演劇科2年 上野ケ原特別支援学校との交流会

11月21日(土)

今年も無事に上野ケ原特別支援学校との交流会が開催されました。
今年は、感染症拡大防止のため、小中学部公演と高等学部公演の2回に分け、
出演生徒も20人程度ずつの2チームに分かれ、公演時間も例年の約半分の25分ずつ。
また、例年は一緒に歌ったりゲームをしたり、お互いの学校の児童生徒が入り交じって、文字通りの「交流」が行われますが、今年はそのような「交流」はできません。
異例づくしの交流会となりましたが、さまざまな工夫と配慮により、今年も素晴らしい一日となりました。

出発前には、全員、手指消毒と検温で最終の体調確認。
発熱が認められれば参加はできません。緊張の時…無事、全員、通過!

会場に着くと、早速準備をして2チームのリハーサル。大忙しです。
1年生も5名が音響係として参加しました。

今回の演目は『カラフルハピフルワンダフル』
第1部は、小中学部のみなさんと。

第2部は、高等部の皆さんと。

同じ演目でも、それぞれの個性で雰囲気も変わり、それぞれに楽しい作品となりました。
来年は、文字通りの「交流」ができることを願っています。