SSH事業 GS科(2年生)課題研究中間報告会

2021年11月16日(火)

GS科2年生の課題研究中間報告会を行いました。参加者は2年生普通科2クラスとGS科1年生さらに本校教員です。課題研究は1学期にリサーチプランを作成し2学期から本格的に始まりました。コロナ禍で放課後も十分に活動できない日々がありましたが、緊急事態宣言も解除され少しずつ平時に近い形で活動を再開しています。
今回は中間報告なので研究班により進み具合にはけっこう差がありますが、研究の動機や意義に重点をおいて発表しました。また、助言者として3名の方々(京都大学名誉教授   馬場正昭先生、兵庫県立大学教授・兵庫県立人と自然の博物館主任研究員 高橋鉄美先生、甲南大学教授 山本常夏先生)に来ていたただきました。
10月下旬からは校外での研究発表会が続いていますが、これから外部発表する班にとっては有用な報告会になったことと思います。今年もあと1カ月ですが頑張って課題研究を深めていきましょう。