化学部 日本学生科学賞兵庫県コンクール 兵庫県教育長賞受賞

10月22日(日)

第61回日本学生科学賞兵庫県コンクール(主催:兵庫県教育委員会など)の表彰式がバンドー神戸青少年科学館で行われ、化学部が「スクロースのカラメル化とメイラード反応」の研究で兵庫県教育長賞読売新聞社賞を受賞しました。そして、化学部として初めて全国審査会の予備審査へ進出することになりました。

この研究はタイトルは少し堅いのですが、「ホットケーキの色や香りはなぜ生じるのか?」という素朴な疑問から研究が始まっています。全国総合文化祭に行く前に2年生が3年生と議論する過程で気が付いたことに加え、全国総文に同行した1年生が彦根東高校の発表を聞いて疑問に思ったことから研究がスタート。「研究が進まなかったら県総合文化祭は『おいしいホットケーキの作り方』を発表しよう」という冗談話もどんどん膨らんでいき、今回の研究内容となりました。

今回のデータと考察は1,2年生の3名が中心となり進めてきた初めての「自分たちの研究」でした。そのため、この3名はこのような評価をいただけるとは全く思っていなかった中での受賞だったので、賞状が手もとに来るまで実感が持てませんでした。しかし、「身近なことに疑問をもって地道に調べる」という私たちが大切にしているスタイルで評価してもらえたことは大きな自信になりました。

(当日は警報発令のため表彰式には出席できず、後日に化学教室で賞状と盾を持っての記念撮影。)

 

現在は全国審査会に向けての研究レポートとともに、焦点を絞って追試を重ね、3年連続の全国総文や県総合文化祭に向けた発表スライドやポスターを作製しています。

少しでも良い発表ができるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。