程気温が上昇し、地球温暖化とともに深刻な問題となっています。

このように、自然の前では、いかに人間が非力であるかを、あらためて思い知らされた1年だったように思います。

一方、校内に目を向けて見ると、自主自立を重んじる生徒会執行部の皆さんの真摯な努力のおかげで、年々充実していく「西高祭」や西高生が一体となって盛り上げる「体育大会」そして、西高生が楽しい時間と思い出を共有できる「グアム島への修学・研修旅行」を挙げることができます。過日盛大に開催された同窓会総会・祝賀会では、「文化活動発表会」「陸上競技大会」「国内修学旅行」であった頃の多くの卒業生の皆さんが、本校の変貌振りを羨ましく思っておられました。年々変貌し充実していく本校の姿と共に、連綿と続く「西高プライド」や「西高ブランド」は、次代の西高生への襷として、途切らせずに繋いでいかなければなりません。創立40年の良き伝統や西高生が共有する母校愛を、あらためて感じた1年でした。

最後に3年生38回生の皆さん、この冬休みは、進路実現に向けてクリスマスや正月は返上ということになりますね。指定校推薦やAO入試、公募制推薦入試で、既に4月からの新たなステージを手にした皆さんもいますが、3年間を共に過ごした仲間が、自己実現という同じ目的に向かって進んでいるのです。昔から「受験は団体戦」とよく言われます。個人競技と違って、チーム一人一人の思いやミスのないプレイが勝利を導きます。どうか「チーム西高38回生」として、この冬を乗り越えてください。

私の37年間に及ぶ教員人生は、皆さんの晴れの巣立ちを見送ることで終止符が打たれます。果てなき大空に飛翔する皆さんを心待ちにしています。それでは皆さん、よい冬休みを過ごしてください。

校長 八木 基雄

カテゴリー: 学校生活, 校長室から | “チーム38回生”-果てなき大空に飛翔する日まで はコメントを受け付けていません。

まなビバ

12月6日(火)

今日の朝日新聞28面に掲載されている

まなビバに宝塚西高校が掲載されました。

朝日新聞の記者の方が、

11月から取材に来られ、今回の掲載となりました。

 

宝塚西高校生には、

全員に掲載されている新聞を配布しています。

また、ご家庭でご覧ください。

dsc_3060

取材風景

カテゴリー: 学校生活 | まなビバ はコメントを受け付けていません。

今の幸せに気づくことから始まる!-腰塚勇人先生「命の授業」から

「西高 校長室の窓から № 046 (2016.12.2)」

それは衝撃的な出会いでした。平成26年12月6日、明石市民会館で開催された県高等学校PTA連合会研究大会ーPTCA全県研究大会ーでの講演会でのことです。その研究大会には、県立学校の校長はじめPTA会長など1,100名以上が一堂に会していたのですが、その全員から感動の涙を誘ったのが、腰塚勇人先生の「『命の授業』~今の幸せに気づくことから夢は広がる~」でした。

その感動を当時勤務していた県立芦屋高等学校の生徒に伝えたくて、「芦高 校長室の窓から」のブログで次のように書きました。(以下、芦高オフィシャルブログからの転載です。)

腰塚先生は一人一人の生徒を大切にする中学の熱血先生として、また学校運営の要として活躍されていました。そんなある日、スキーでの大事故で首の骨を折り、全身麻痺の身体になりました。入院中、幾度も自分の人生を悲観し、自分自身に襲いかかった不運を嘆いては、涙が止めどなく流れることもあったと話されていました。しかしその後は、また復活して担任をしたい、子どもたちに大きな夢を語りたいという一心で、懸命にリハビリに励まれました。その甲斐あって、奇跡的に社会復帰できるまでに回復し、担任としても完全復活されました。そしてその事故をきっかけに人生も人生観も大きく変化したそうです。この奇跡の完全復活までの感動のドラマが2010年7月、フジテレビ系「奇跡体験アンビリーバボー」で放映されています。

 腰塚氏は2010年3月に教職を辞し、現在に至るまで「命の授業」の講演を通して「命の大切さ」や「命の喜ぶ生き方」を伝えてこられました。私は講演の90分間、感動の涙が止まらなくなり、ぜひこの「命の授業」の一端を芦高生にも伝えたいと思いました。また全校集会等の機会を捉えて私なりに伝えてみようと思います。
このブログで少しだけ紹介しましょう。

 腰塚氏は奇跡の復活を遂げて次の5つの誓いをされました。いずれも心にも響く誓いです。
「口」は、人を励ます言葉や感謝の言葉を使うために使おう。
「耳」は、人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう。
「目」は、人のよいところを見るために使おう。
「手足」は、人を助けるために使おう。
「心」は、人の痛みがわかるために使おう。

芦高に毎日通える、ご飯を食べることができる、思いっきり部活動ができる、仲間と遊べる、本を読める、温かい部屋でぐっすり眠ることができる・・・こんな日常に感謝しつつ、生かされている自分の命に恥じない生き方をしなければならない・・・と自戒しました。 そのような「今の幸せ」に気づくことこそが夢を大きく広げるエネルギーになるのだと思います。

私がこのブログを発信したところ、腰塚勇人先生の講演事務局のご担当者がご覧になり、直接私に電話がありました。残念ながら芦屋高校の生徒には、講演会を開くという夢は叶いませんでしたが、今回ご縁があり、本校の創立40周年記念講演会での講師をお願いしたしだいです。お忙しい中、西高生のために熱い想いを90分語っていただいた腰塚先生に、あらためて感謝を申し上げます。

西高生の皆さんは、腰塚先生の講演をどのように受け止めましたか?一生懸命目を輝かせて真剣に、腰塚先生の話に傾聴する西高生をご覧になって、腰塚先生は「高校生っていいなぁ」と私に話をされました。「まさしく生徒は教師の鏡、それは講演を聴いてくれる先生方の姿からもわかりました」と、オフィシャルブログで腰塚先生から、お褒めのことばをいただいています。

西高生の皆さん、私たちには、本校の重要な節目に巡り逢った喜びを感じると共に、惑わず次の10年への新たな第一歩を踏み出す役割と責任が課せられています。またこの40周年の節目の年に、腰塚先生のお話を聴いて、今後の皆さんの人生の指針や糧になれば、私の想いも叶います。

明日は淡路で、同じ研究大会が開催されます。今年はどんな講演が計画されているのか楽しみです。

校長 八木 基雄

カテゴリー: 学校生活, 校長室から | 今の幸せに気づくことから始まる!-腰塚勇人先生「命の授業」から はコメントを受け付けていません。

ゆずり葉コミュニティのブログに掲載

ゆずり葉コミュニティのブログに

本校40周年記念式典のことが掲載されました。

ありがとうございます。

http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/230

カテゴリー: 学校生活 | ゆずり葉コミュニティのブログに掲載 はコメントを受け付けていません。

西高創立40周年記念式典を挙行しました!

「西高 校長室の窓から № 045 (2016.12.1)」

dsc_0188

昨日(11月30日)、宝塚市長、宝塚市教育長、県教育委員会教育次長並びに歴代の校長先生方、阪神北地区の校長先生方他多数のご来賓をお迎えして、滞りなく西高創立40周年記念式典を終えることができました。私で第13代校長ですが、歴代の8名の校長先生方にもご臨席を賜り、草創期からの様々な西高に対する熱い想いをお聞かせくださいました。私も来年度からは歴代校長のお仲間になります。めでたく創立50周年の式典が挙行される時には、どんな西高に変貌しているのか、そして世の中はどように移り変わっているのかを楽しみにしています。

今回の式典では、放送員会のメンバーが滞ることなく司会進行を行い、主催者側の挨拶では、生徒会長が現役の西高生に課せられた課題や母校に対する熱い想いを延べ、西高生が国歌、校歌の伴奏を見事に奏でてくれました。昨日の式典の主役は西高生です。晴れやかに、本校の重要な節目を飾ることができました。この式典までに、先生方には、かなりの時間と労力をかけていただき、西高生のために晴れの舞台を整えていただきました。ありがとうございました。ステージ上からそんな西高生の姿を見ていて、とても嬉しい気分になりました。この40年間の西高の成長ぶりを、皆さんに誇示できました。

私は式典で次のように式辞を述べました。

兵庫県立宝塚西高等学校創立40周年記念式典式辞

風に騎りゆく白雲が、静かに遊ぶ栯李葉の峰に、万象寂と沈む冬の気配が漂う今日の佳き日、兵庫県立宝塚西高等学校が創立40周年の節目を迎えることができましたのは、ひとえに、兵庫県教育委員会並びに歴代の学校長はじめ同窓会、PTA、学校に関わる全ての皆様のご尽力の賜と、衷心より感謝申し上げます。

本校は昭和52年4月、宝塚市民の熱い想い、そして期待に応えて、市内3番目の県立高等学校として誕生しました。草創期より、県下の国際教育の先導者としての役割を担いつつ、新たな歴史と文化を創造し、伝統を紡ぎながら、40年の歳月を数えました。

幾多の艱難辛苦を乗り越えたこの40年の歳月は、人間に例えると、40歳の壮年期になります。これはかつて孔子が、「人は四十にして惑わず」と説いた不惑の年でもあります。幸運にもこの記念すべき節目に巡り逢い、共に祝福することのできる喜びを感じるとともに、私たちには、歴代の諸先輩方が創り上げた歴史、伝統、校風を次代に繋ぐための大切な第一歩を、惑わず踏み出す役割と責任が課せられています。

本校を巣立った11,000名を超す卒業生は、市内はもとより県下、あるいは日本の国内外で、政治や経済、学問、研究、さらには芸術やスポーツの分野で活躍されています。そして、いつの時代にあっても、社会の発展に貢献されておられますことは、本校の誇りであるとともに、西高生の人生の指針となっていると確信しています。

ご存じのように、宝塚市は阪神間北部に位置し、西は六甲山系、北は長尾山系に囲まれ、中心部を武庫川が流れ、閑静な高級住宅地を有する住宅都市です。また「歌劇の街」として全国的にその名を馳せ、漫画家・手塚治虫氏が青少年期を過ごした街としても知られています。ここ、ゆずり葉の大地に気高く聳える理想の精舎、県立宝塚西高等学校は、晴れの日には遙か遠くの大阪平野が眺望できるというすばらしい環境に恵まれています。

加えて、本校は、すぐれた指導力のある優秀な先生方を擁しています。先生方は専門的な指導のできる、教育のプロとしての力量を備えています。そして、常にアクティブ・ラーニングの視点から不断の授業改善に努め、ていねいで分かりやすく、かつ厳しい授業を行い、西高生の健全な成長と夢の実現に寄り添い、親身にサポートしています。また、西高生は、「文武両道」をスローガンに掲げ、勉強や学校行事、部活動を通じて、お互いに競い合いながら、多彩な個性を発揮し、好ましい影響を与え合う、すばらしい仲間、「チーム西高」として絆を深めています。その中で、一人一人が自己を磨き、志を高くそして強く掲げ、自らの未来を切り開き、自らの夢や志の実現に努力しています。

本校はこの40周年を契機として、西高生にとっては「西高で学んでよかった、西高を卒業できてよかった」、保護者の皆様にとっては「西高に子どもを預けてよかった」、教職員にとっては「西高で勤務できてよかった」と思える学校を、同窓会、PTAの皆様と教職員が一体となり、創造し続けていく決意を新たにしました。ご来賓の皆様には、今後とも、一層のご指導とご鞭撻をお願い申し上げまして、創立40周年記念式典の式辞とします。

寒い体育館で、校務ご多用のなか、ご臨席を賜りましたご来賓各位、PTA、同窓会の皆様、そして講演会までお付き合いをいただいた多くの皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

校長 八木 基雄

カテゴリー: 学校生活, 校長室から | 西高創立40周年記念式典を挙行しました! はコメントを受け付けていません。

創立40周年記念式典

11月30日(水)

今日は宝塚西高等学校創立40周年の記念式典を行いました。

県教育次長、宝塚市長を始め、

多くの来賓の方がお越しくださいました。

また、記念式典の後、

記念講演会で腰塚勇人氏の「命の授業」を行いました。

「命の尊さ」「生きていることの素晴らしさ」

「ドリームメーカーの大切さ」「命の喜ぶ行き方」の話を

生徒たちはみな真剣な表情で聞いていました。

*腰塚氏のFacebookとblogに今回のことが書かれています。

http://ameblo.jp/inochi-jyugyo/

https://www.facebook.com/hayato.koshizuka

腰塚氏のオフィシャルHPはこちらから

http://www.inochi-jyugyo.com/

dsc_3292

校長先生の式辞

dsc_3297

県教育次長の挨拶

dsc_3308

来賓の紹介

dsc_3312

実行委員長の挨拶

dsc_3318

PTA会長の挨拶

dsc_3323

生徒会長の喜びの言葉

dsc_3326

校歌斉唱

dsc_3338

記念講演会

dsc_3348

講演者に生徒から花束の贈呈

 

カテゴリー: 学校生活 | 創立40周年記念式典 はコメントを受け付けていません。