研究授業「理数数学Ⅱ」<校長ブログ627号>

11月24日(金)1時間目2年生グローバルサイエンス科の「理数数学Ⅱ」の研究授業を先生方と一緒に見学しました。
テーマは「深く学ぶ」ということで、大学に向けて意識を持って数学に取り組む授業でした。
レオンハルト・オイラー(1707-1783)が解いた「バーゼルの問題」、これを興味深く、順を追ってわかりやすく、日本史も交えて?、そして生徒に常に考えさせながら授業を進められました。見ている私も思わず一緒に考えてみたくなる(無理ですけど(^^;;))授業でした。数学の難問を解く上での発想をいかに展開するか、どうアプローチしていくか、・・・授業中の生徒たちの眼が先生の語りかけるような口調と素早い板書に釘付けになり、頭をしっかりと働かせようと真剣に取り組んでいる様子が伝わってきました。「流石、GS科!」
 
<配布されたプリントはパンチで穴を空けて綴じられていきます>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)