34回生修学旅行1日目の活動記録

朝早くから伊丹空港に集合し、JALとANAに分かれて新千歳空港に向かいました。2便とも定刻より早く到着し、ゆっくりと新千歳空港で自由行動と昼食を取りました。


午後からは4つのコースに分かれて、体験活動を行いました。気温は低かったですが、天候はとても良く、移動中も北海道の景色を楽しみました。
ワカサギ釣りコースでは、金山湖でワカサギ釣り体験をしました。テントの中に数人ずつが入り、開いている穴に針糸を垂らし、その時を待ちます。1時間30分くらい続けて行い、5〜6匹も釣り上げる生徒もいれば、なかなか釣れない生徒もいました。その後、ワカサギの天ぷらを食べて、夕暮れの景色を眺めました。
 
箱根牧場コースでは、生キャラメル作り体験をしました。牛乳を温めてながらよく混ぜて作りました。その後積雪が少なかったため、バナナボートではなく、雪遊びをして北海道を堪能しました。
カーリングコースでは、どうぎんカーリングスタジアムでカーリング体験をしました。前半組、後半組に分かれてそれぞれ1時間程度カーリングを行いました。最初に氷の上を移動したりストーンを投げる動作などを教えていただきました。思ったより難しく最初はあまりうまくできませんでしたが指導員の方に指導していただき最後には試合ができるようになりました。試合も盛り上がり非常に良い体験となりました。
白い恋人パークコースでは、お菓子作りを行いました。ハート型の白い恋人クッキーにホワイトチョコレートで好きな絵を描きました。その後、工場見学やお土産購入をしました。リニューアルされたエリアもあり、思い思いに記念写真を撮ったり、スイーツを食べたりして楽しみました。
それぞれの体験コース先から富良野へ移動していくと、どんどん雪景色になり、ホテル周辺は白銀世界となっていました。
ホテルベルヒルズ富良野に到着し、荷物の確認をした後、夕食を取りました。
あとはクラスレクのリハーサルをしたり、入浴したり等、ホテルでゆっくりと過ごしました。
今日は朝も早く移動も長かったので、ゆっくり体を休めて、明日のスキー実習に備えたいと思います。