花開く <校長ブログ705号>

2月20日(火)
いよいよ、この瞬間です!
<発表直前!>
すでに<北高ダイアリー>でお伝えしている通り、14時から演劇科とグローバルサイエンス科の合格者の発表を行いました。
天気は朝から快晴。適性検査を受けた119名の中学生たちは、朝からやきもきしていたでしょうね。ここ数日間、よく眠れなかったもしれません。発表ボードに自分の受検番号を見つけて、心のモヤモヤを吹き飛ばしてくれたでしょうか。
演劇科に合格した40名とGS科に合格した40名の皆さんは、これから本校34回生として入学する4月まで、気を抜かず、より良い高校生活がスタートできるように努力してください。
そして、残念ながら今日の発表で悔し涙を流した皆さん、まだまだ3月の学力検査もあります。苦難を乗り越えてこそ、人は大きく立派になれるものです。『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』前向きに一歩でも二歩でもいいから前に進んでください。
 
遅咲きの梅の花も一輪一輪咲き始めました。確実に春に向かっています。
まさに、『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』(服部嵐雪)ですね。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)