月別アーカイブ: 2016年1月

“西高魂”に魅せられて!-マラソン大会無事終了-

「西高 校長室の窓から № 021 (2016.1.27)」

西高生の日頃の精進の賜なのか、ここ数日厳しかった寒さも緩み、今日は、本当にすばらしいマラソン日和となりました。私は教師になってから36年、数々のマラソン大会を経験していますが、こんなに全てのコンディションが整った日はありませんでした。雪が降ったり、凍結路だったり、小雨だったりしたこともありました。そこで、古くから西高にいる先生に伺うと、西高がマラソン大会を行う日はたいてい今日のような天候だとのこと。きっと西高生の想いが天に通じたのでしょう。

さて、今朝は、早くから西高生が武庫川河川敷に駆けつけ、それぞれにウオーミングアップに余念がありませんでした。体育科の先生方は7時前からコース設定や本部設営などの準備に取りかり、他の先生方も様々な役割を分担し、西高生が安心・安全に走破するのを見守りました。家庭学習に入った3年生の進路決定者の皆さんが、後輩たちの完走を様々な場所で支援しました。すばらしい西高生の見えない伝統のバトンは、このようにして先輩から後輩へと継承されるのです。

開会式では、開式通告、体育委員代表の開会宣言のあと、私は西高生に次のように激励のメッセージを送りました。

人は個性が様々に異なるように、体力も人それぞれに違います。自分の体力にあった方法で走ってください。自分の限界を広げることに挑戦することも大切でしょう。しかし、体調不良でこれ以上は無理だと判断したら、途中でリタイアする勇気も必要でしょう。西高生らしく、さわやかな走りを期待しています。

その後、2年生二人の息の合ったさわやかな選手宣誓のあと、男子は私の号砲一発、一斉にスタートしました。5分遅れで女子が一斉スタートし、冬の武庫川河川敷に飛び交う野鳥とともに西高生が躍動しました。私も間近で西高生のスタートからゴールを見守りました。応援しながら、「ファイト」「がんばれ」と声をかけると、多くの西高生が返事や反応をしてくれました。誰一人として手を抜くことなく走っている姿をみて、いつものように「西高生ここにあり!」と誇らしくなりました。

閉会式では男女上位10名にメダルと賞状を、20位までに賞状を授与しました。マラソンを観戦中、私はふと高校時代のマラソン大会の自分と重ねていました。中学、高校と5年間10㎞を走り、しんどいながらも成就感を味わいました。40年以上も前の話です。

その後の人生でも何度でも苦しいことはありました。しかし、あの時10㎞走れたのだからこれくらいは大丈夫と、どうにか気持ちで切り抜けたこともありました。「なんでマラソンなんかせんとあかんねん、しんどいのに」と思っている西高生がいたら、私のように40年も経てば、きっと今日の私のような感慨に耽る日が来るはずです。

マラソン大会で皆さんが示してくれた「西高魂」を讃えるとともに、キラキラ輝く西高生をあらためて誇りに思った1日でした。応援している私に、河川敷を散歩されていた地域住民の方が声をかけてくださいました。

「西高ですか?」

「はい、ご迷惑をおかけしています。」と私。

「いえいえ、私の娘も西高です。マラソンしんどかったって言ってました。まだ続いているんですね。がんばってください。」

西高生の皆さんは、このように、地域住民の皆さん、同窓生の皆さん、保護者の皆さん、たくさんの人々に支えられています。感謝の気持ちを忘れず、そしてこれからも「西高魂」&「西高 Pride」を忘れずに!

今夜はゆっくり身体を休めて明日に臨んでください。

最後になりましたが、暖かい声援に加えて、スポーツドリンクとチョコレートを西高生にプレゼントしてくださったPTA会員の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。(私の高校時代はM製菓の黄色い箱のキャラメルでした)

校長 八木 基雄

 

カテゴリー: 学校生活, 校長室から | “西高魂”に魅せられて!-マラソン大会無事終了- はコメントを受け付けていません。

平成27年度マラソン大会

1月27日(水)

晴れた武庫川の河川敷で、平成27年度マラソン大会を行いました。

男子は10km。

女子は5kmを走ります。

 

午前10時30分、まずは男子のスタートです。

240人の生徒たちが一斉に走り出しました。

DSC_1997

男子のスタート

男子のスタートした5分後に女子のスタートです。

女子は261人が参加しました。

DSC_2008

女子のスタート

みんな力一杯走っていました。

 

マラソン大会は、男女とも上位20人が表彰されます。

やはり陸上部やテニス部、サッカー部、野球部といった運動部の生徒が強いです。

その運動部の中で今年度の1位は、

男子は野球部2年生。

DSC_2135a

男子のゴール

女子はバスケットボール部の1年生でした。

DSC_2043

女子のゴール

おめでとうございます。

 

上位20人の生徒をはじめ、全ての生徒たちがたちはそれぞれの体力にあわせて

頑張ってゴールしました。

また、上位10人の生徒には、校長先生からメダルの授与がありました。

DSC_2183

上位10人の生徒にはメダルを授与しました。

カテゴリー: 学校生活 | 平成27年度マラソン大会 はコメントを受け付けていません。

西高の全てをお魅せしました!ご来場の皆様に感謝!

「西高 校長室の窓から № 020(2016.1.25)」

23日(土)本年度のインスパイアハイスクール発表会が成功裏に幕を閉じました。心配していた天候にも恵まれ、多数の中学2年生や保護者の皆さん、学校関係者の皆さんにご来場いただきました。中にはアピアへのお買い物ついでに会場を覗いていただいた地域住民の皆さんもいらっしゃいました。皆様のご来場に心から感謝を申し上げます。

私は校長として初めてこの発表会を見ました。手前味噌になりますが、それぞれの発表では、西高生の意識の高さ、プレゼンテーション能力のすばらしさがよく現れていました。また、展示部門では、芸術・文化・ICTの各分野に関して、西高生の熱心で真摯な取組みが見て取れました。半日という短い時間ではありましたが、校長である私も十分に堪能しました。

「全て魅せます!宝塚西」といっても、実際は、この1年近くの教育活動の全てをご紹介できたわけではありません。生徒会活動、国際交流、総合学習、外国語活動のほんの一部にしかすぎません。ご来場いただいた中学生の皆さんが、将来、西高生となり、実際の魅力を、肌で感じていただければ幸いです。

このインスパイアハイスクール発表会は今回で6回目になります。初めて企画した講演会も好評でした、永年、教育行政や県立学校長として兵庫の教育の中枢で、様々な教育改革を推進されてきた神戸親和女子大学 教授 高見 忠之先生にお願いしました。先生のご講演はとてもわかりやすく、私たちに様々な観点から「真のコミュニケーション能力」とは何かを考えるたくさんのヒントをくださいました。

また、ケンタッキー州立大学のコミュニケーション学部の「コミュニケーション能力」の定義、“Affection” “Inclusion”“Control”の3項目を例に挙げられ、中でも特に大切な要素は“Affection”“Inclusion”であり、“Control”というマネジメントだけに傾倒してはならないことを強調されました。

そして、西高生への次のようなメッセージで締めくくられました。示唆に富んだお話をありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

西高の国際教養コースのコミュニケーション能力の学びは、人間性を磨くもの。英語力を身につけるのは、異なる文化で暮らす人たちのロジックを知り、日本という文化で暮らす自分を知らせるため。

将来、外交官や通訳、航空機産業関係、教員、商社など語学を活かす仕事につく人も多いと思う。しかし、くれぐれも忘れないように。コミュニケーション能力を伸ばす目的は様々に生きる他人とのコミュニケーションを強めるためであることを。

本日の演題である「コミュニケーション能力の向上のために、高校時代に是非しておきたいこと、しなければならないこと」の内容が見えてきたのではないですか。

そう、異文化で生きている人たちのロジック、障害のある人たちのロジック、発達障害のある人たちのロジック、いろんなロジックを肌で感じて、そういう人たちに自分からアプローチしていく姿勢を是非学んで欲しいということを結論として申し上げて、講演を締めくくりたいと思います。

「グローバル人材の育成」「コミュニケーション能力の育成」などは、今の教育の世界ではキーワードになっています。私たち西高はそんなキーワードに表面的に踊らされるのではなく、ロジックや本質を確実に踏まえ、県下の国際教育を牽引しながら、西高生の真の意味でのコミュニケーション能力の育成・向上に取組みたいと思います。

今回あらためてこんなすばらしい発表や展示をしてくれた西高生の皆さんを誇りに思うと同時に、今後も“西高 Pride”をもって、多感な高校生活を有意義に過ごしてほしと願っています。最後に、この発表会に携わっていただきました関係者の皆様にも感謝申し上げます。

校長 八木 基雄

 

カテゴリー: 学校生活, 校長室から | 西高の全てをお魅せしました!ご来場の皆様に感謝! はコメントを受け付けていません。

インスパイア・ハイスクール発表会

平成27年度インスパイア・ハイスクール発表会も無事に終了しました。

多くの中学生や保護者の方が来られたことで

生徒たちも喜んでいました。

本当にありがとうございました。

 

 

カテゴリー: 学校生活 | インスパイア・ハイスクール発表会 はコメントを受け付けていません。

インスパイアハイスクール発表会

少し遅れましたが、

講演会が始まりました。

 

カテゴリー: 学校生活 | インスパイアハイスクール発表会 はコメントを受け付けていません。

インスパイアハイスクール発表会

ステージ発表は、二年生の「新書スピーチ」をしています。

予定通り進行しています。

 

途中からでも、入退場は自由ですのでお待ちしています。

カテゴリー: 学校生活 | インスパイアハイスクール発表会 はコメントを受け付けていません。

インスパイアハイスクール発表会

もう少しで始まります。

中学生や保護者の方も会場に、

入場され始めました。

カテゴリー: 学校生活 | インスパイアハイスクール発表会 はコメントを受け付けていません。

平成27年度インスパイア・ハイスクール発表会

1月23日(土)

本日のインスパイア・ハイスクール発表会は、

予定通りアピアホールにて、12時30分より始めます。

お気軽にお越しください。

カテゴリー: 学校生活 | 平成27年度インスパイア・ハイスクール発表会 はコメントを受け付けていません。

1年3組の生徒への連絡

学級閉鎖中の1年3組ですが、クラスの生徒の健康状況が回復傾向にあるため、明日、1月23日より自宅待機を解除いたします。健康な人は部活動やインスパイアハイスクールに参加してもかまいません。ただし、明日以降も、以下のことに注意して行動してください。

・インフルエンザに感染していた人は、医師からの登校許可が出るまで(出席停止解除証明書が出るまで)は、学校の活動に参加したり外出したりしないようにしてください。

・全国的にインフルエンザの流行期であり、本校でも何名かの生徒がインフルエンザに感染しています。引き続き不要不急の外出は控えるようにしてください。

カテゴリー: 連絡 | 1年3組の生徒への連絡 はコメントを受け付けていません。

宝塚西高の魅力・特色 全て魅せます!

「西高 校長室の窓から № 019 (2016.1.21)」

積雪の影響により、日本各地では様々な事故や支障が生じています。雪不足に泣くスキー場には、いつもの賑わいが戻ってきているようで何よりです。高台にある西高では、毎年一度くらいは学校までバスが上れないこともあるそうです。こんな時だからこそ、少し余裕をもって慎重に通学してほしいと思います。

3年生の皆さんは、センター試験が終わり、いよいよ受験も本番となります。西高3年間で培った皆さんの実力が思う存分発揮されますようにお祈りしています。

さて、既にご案内のとおり、本校「インスパイア・ハイスクール発表会」を、来たる23日(土)に開催します。兵庫県下の国際教育を先導し、国際色あふれる本校の魅力を全てお魅(見)せします。平成29年度入試に挑む中学2年生の皆さんと保護者、学校関係者、そしていつもお世話になっている地域住民の皆様に広く公開しますので、気軽にアピアホールまで足をお運びいただければ幸いです。

今回の初企画、第2部 「インスパイア講演会」では、本校生や中学生の皆さんを対象に、神戸親和女子大学 文学部 総合文化学科 教授 高見 忠之先生に「コミュニケーション能力の向上のために、高校時代に是非しておきたいこと」(仮題)というテーマでご講話をいただきます。

高見先生は永きにわたり本県教育行政に携わられ、県立学校長としてインクルーシブ教育をはじめ様々な施策を推進されました。ご退職後は、神戸親和女子大学で英語教育に専心されています。本校や西高生の魅力や特色とともに、コミュニケーション能力の伸長にも大いに役立つと確信しています。ご期待ください。

それでは皆様と会場でお会いできるのを楽しみにしています。

校長 八木 基雄

カテゴリー: 学校生活, 校長室から | 宝塚西高の魅力・特色 全て魅せます! はコメントを受け付けていません。