化学部が高等学校・中学校化学研究発表会で発表

12月27日

化学部1年生が、大阪大学で行われた
日本化学会近畿支部主催 高等学校・中学校化学研究発表会にて
「BR反応における物質と反応時間の関係」のタイトルで発表し、
奨励賞をいただきました。

本発表会は38回目となる歴史あるもので、
近畿各地の学校が参加しています。
昨年はコロナ禍のため、オンライン開催となりましたが、
今回は会場とオンラインのハイブリット型で実施され
22の研究発表がありました。

1年生にとっては自身の研究を発表するのは初めてにもかかわらず、
多くの聴衆がいる中でも堂々としたプレゼンテーションができました。

丁寧な実験を行っているとのコメントをいただき、
今後につながる経験を得ることができました。