第39回近畿高等学校総合文化祭 自然科学部門

11/16,17

化学部は11/16,17に京都工芸繊維大学(京都市)で行われた近畿総文祭自然科学部門に出場しました。

行楽シーズン真っ只中ということで満員電車で初日はポスターセッションのみなので私達は聴衆側でディスカッションに参加しました。その後、巡検研修が行われ、私達はノーベル化学賞を受賞された田中耕一さんで有名な理科機器メーカーである島津製作所の創業記念館での研修を受けました。

 

二日目には口頭発表が行われ私達は化学分野で「ホット―ケーキの色を科学する」というタイトルで発表しました。これは今の3年生が1年生の時にWEBで書かれていることと科学文献との矛盾に疑問を持ったことから始まった研究で、昨年の全国総文優秀賞や8月のSSH生徒研究発表会でJST理事長賞の研究のきっかけとなったものです。去年の県総文の口頭発表での優秀賞により近畿総文への出場権を得ましたが、その研究は継続部分も含めてSSH生徒研究発表会で発表したこと、口頭発表であること、研鑽と交流が一番の目的である大会であることなどを踏まえて、昨年のポスター最優秀賞をいただいた内容をベースに進めた研究を発表することにしました。ホットケーキの色の研究は32,33回生が始めた研究テーマです。そのためおそらく今回が最後の発表なるだろうということで32回生の卒業生も見に来てくれました。


(直前に仮説を裏付けるデータが出たのでそれも加えて発表しました)

発表後の評価シートでは「わかりやすい発表」「目の付け所がすごい」などたくさんほめていただけました。
現在は34回生が中心となって二種類の溶液の混ざり方の研究を進めています。こちらについても引き続き応援よろしくお願いします。