次は阪急バスのお迎え?<校長ブログ292号>

12時ごろ、演劇科の生徒たちが正門を降りていった先に、今度は阪急バスが・・・
今日は午後から演劇科の2年生と1年生の数名が宝塚市内の「希望の家」を訪問して、施設の方と一緒にゲームをしながら、本校生オリジナルの劇を上演するという外部公演に出かけることになっています。そのお迎えが路線バスと同じ型の阪急バスだったのです。
演劇科の2年生は夏以降、様々な外部公演に出かけています。地域の方から宝塚北高校演劇科のことをよりよく知っていただくためにも、生徒たちにとっては卒業公演に向けて、舞台・本番での経験を積み重ねる上でも貴重な外部公演です。授業の関係もあって、全ての出演依頼にお応えできていませんが、観客の前で演じられるとても貴重な機会です。これからも一つ一つの機会を大切に頑張ってくれるものと思います。
  
<校長のカメラにすぐに気がついてくれる、いつも明るく楽しい演劇科の生徒たちです(^^)>

<なかなかここまで来てくれる路線バスはないですね(^^;;)>
「校長先生も行かないんですか?」と朝の生徒たちと同じように聞かれてしまいました(^^;;)御免なさい。仕事が溜まっているので・・・夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!北高演劇科の生徒のみなさん!学校からですが応援します!!(校長 平松紳一)