GS科 2年課題研究工芸科学班が和ろうそうく工房を見学

4月2日(金)

新2年生の課題研究には「工芸科学」というチームがあり「和ろうそくの芯切り問題」について研究を行っています。
「和ろうそく」の研究を行うにあたり、まず和ろうそくについてよく知らなければなりませんが、現代社会においては和ろうそくを見かける機会はそう多くはありません。そこで今回は西宮市にある「和ろうそく 松本商店」を訪問し見学や和ろうそくづくりの体験を交えながら解説していただきました。

最後に、取締役室で実際に和ろうそくの燃焼の様子を見ながら、和ろうそくの問題やそれについてどのように解決しながら商品開発を行ってきたかについて解説いただき、今回お願いされた芯切りを見せて頂いきました。

生徒達は実際に見たり体験することで新しい気づきや仮説が浮かんだりしたようです。今後は分けていただいた和ろうそくの材料や絵付け前のサンプル等を使って色々実験をしていく予定です。
年度初めで花祭り前という忙しい時期でしたがご対応いただいた松本商店の皆様ありがとうございました。