GS科2年 数学・理科甲子園2019で優勝!!

12月21日(土)

快挙!数学・理科甲子園2019で見事、優勝!!
2年連続で「科学の甲子園」へ!!!

12月21日(土)に甲南大学で行われた数学・理科甲子園2019へ
GS科2年生7人からなる「ちいむアゴラ」が出場してきました。

 

まず予選が行われ、全64チームが筆記競技に挑みました。
個人戦3人、団体戦3人の合計点数で競い、本校は2位(96点中64点)という
好成績で予選を通過しました。
予選の様子

午後からは上位16チームによる本選が行われました。
本選は3人1チームで数学チームと理科チームに分かれての実技競技に挑みました。
数学の課題は「ピックの定理を用いて多角形を見つける」、
理科の課題は「与えられたものだけを使って、ビー玉を投射する装置を作成し、
ビー玉の飛んだ距離を競う」でした。

数学チームは役割分担がうまく機能して10個の図形を見つける事ができ、
本人たちも満足していました。
理科チームは課題がなかなか難しく、競技時間が10分延長されるという状況の中、
少し悔いの残る形となったようです。


本選の結果、何とか4位に入ることができ、決勝進出を果たしました。
決勝は本選の上位5チームで行われました。6人1チームで2種類の混合物の割合を調べるという課題に挑みました。その後、各チームがステージで自分たちの行った実験とその結果をプレゼンテーションしました。自分たちの行った実験方法とその方法を行った理由を丁寧に説明し、審査員の方々からの質疑応答にも堂々と的確に説明しました。

そして、いよいよ結果発表…。見事、優勝することができました!!!
普段の生徒たちの課題研究やあらゆる事に対する探究心や協働力の賜物だと感じました。答えのない課題に対して、どう考え、どう知恵を出し合い、どうアプローチしていくのかがいかに大切かを今日再認識しました。
また自分たちのやってきていることに自信が持て、さらに精進してくれると思います。
昨年の先輩たちに続いて、3月に埼玉県で開催される全国大会「第9回科学の甲子園」でも兵庫県の代表として選出されました。さらに堂々とした姿で、科学の問題を楽しんできたいと思います。