高校生のためのポスターセッション2017 in 京都大学

3月17日(土)

化学部と物理同好会が、3月17日(土)に行われた『高校生のためのポスターセッション2017 in 京都大学』に参加しました。
これは全国から京都大学が指定あるいは連携している高校の生徒が参加し,日頃の課題探究活動の成果についてポスターを使って発表するものです。京都大学主催のこのような大会はこれまでになく,今年度が初めてとなります。今年度は文理を問わず62件の発表がありました。化学部は「スクロース(ショ糖)を加熱するとなぜ褐色になるのか」,物理同好会は「ぶつかってへんやん!~モンキーハンティング装置の検証~」のテーマで発表しました。1時間を自由に使って,他校の高校生や京都大学の研究者の方々や学生に自分たちの研究について説明することとともに、交流も深めました。
参加した生徒による投票も行われ,化学部の発表が全体の2番に選ばれ,「ポスター優秀賞」を受賞しました。

 
化学部

 
物理同好会