オンライン上での学会発表

9月15日,19日

GS科3年の3つのチームが課題研究オンライン上での学会発表に挑戦しました。

金属のイオン化傾向について研究を行っていたチームは「アルミニウムと亜鉛のイオン化傾向と溶解度の関係」という題で、日本金属学会2020年秋期講演大会(9月15日~18日)に発表しました。初めてのオンライン発表、しかもポスターセッション形式ということでスタート時点からドタバタしてしまいましたが、様々な方々に来ていただき、色々な視点や非常に専門的な観点から助言や指摘を受けました。元々このチームは自分たちの研究について専門家の意見が聞きたいという希望で春期大会に参加予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となっていました。厳しいしい指摘もありましたが、約半年遅れになりましたが要望がかなえられました。また、高校・高専学生ポスター発表の優秀賞を受賞しました。

9月12日に行われた情報処理学会関西支部の支部大会には「遺伝的アルゴリズムから得られた巡回セールスマン問題の解の検討」(最短経路班)と「ナンバープレースの初期状態から難易度を判定できるか」(ナンプレ班)が一般1(アルゴリズム)の分科会で発表しました。こちらは口頭発表形式であったため課題研究発表会のスライドを専門家向けにアレンジして発表しました。どちらも厳しい指摘もありましたが、最後の発表ということで楽しめたようです。また、この両班ともジュニア会員特別賞を受賞しました。
 

夏休みからは本格的な受験モードになっている生徒達ですが、久しぶりの課題研究活動は受験勉強の合間のいい息抜きになったようです。