新体操部 元五輪代表の中田真美先生による演技指導

8月11日(水),26日(木)
本校新体操部が、シドニー五輪の新体操日本代表で、現在は台湾の新体操部の指導者としてご活躍されている中田真美先生から2回の演技指導を受けました。
中田先生は現在、台湾に在住の為、今回は初のオンラインでの演技指導に挑戦しました。映像を通して、演技の細かいところまで熱心にご指導頂きました。また、中田先生が顧問を務める国立台湾体育運動大学の新体操部の皆さんの演技を見せて頂く機会もあり、大変勉強になりました。
無事に二日間を終えて、コロナ禍でもこうして国際的に繋がることができたことに喜びと希望を感じました。そして、今でも母校を大切に想い、支えて下さる卒業生の皆さまに改めて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうごいました。
この経験を活かして、今後も何事にもあきらめずに挑戦していきたいと思います!

   

中田真美先生は、本校の卒業生(13回生)で、卒業後は東京女子体育大学に進まれ、大学1回生の時にシドニー五輪の新体操日本代表に選ばれ、団体5位入賞を果たされました。引退後は、台湾ナショナルチームのコーチなどを務め、現在は、国立台湾体育運動大学で講師をしながら、大学の新体操部の顧問をされています。