演劇科2年 辻元 新くん、第7回ひのもとなにしてる大賞「優秀賞」受賞報告(^^)<校長ブログ259号>

昼休み、校長室に2年8組担任の中本先生と一緒に辻元 新くんが来てくれました。
辻元くんは今年、姫路日ノ本学園大学で行われた「第7回ひのもとなにしてる大賞」に応募して、応募者数931名の中から高校生の部で見事、優秀賞を受賞しました。辻元くんは、姫路市立灘中学校出身で、中学3年の時に本校演劇科の卒業公演を見て、「ここだ!」と決めて入学して来た生徒です。俳優を目指していましたが、高校1年生の終わりのアポロンシアターでの幼稚園児向けの作品の台本班を担当してから物語を書く楽しさを覚え、詩を書くことにハマっています。いいものを見たり、いいものを食べたりして感銘を受けた時に「書きたい!」と思うそうです。受賞作品も今の気持ちを素直に表現した、とっても素敵な詩です。通学には時間がかかり大変そうですが、「学校は楽しい」「演劇科は楽しい」という辻元くんの笑顔はとっても生き生きとしていて素敵でした(^^)今回の受賞を大きな自信に繋げて、次も新たな目標にチャレンジしてください。
1114%e8%be%bb%e5%85%83%e3%81%8f%e3%82%93<校長室にて>
一昨日の近畿総文開会行事でも演劇科の生徒が活躍していましたが、こうして次々といろいろな場面で宝塚北高校演劇科の生徒が活躍してくれることは、大変嬉しいことです。夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)