GS科 課題研究発表会

令和2年7月11日(土)

グローバルサイエンス科の3年生による「課題研究発表会」を、兵庫県立人と自然の博物館・ホロンピアホールにて実施しました。この発表会は、3年7組全員が課題研究を発表する場であり、GS科3年間の集大成となるものです。早朝に大雨警報が発表され、予定を一部変更しましたが、14班に分かれて、日本語によるステージ発表と英語によるポスターセッションを行いました。保護者の皆様や審査委員の先生方には、ご多忙中にもかかわらず多数ご出席いただき、誠にありがとうございました。専門家から一般の方までの幅広いご意見を参考にさせていただき、今後の活動に活かして参ります。

内容

1.開会式

宮垣学校長による挨拶
門井GS科長による挨拶

2.発表要旨

1班 … 地理的要因の分析による竹林の移動の予測
2班 … 四つ葉のクローバーの発生要因解明のためのクローバーのカルス誘導法の開発
3班 … 金属イオンを含む環境でのダンゴムシの行動の変化
4班 … ダンゴムシもグリシンを与えると“眠る”のか~アミノ酸投与時に起こる行動変化の分析~
5班 … AlとZnのイオン化傾向の逆転と溶解度の関係
6班 … ダニエル電池を参考にした微生物燃料電池の分割構造の考察
7班 … コッククロフト-ウォルトン回路を用いた昇圧実験
8班 … ブロッケン現象再現実験の改良
9班 … S字旋回するハンドランチグライダーの試行
10班 … 温泉水で野菜は育てられるか‐有馬温泉のさらなる発展を目指して‐
11班 … 防災意識の向上のための災害体験VRの作成
12班 … 宝塚歌劇場前交差点の渋滞解消策を探る
13班 … 遺伝的アルゴリズムを用いた巡回セールスマン問題の解法の提案
14班 … 初期状態に注目したナンプレの難易度判定

3.閉会式

関西学院大学 北原和明教授によるステージ発表部門の講評
京都大学 馬場正昭名誉教授によるポスターセッション部門の講評