吹奏楽部の定期演奏会 <校長ブログ408号>

今日、宝塚ベガ・ホールで吹奏楽部の第22回定期演奏会が開催されました。
部長から「挨拶を」と言われてプログラムの挨拶だけかと思っていたら、ステージでも「挨拶をお願いします」と頼まれて、満員の客席の前で挨拶をしました。
3部構成の演奏会は、どの曲も部員たちの工夫や思いが伝わる温かい演奏でした。指揮の上原先生、植田先生はアクシデントもありながら、さすが立派に指揮をされました。
私は楽器はできないので、演奏できる部員たちを羨ましく思います。そして客席で隣にいた28回生の卒業生たちも吹奏楽部での3年間を振り返って、「とても充実していた」と話していました。嬉しいですね。今年度、創部以来初となる西阪神地区大会での金賞、県大会代表獲得は、これからの吹奏楽部の大きな第一歩です。来年度も活躍を期待しています。
  
<満席のベガ・ホール> <生徒も指揮をしていました> <アンコール曲もノリノリで(^^)>
帰るとき、宝塚駅で卒業した30回生に声かけられました。二人の女生徒は今春から大学生。とっても明るい顔をしていました(^^)宝塚北高での3年間を礎に大学でも努力してください。夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)