GS科 大阪大学理学部見学

令和元年11月12日(火)

秋晴れの1日、2年7組が、1限目の授業終了後に借上げバスで大阪大学理学部の見学に行きました。大阪大学理学部見学はGS科の行事として毎年続けて行っています。今回はGS科の卒業生で大阪大学に在学している先輩方との交流会を新たに取り入れました。

内容は次の通りです。

1 総合図書館見学
4班に分かれての約30分間のツアーを図書館職員の方々にしていただきました。蔵書の多さや充実した設備にも驚きましたが、熱心に勉強をしている学生さんがたくさんいたり、様々な学習支援のカウンターなどがあり大学の図書館とはどんなものか知ることができました。


図書館前での記念撮影

2 卒業生との交流会
昼食後、卒業生との交流会をもつことができました。3班に分かれての学内の散策と、「いま、GS科の後輩に伝えたいこと」という題目でのお話もしていただきました。GS科ではこのように在校生の先輩後輩の交流だけでなく、卒業生との交流をもつ機会も設けています。


卒業生との対面

3 理学部での模擬授業、研究室見学
理学研究科教授の梶原先生から模擬授業をしていただきました。内容は糖タンパクについての講義です。専門的な内容だけでなく、先生ご自身のキャリアや研究室の学生の活動など幅広い内容であっという間の1時間でした。生徒の質問にもていねいに答えていただきました。また学生実験室での生徒の基礎実験や各研究室での大学院生の研究活動を見ることができました。大学生たちが熱心に活動する様子はとても勉強になりました。

4 総合学術博物館
最後は総合学術博物館の見学です。博物館准教授の豊田先生に1時間、ガイドをしていただきました。長岡半太郎先生の「勿嘗糟粕」の書を見せていただいたり、初期の真空管コンピュータなど貴重な展示物をていねいに説明していただいたりしました。

最後になりましたが、本校GS科の見学に際しまして大阪大学のたくさんの方々にお世話になりました。感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございました。