GS科 SSHオープン講座

6月27日(土)

 京都教育大学の村上忠幸教授と学部生・大学院生の方々をお招きし、
GS科1年生と1~3年生の希望者を対象に、
「身近な現象の原因を探る」というテーマで実習を行いました。

 本講座では、問題発見能力や課題発見能力、協働的な学習姿勢の育成を目指して、
マルチプル・インテリジェンスに基づいた班分けを行っています。
今回は、実習を通して問題解決方法を探究し、協働的実習を体験しました。

 今後も様々なSSHオープン講座を予定していますので、
GS科以外の生徒の皆さんも積極的に参加してください。